登り納め 本宮山②

年末に登った本宮山の続きです。
登山口から約1時間半。「ふるさと自然の道」の大きな看板があり、林道からの入り口にもなっています。

10:10
「ふるさと自然の道」の大きな看板から参道に入ると、新42丁目の石塔が建っていました。

新42丁目




立派な手水舎を過ぎて行きます。

手水舎





お清水
凹んだアルミの柄杓は、懐かしさを感じます。

手水舎






神々しい、樹齢100年以上の杉の森を通ります。
この辺りから、「お杉ぶろ」と言われます。
階段が続きますが、杉の巨木の参道で感じる空気は好きです~

杉




杉





下から幾つめの鳥居かな・・・

鳥居





蒼い鳥居の横には、「本宮山 第一神域」と書かれていました。
何度もくぐる鳥居と杉の巨木に、この山の魅力を感じます。

鳥居




天の磐座





神社に続く石段を行きます。

神社へ





石段の脇に、最後となる五十町目がありました。

五十丁目





階段を上がって行くと、杉に守られるように祠が祀られています。

祠





神社に続く階段を上がります。

階段





10:36
砥鹿神社奥宮
新年に向けての準備が進められていました。
すみません、初詣には来られませんの・・・

とがじんじゃ

下の看板のところから、20分くらいで上がって来れます。




暖かい冬ですが、万年日陰にはガチガチの氷が張っていました。

氷




楽しみにしていた、富士山スポット。
富士山遥拝所(ようはいじょ)。
木立の隙間から、遠く富士山を拝みます。
あの杉の、右側だけにある枝の間が富士山スポットです( *´艸`)

富士山スポット



お~~!見える、見える!!
富士山のてっぺんが、雲の上に少し見えました。
右側もすこーし見えます。

この場所で15分間くらい富士山を探していました。
初めて会った数人の人と、「見える?」「どこらへん?」「あ~~!」「えっ?どこどこ」「さっきは見えた!」なんて
お話ししながら探すのも楽しいです( *´艸`)

富士山


この後山頂に行き、また帰りも富士山を探したのですが、偶然にも朝と同じ面々との遭遇でした。
「またお会いしましたねぇ」 「さっきより見える」 「どこどこ、、、あ、見える見える!」( *´艸`)
締めくくり山歩き、富士山が見れて良かったなり。



御神木は樹齢1000年の大杉
樹周 6.5m  樹高 30m

          ご神木





大福釜

大福釜





休憩舎
暖かい日でしたので、休憩舎に寄ることもなくこのまま山頂に。

休憩舎





鳥居をダブルでくぐり、出口です。
登山道を参道として上がってくると、神社まで鳥居を幾つもくぐりますが、自動車でここまで上がるとこの二つだけ?

鳥居in鳥居





車道を少し歩きます。
広い駐車場です。
本宮山登頂は、ここまで車でも上がれます( *´艸`)

道路&駐車場




アンテナがそびえるところが、山頂。

山頂




途中で、
中央アルプスがばっちり見えます。
綺麗だなーーーー

中央アルプス




紅い橋をてくてく渡ります。
橋の下には、新城市の境がありました。

橋を渡る





11:04 本宮山頂上!
標高789m 覚えやすい。

登山口から、約2時間半かかりました。

山頂



本宮山頂




三角点




南側は、海が見えます。
三河湾と、遠くに太平洋が光っていました。
山頂は広い公園のようになっているので、小春日和のひなたぼっこには最適です~(#^^#)

三河湾 太平洋





アンテナの脚の間には、真っ白な御嶽山が。

御嶽山





そして、電線の向うには恵那山が。
海も山も見える山頂です。

恵那山





まるで要塞のようなアンテナ群です。

アンテナ




ここでは、コンビニの軽食にしました。
下山後、豊川稲荷に寄っていなり寿司を食べるからなり~( *´艸`)



帰りには、砥鹿神社のお正月支度は出来上がっていました。

砥鹿神社




そして展望台からの眺めは、朝よりはっきり見えました。
太平洋がキラキラ見えますね☆彡

展望台 昼過ぎ



下山完了 13:16
約4時間40分の行程でした。





そしてお楽しみ、いなり寿司。
五目4つ、わさび3つ。一パック760円くらい。(年を越えてしまったので忘れた)
濃い~味付けが、疲れた身体に美味しかったです。
豊川稲荷の門前に2軒並んでいますが、昨年とは別のお店で買ってみました( *´艸`)

いなり



年末山登りはこれにて終了~ガラガラガラ~~~


スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2015年 登り納めは本宮山


霊峰本宮山(ほんぐうさん)は、愛知県岡崎市、豊川市、新城市にまたがり、豊橋平野の北に位置します。
標高789.2m。
県の自然公園に指定され、山頂付近には砥鹿神社(とがじんじゃ)奥宮があり、信仰の山として親しまれています。
登山口までのアクセスが良く、整備された登山道は安心して登れるので、年末の雑踏から逃げるように年の瀬に出かけました。


本宮山

ウォーキングセンター前から望む本宮山




2015年12月30日(水曜日) (年末休暇初日)

起床は5時。洗濯や家族の朝食の準備をして自宅出発7時。気ぜわしい年末の山登りには最低限の家事は抜かりなく・・・( *´艸`)
東名高速『豊川IC』から、新城方面にR151で「ウォーキングセンター」、「本宮の湯方面」に向かいます。
ウォーキングセンター駐車場到着8:20。
年末とあって、駐車場は半分くらい空いていました。
綺麗な青空!
こんな日に、家で黒豆煮て過ごすのは勿体ないと思ってしまうのであります・・・



ウォーキングセンター
 




ウォーキングセンターの横の道路を山に向かって歩いて行きますと、鳥居がある登山口に着きます。

登山口





本宮山に登るのは3回目ですが、「~丁目」の道しるべの、「一丁目」を見つけることができませんでした。
今回も気が付いたら二丁目だったので、下山後に登山口辺りを探し回ったところ、見つけることが出来ました。
「第一町目」は、鳥居をくぐる手前にありました。
あ~、すっきり☆彡

上の写真にも写っています。
どこかの携帯会社の三太郎CMの一寸法師探しみたいで楽しいね。

第一町目





今日もよろしくお願いいたします。

鳥居





鳥居の下に、「本宮山登山口」の道しるべ。

登山口




鳥居をくぐると間もなく、登山道の脇に「二丁目」の石塔を見つけました。
あれ??一丁目はなかったよ。
って、みんな思うよね( *´艸`)

二丁目





登山道は広く、整備されていますが、大きな石が露出した所も登ります。

DSCF9265.jpg



四丁目



年代の流行りか、石屋さんの好みか、『町』と『丁』の表記がありました。

五町目





鹿跳坂
ゆる~い坂を登ったら、この標識がありました。

鹿跳坂





振り返って見る、鹿跳坂。
ゆるいでしょ(#^^#)

DSCF9269.jpg





鶯峠(うぐいす峠)

鶯峠




鶯峠からは、新たに開通する新東名が見えました。
この日(12/30)は、まだ開通前です。

新東名





小栗鼠坂 (こりす坂)
ちょっとした坂にも名前が付けられ、愛着を感じます。
大切にされている里山という感じが伝わりますね。

小栗鼠坂





二代目、三代目 十八丁目。

十八丁目





その向かいには、初代十八丁目。

初代 十八丁目






登山道一番の急登。
左側には手すりがあり、階段が造られています。

見返り坂





坂を登った所に、ソヨゴの看板と「見返り坂」。

見返り坂





見返ってみると・・・

見返り坂





時間が経っている丸太の中心は、空洞になっていました。
私の胴体並のイモムシの仕業かしらん・・・Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

大きな穴





この岩場には名前がありませんでした。
すんなり登って行けます。

岩場





馬の背岩
二十六丁目から二十七丁目に露出する巨岩。
いわゆる「馬の背」とは違いますね。

馬の背岩





ミルフィーユ状になった岩肌は、大古の歴史を物語っています。
今こうして登っていることなんて、長い歴史の点にも塵にもならないくらいです。

馬の背岩





馬の背岩の上から眺める、南側の風景です~
ぽっかり浮かんだ、連なる雲が可愛いです☆彡
豊川市を見下ろします。

馬の背岩の上から~




梯子岩
梯子みたいな岩ということか、梯子をかけるといい、という岩か。

梯子岩


          梯子岩





梯子岩を登ると、カエルがいました。
蛙岩
ここのカエルはごつごつしています。

カエル岩





9:30 展望台

展望台





展望台からの風景
右の方に三河湾、正面は太平洋が光って見えました。
暖かい年末でしたね~

展望台の風景





弘法大使が書かれたという「月日岩」

月日岩




月 日 の文字に朝日が当たっていました。

月日岩





猪駆坂
名前は厳めしいけど、緩やかな坂です。
鹿、猪、、、、次は蝶かな~?

猪駆坂





この文字は、三十と読むようです。

三十町目




蝶ではなくて、山姥(やまんば)でした。
「山姥坂」

山姥坂




続く石段の先に、鳥居が見えました。

鳥居



鳥居





鳥居の下の、水飲み場。
手とお口を清めて登りましょうか・・・

DSCF9316_20160106223441376.jpg




山姥の足跡(やまんばのあしあと)
別の山で見かけた逸話では、「山姥が本宮山と石巻山にまたいで、○○っこをして豊川ができた」と書かれていました。
山姥と本宮山は縁があるようです。

山姥の足跡



山姥と足跡

山姥の足跡





10:09 ふるさと自然の道
林道に出て杉の山に入ると、山の雰囲気が神々しくなります。

ふるさと自然の道



登山口から約1時間半。
砥鹿神社(とがじんじゃ)奥宮まであと少しですが、後半に続きます。


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

本宮山②

今日も冷たい一日でした。
年末に向けてやることはたくさんあるのですが、何から手を付けたらいいのやら・・・
お庭の掃除は日差しがあった昨日、なんとなく終わらせました。
窓ふきは11月にやったし、換気扇掃除は12月初めにやったのに、もう汚れています・・・
年賀状は投函しましたが、一枚戻ってきました。

12月25日 本宮山の後半です。



11:18
二十八町目 日月岩
大岩に弘法大使が書いたといわれる、「日 月」の文字が刻まれています。
昨日書いたようにくっきりとなぞられていましたー

日月岩


猪駆坂
山の獣の名前がいろいろ出てきて、想像するのも楽しいですね☆彡

猪駆坂


11:32 風越峠
この日は平野部での最高気温7℃という日でしたが、登る間に背中に汗がつたうのがわかりました。
風越峠では木々の間に風が流れ、汗ばんだ体がひんやりしました。

風越峠


時々現れる鳥居に、気が引き締まります~信仰の山。

階段の奥に鳥居


こんなふうに水が飲める場所が2か所ありました。
この先にもう1か所あります~

冷たい水


杉林を抜けると、木の根が露出した広葉常緑時の林
根が描き出す造形を目で追って・・・

根っこの道

大地


ごつごつした石の間をぬって登って行きます~
色々な道があって楽しいね。
展望台のところでも見かけたのですが、冬休みに入った小さな子供さんも何人か元気よく登っていきました。
家族連れ、おじいさんとお孫さん、おばあさんとお孫さん、冬休みの思い出ができたね。

石の間をぬって登る


緑の森


だいぶ高いところまで来たね




11:47 山姥の足跡
太古の昔、三河に住む山姥が、本宮山と石巻山をまたいで・・・豊川ができました。

登るとき、靴の底でこの足跡を擦ると足が軽くなると言われます。
下るときも擦って下山します~

ここだけの話ですが、この私、子供のころ元気がいい男の子たちから、「やまんば」と呼ばれていました。
家が山の中だったからかなーーーー

山姥と足跡



やまんばを過ぎると四十町目、林道を交差して登山道に入ります~
ふるさと自然の道

案内図


このあたりから、お杉ぶろといい、樹齢数100年の美杉林の間をありがたく登っていきます~
ぶろ、とは大きく包み込むように茂った林を称します。ほろ、とも言います。

あと500m

  


  四十二町目 御清水
  地下水を引いた手水舎柄杓がいくつも用意されていました。
  ありがたく、美味しいお水です~




美味しい水














大きな杉!
「大きな樹から気が伝わってくるね!エネルギーを分けてもらおう!」

大きな杉

大きな杉に触れていると、ご老人が下ってみえました。
「・・・これより大きな杉は上にもっと生えとる・・・
大きい樹に触れるとな・・・こう・・・
身体から・・・
気を吸い取られていくような感じがするのう・・・・」

気をいただく者。吸い取られる者。






12:17 これより霊峰本宮山 砥鹿神社第一神域

これより神域


神域に入ると、数か所に祠や石が祭られていました。
神社














神社















12:24 この上に本殿

この上が神社


12:25 砥鹿神社本宮

とがじんじゃほんぐう



御神木は樹齢1000年の大杉
樹周 6.5m  樹高 30m
車両祓場所・・・ここまで林道と交差しながら登ってきましたが、はい。
車のお祓いをされる方はここに駐車してください・・・
神社休憩所を過ぎると、広い駐車場もあります~

御神木


富士山遥拝所
杉の間から、富士山が見えるスポットがあります。
遠くに真っ白な台形が見えました!
ん~~~富士山かな!?

富士山・・・


風が吹いて冷たい日でしたので、ここをゴールとされる方も多くみえました。
休憩所にはストーブもあって、皆さんで暖を取りながらお弁当タイム。
私たちはもう少し先まで頑張りま~す!

北側の大きな鳥居をくぐり、広い駐車場を抜け、大きなアンテナを目指してもう一頑張り!




赤い橋からは、「新城市」の看板が見えました。
道路わきに少しの残雪。

赤い橋



12:44 本宮山頂上 標高789m

山頂にはアンテナ


巨大なアンテナの足元に可愛く見える二等三角点

三角点


山頂からは、蒲郡市、三河湾が綺麗に見えます~
海って遠くから見ても本当に綺麗ですね☆彡
いいお天気でよかった。

山頂からの眺め


眩しい!


山頂で三河湾を眺めながらのランチタイム(#^^#)
風で飛ばされそうになったけど、充実したひとときでした。



本宮山地図





活動時間 4時間55分 (登り 約2時間45分  下り 約1時間15分)
活動距離 8.714m
高低差 715m


下山後は、いつもの日帰り温泉ではなく、上から見えていた豊川稲荷を参拝しました。
その後、東名高速で帰ったのですが、いつでも混んでいる蒲郡付近の自然渋滞、平日の帰宅ラッシュと重なり大変な帰路となりました。
hiroちゃん、お疲れ様でした。




本宮山

本宮山(ほんぐうさん)は、愛知県岡崎市、豊川市、新城市にまたがり、豊橋平野の北に位置します。
標高789.2m。
その端正な姿に三河富士の異名を持ち、東名高速や平野部からは一段と目立っています。
県の自然公園に指定され、山頂付近には砥鹿神社(とがじんじゃ)奥宮があり、信仰の山として親しまれています。

本宮山

ウォーキングセンター前から望む本宮山


2014年12月25日(木曜日) 

豊田市方面は通勤ラッシュの時間帯と重なり、渋滞に巻き込まれながら東名高速豊川ICからR151を北上し「ウォーキングセンター」を目指し、約15分。
 「ウォーキングセンター」駐車場到着9:30分。
平日にも関わらず、駐車場は満車となりました。
順延してきたhiroちゃんとの平日登山は久しぶり。hiroちゃん、運転ありがとう~
ウォーキングセンター内には、簡易地図、トイレ、ジュースの自販機、休憩コーナー、イノシシやシカ、ニホンザル、、、などのはく製が展示されています。

ウォーキングセンター  



駐車場から登山口までは、山に向かって車道を少し歩きます。
登山口には砥鹿神社の大きな鳥居があるので、すぐわかります~
「本宮山樹木マップ」登頂するまでにいくつ覚えられるかな・・・

本宮山で見られる樹木


10時 鳥居をくぐって山に入ります。
私の前ブログの第一号も、この本宮山でした。
偶然ですが、続編も山行き第一号は本宮山となりました・・・
よろしくお願いいたします~

一礼して・・・お邪魔いたします


登山道は幅が広く手入れがされていて、標識も明瞭です。
小さなお子ちゃまや、軽装ハイキングの方もみえました。
冬は殺風景な山の中、シダや笹の緑、常緑樹の緑、目に優しく感じます~

登山道


4丁目
三丁目から気が付きましたが、砥鹿神社奥宮に向かって五十丁目まで石の道標が建てられています。
目で確認しながら登っていくのが楽しいですね☆彡








見上げると大きな樹
自由な感じがいいです~
大きな樹



この先、展望台まで更新したのに、うまく保存できていなくて消えていました、、、(T T)
やり直し、、、泣けてきますーーー



明るく広い登山道を、「安心」とともに登って行きます。

階段に整備されたところも・・・



様々な野鳥のさえずりが賑やかでした。
聞き耳頭巾でもないと、誰がなんて言っているのやら・・・
鳴き声だけでは種類がわかりませんでした。
この大きな樹には30羽以上はいましたよ。

野鳥マンション




小栗鼠坂
坂や、大きな岩には山の動物にちなんだ名前が付けられていました。
ここは、鼠が栗を運んでいたのかな・・・

ねずみの坂





木漏れ日のヒノキ林になりました。

檜林16丁目

森林浴


十八町目 寄り添って・・・
旧と新


小さな赤い実
見上げると、高いところに赤い小さな実











樹の名前
                                                    






 小豆梨(あずきなし)
 小豆サイズの梨?!






目の前に急登
ゆっくりと登れば大丈夫~
岩場の急登


この坂の名は・・・ 
登りきると、坂の名前が出てきます~


転倒注意

見返り坂を振り返って!













足元に伸びる影
私の影じゃないですよ~
黙々と登れば山頂まで2時間足らずの登山道ですが、相変わらずのペースで御無礼いたします・・・

影の芸術



おなじみヒノキ
大きいーー!
ハグ!



この樹は、鼠餅(ネズミモチ)
常緑小高木
春には白く小さな花が咲きます。
秋に実る紫黒色の実が、ネズミの糞に似ているから命名されました・・・
生け花では活躍するようですよ。

ネズミモチ




馬背岩(うませいわ)
二十六から二十七町目に露出する大岩
難なく超えて行けます~

馬背岩




古代からの浪漫を感じるような岩の層が語りかけてきそうですが・・・
詳しいことはわかりません。ごめんあそばせ。

26丁目





梯子岩(はしごいわ)
梯子みたいにガタガタってことかな・・・
梯子岩






色々なところで命名される、蛙岩(かえるいわ)
こちらのカエルちゃんは角張っているけど丸い~

蛙岩




11:15
二十八町目は展望台!!
小学低学年、幼稚園生のお客さまが休憩中~

展望台

そういえば、ここは前に登った時、オジサマからナッツをいただいた場所です。
今日はザックにおにぎり2つ、パン1つ。
ミックスナッツにぬれおかき、その他行動食のあれこれ・・・




展望台からの景色です~
豊川市の街並みと右のほうに三河湾が見えました。
そうだ!
下山後は、豊川稲荷を参拝しようね。
来週には初詣だけどね・・・(^_-)-☆

展望台からの眺め


ここまで、登山口から1時間15分かかりました。
この先、砥鹿神社(とがじんじゃ)奥宮、山頂三角点に向かいます。

ブログ引っ越しして、まだ慣れない編集、写真のアップロードに手間取っています・・・
今年中には完結させなきゃ・・・

本日26日金曜日は、仕事納めの方もいらっしゃるのでしょうね。
一年間お疲れ様でした~
私は29日月曜日が仕事納めです。
今年もあとわずかとなりました・・・。














プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ