猿投山でカモシカに出会った

ジガバチソウを見つけた日、カモシカにも出会いました。
登山道にスーっと立って、目が合いました。
猿投山に熊はいないそうですが、私はいつも熊鈴をチリンチリン盛大に鳴らして歩いています。
この時も鳴っていたのですが、臆病なはずのカモシカも熊鈴の音なんてへっちゃらなのですね。(やはり熊にも効果はないですよねぇ・・・)
そして登山道でばったり出会っても怖がることもなく、そのままのそのそ歩いて茂みに入って行きました。
山の妖精か天女に会ったとでも思ったのでしょうか・・・

しばらく見ていると、樹の葉を食べ始めました。
樹の葉は自分の背丈より高いところに付いているので、細い樹の幹を器用に首で手繰り寄せて倒すと、前脚で押さえつけてムシャムシャ食べ始めました。
でも思ったより美味しくなかったようで、すぐに歩いて行ってしまいました。

DSCF1781.jpg






ニホンカモシカ

偶蹄目 ウシ科
国内に分布している野生のウシ科の中では唯一の動物で、日本の固有種とされ国の特別天然記念物に指定されています。
狩猟などは禁止されています。

DSCF1783_201706191631252f5.jpg







前脚で樹の幹を押さえつけて葉を食べています。

DSCF1785_20170619163126581.jpg








DSCF1786_201706192009400f5.jpg







身体はぼってりして、後ろ足は太くたくましく見えました。






スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

猿投山の花  ~超小さな蘭、ジガバチソウを探して~

6月15日、猿投山の雲興寺ルート(瀬戸側)で出会ったお花です。




ヒメフウロ ?

DSCF0909_201706181640474b6.jpg





ユキノシタ

DSCF0910_20170618164049be4.jpg



DSCF1738_201706191626056f3.jpg







トラノオ
咲き始め

DSCF1737_2017061916260438c.jpg







ササユリ

DSCF0911_201706181640509bb.jpg







ササユリ

DSCF0917_20170618164051ad9.jpg







ササユリ

DSCF0918_20170618164052377.jpg







DSCF1765.jpg







タツナミソウ

DSCF0925.jpg







野イチゴ

DSCF0943.jpg







コアジサイ

DSCF0949_20170618164058415.jpg







ツルアリドオシ(蔓蟻通し)
お初です。
内面に白毛が生えています。

ツルアリドオシ






ちっちゃいお花です。

DSCF1010_20170618172006f59.jpg







ツルアリドオシ。
少しピンクがかった花もあります。

DSCF1795_201706191632017e8.jpg






DSCF1796_20170619163202a59.jpg






ショウジョウバカマの種

DSCF1007_201706181641031dd.jpg







ツクバネ
まだ若い。秋になると本物のツクバネみたいになります。

DSCF1787_20170619163129c4a.jpg








ハクウンボク(白雲木)の実が落ちていました。

DSCF1770_20170619162918474.jpg








あ!あんなところに見~つけた!

DSCF1774.jpg







ギンリョウソウ

DSCF1773_20170619162921d63.jpg







本当はお目当てのお花があったのですが、この日は見つけられませんでした。
後日また同じルートで登り、ジガバチソウを探しました。
ジガバチソウの近くにはギンランも一輪ありましたが、小さな蕾でピンボケでした、、、(T T)

ジガバチソウはとても小さな花で、地味ですがランの仲間です。

ジガバチソウ(似我蜂草)
ラン科クモキリソウ属

DSCF1755_20170619162903d6a.jpg






DSCF1794.jpg







何度も往復してせっかく見つけたのに、枯れ始めているものが多くて残念でした。
でも、まだ咲いているものと蕾もありました!

DSCF1792_20170619163156ab7.jpg







花の大きさは2mmくらいで、本当に小さな花でした。
見やすいように白い紙を置きました。

DSCF1751_20170619162901c23.jpg







超ちっちゃな花に、見えないくらいの筋の模様がありました。
なんとも健気で愛しい蘭ですね!!

DSCF1753_2017061916290220d.jpg







DSCF1758_2017061916290532b.jpg






DSCF1760.jpg





登山道の途中でしゃがみこんで小さな花を探していると、不思議そうに「何を探してるの?」と何人かに声を掛けられました。
追い越して行ったひと達に山頂で出会うと、「探していた花はあったの?」と聞かれ「あった!ありました!!」
でも写真のジガバチソウを見ても地味でぱっとしないので、「ほ~~、ふ~~~ん、、、ギンランとは違うなぁ、、、」

地味で小さくてぱっとしなくても、話に聞いた小さな蘭に出会えてうれしかったです。




テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

 雲興寺から登る猿投山 【瀬戸市側】

木曜日。
急にお休みになったので、遅めのスタートで猿投山に登ることにしました。
猿投山には猿投神社のある豊田市側から登ることが多いのですが、久しぶりに瀬戸の雲興寺から登りました。
瀬戸側の登山道ではササユリも見られます。豊田側では見られないお花にも出会えるかも。



2017年6月15日(木曜日) 晴れ
自宅から瀬戸までは1時間かかりませんが、朝は混んでいたので雲興寺に到着したのは10時前でした。
雲興寺の駐車場に車を停めて、静かな時間にお参りしました。
山門から本堂まで続く楓がトンネルみたいで、青々と涼し気で綺麗でした。
お寺を一回りしてから支度をして、道路をわたり登山口へ。







大龍山雲興寺

DSCF0878.jpg






お寺のトイレをお借りできます。
飲み物の自販機もあります。感謝感謝。
今日は暑くなりそうなので、熱中症対策でお茶やらスポーツドリンクやら1,5L用意して、おにぎりには梅を入れてきました。

DSCF0905.jpg






雲興寺前の県道33号を横断し、白い橋を渡ると左手に登山口があります。

DSCF0906.jpg







10:20 登山口
少しの間川沿いに明るい道を歩きます。

DSCF0907.jpg







ササユリ

DSCF0911.jpg







今の季節、あちこちで人気者のササユリです。
故郷のササユリは、イノシシが掘り起こしてしまいましたが。

DSCF0913.jpg







ここから入山します。

DSCF1739_2017061916260660d.jpg







DSCF1740_201706191626075ad.jpg







しばらく樹林帯が続きます。
野鳥の声が響いていました。
癒されるわ~

DSCF0915.jpg







誰かがかじったのか、削ったのか、細くなっていましたが、どういう現象かよくわかりません、、、

DSCF0927.jpg







木の階段を昇って行きます。
すぐ横に小さな流れがあって少しひんやりとして、とても気持ちのいい空間でした。
お花が咲いていそうと思い、流れの傍をよ~く見ると、ショウジョウバカマの実と白くて小さなお花のツルアリドオシがたくさん咲いていました。

DSCF1741_20170619162609815.jpg







幾何学的模様のような葉脈が気持ちがいいですね。

DSCF0934.jpg







10:46 白山ビューポイント

DSCF0936.jpg






う~~~ん、、、残念。

DSCF0937_20170616112830942.jpg






鉄塔の近くには休憩所があり、行きは煙草休憩のひと、帰りは軽食休憩のグループがいました。
鉄塔の下からは、名古屋摩天楼が見えました。

DSCF1761.jpg







DSCF0939.jpg







DSCF0940.jpg







11:05 最初の分岐点。

DSCF0945.jpg







DSCF0944.jpg







東海自然歩道のトイレが新しくなっていました。

DSCF0947.jpg






ここから山頂までは3ルートに分かれます。
行きは左側のルート(猿投山近道・三叉広場)、帰りは右側からのルートでここに戻ることにしました。

DSCF0948.jpg







林道を少し歩きます。
野鳥がにぎやかにさえずっていました。

DSCF0950.jpg







猿投山を環境林にしよう
かつて瀬戸の窯業を支える薪炭林として略奪的な伐採を受け、江戸時代末期には丸禿の山となり土石流の災害が度々起こりました。
その後人々の努力により山が再生されてきましたが、産業の熱源が化石燃料に代わると木が必要なくなり、森は放置され半自然の二次林として40年遷移しました。山の約8割が広葉樹の天然性二次林、2割が杉やヒノキの人工林です。
このまま放置しては荒廃していくばかりなので、健全な環境林にする取り組みがなされています。

そう看板に書いてあります。

DSCF0951.jpg







可哀想な、かわいい手のヒミズ。
カラダはまだ何にも食べられず、綺麗でした。

埋めてあげたかったけど触れませんでした。

DSCF0952.jpg







林道を7分くらい歩くと、また山道に入ります。

DSCF0953.jpg







11:39 休憩所。
ここで、下の分岐点の右側のルートと合流します。

DSCF0955.jpg








中央アルプスビューポイント

DSCF0959.jpg







恵那山ははっきり見えますが、木曽駒や越百山は薄っすらとだけ見えました。

DSCF0960.jpg







DSCF0961.jpg







反対側は緑の額縁の名古屋方面。
鈴鹿山脈までは見えず。

豊田側の猿投神社からのコースの大岩展望台や観光展望台は、視界が広く景色を楽しむことができますが、瀬戸側はこんな感じです。

DSCF0957.jpg







ラストスパートは木の階段です!

DSCF0962.jpg







山頂手前の右側の林には、通称ブランコ広場があります。
テーブルとベンチは先輩方で賑わっていました。ハンモックでお昼寝しているひとも見えました。
長閑な空間でおとなの遠足ですね。健全だわ。

DSCF0974.jpg








後日の様子
ハンモック

DSCF1779.jpg






スライダー
両手でぶら下がって、向う側にビューンと!

DSCF1778.jpg







ベンチや切り株。
団体さんにも対応!

DSCF1775_201706191631188ad.jpg







山頂が近くなると、わいわいと賑やかな声が聞こえてきます。
平日の山頂。3グループ10人くらいでした。

DSCF0963.jpg







11:55 猿投山頂上 629m。

DSCF0964.jpg







名古屋の最高気温は30℃だったこの日、猿投山頂上の木陰は20℃でした。

DSCF0965.jpg






山頂のササユリはまだ蕾でした。
低山ですが、山の麓と頂上はやはり違うのですね!猿投山、あっぱれ!

DSCF0967.jpg







山頂にはコアジサイがたくさん咲いていました。
庭先に咲く園芸種の紫陽花は香りを感じませんが、コアジサイは優しくてとてもいい香りです。
株は年々大きくなっているみたいで、
毎日のように来られる方が色々手入れされているのだと思います。

DSCF0971.jpg






山頂の眺望は、瀬戸・多治見方面の北側だけです。
遠く御嶽山や白山、伊吹山も見える日がありますが、残念ながら遠くまでは見えませんでした。

DSCF0972.jpg

空いているベンチに腰掛けて、多治見方面の景色を眺めながら梅を入れたおにぎりとパンを食べました。
居合わせた赤いポロシャツの女性と話したらその方も名古屋からで、なんと車で5分程度のところにお住いの方でした。
「思いついて来るのにちょうどいいですよね、猿投山は。」
そんな話に意気投合しました。

汗がひいて身体はひんやり。25分ほどの休憩で下山しました。
12:20 下山開始
12:30 分岐点 今度は違う方から下ります。






12:39 神島が見えるポイント!

DSCF0975.jpg






DSCF0976.jpg






本日は、海があることすらわかりません、、、

DSCF0978.jpg






12:48 通称 赤猿峠

DSCF0980.jpg






浸食された道は滑りやすいです。

DSCF0982.jpg






痛々しい。

DSCF0984.jpg







一度林道に出ます。

DSCF0985.jpg







林道で目の前をシュルシュルと抜けて行ったので、思わず飛び上がりました。

DSCF0991.jpg







びっくりした~。
お互いにね。

DSCF0992.jpg







保護されている、ナギナタコウジュ。
どんな花だろー。

DSCF0993.jpg






今度は脚のあるタイプ。
大きなナメクジかと思った。
最近目が悪くなったなー。

DSCF0995.jpg







水場だって。

DSCF1002_20170616134229ede.jpg






林道脇からちょろちょろ。
森のいきもの達とシェアね。
冷たくて美味しかったです!

DSCF1001.jpg







13:24 はい!朝の分岐点に帰ってきました。

DSCF1003.jpg







14:10 雲興寺の駐車場到着
朝は大きな栗の木の下に車を停めました。

栗の花、満開です。

DSCF0904.jpg







雲興寺山門、登山道のトイレや休憩所にも掲示してありました。
猿投山で行方不明。どこかで無事に生活されていることを願います。

DSCF0881.jpg





往路 (トイレの分岐点から左回り) 3.76km 1時間37分
復路 (トイレの分岐点から右回り) 5.24km 1時50分

何度も登っている猿投山ですが、豊田側と瀬戸側では山の雰囲気が違います。
猿投神社から登る豊田側の登山道、特に東海自然歩道は平日でもたくさんの人が登りますが、瀬戸側の登山道は二人ほどすれ違っただけでした。
またハイキング気分で登りたいと思いました。
次は見つけたお花たちと、雲興寺です。



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

新年も猿投山

1月5日 寒の入り。
名古屋の最低気温2.8℃、最高気温9.8℃の晴天の一日でした。
お正月三が日が過ぎ、また日常へと戻っていきます。
5日は、ひょっこりお休みだったので、、、、洗濯物を干してから、近くの猿投山へ行きました。
新年初登り。今年もよろしくお願いします。

いつもの登山者用の駐車場に行こうとしたら、猿投神社の前で警備員さんに誘導されて少し離れた初詣用の臨時駐車場まで行きました。
わざわざ歩きに来たのだからいいのだけど、きっと登山者用の駐車場は空いているはず。

そんなこんなで初詣の人に紛れ、大きなザックにチリンチリンと熊鈴を鳴らしながら登山口に向かいました。
結構注目されていましたぞ。

登山道で会ったひとの話によると、初詣用の臨時駐車場に案内されそうになっても、「山!」と言えば通してもらえるとのこと。
まさかの合言葉。「川!」と答えてもらえるのでせうか。


DSCF4776.jpg

猿投神社参拝者用駐車場から望む、猿投山






やはりいつもの駐車場には車がたくさん停まっていて、それでもまだスペースはありましたが。
新年早々小さいことは言わないで、いつものコースで登るとします。

林道脇にも車が停まっていました。
これもいつも通りです。
9:56 城ヶ峰コースの入口

DSCF4724.jpg










城ヶ峰の入口で、「そこから登るってことは何度も来ている人だね!」と声をかけられ、週に三回は登るというおにいさまと途中までご一緒することになりました。
「三回くらい見たことがある顔だな。」はい、私も三回くらいお見かけしたことある顔でした。
その方は、ボランティアで登山道の手入れをしたり、ブランコやハンモックを造っている人の一人でした。
猿投山でもカタクリやシロヤシオが咲く、秘密の場所もあるって。(^_-)-☆

おにいさんに付いてさっさかさっさか足を進め、気が付いたら城ヶ峰を行き過ぎたので、「私目は城ヶ峰に寄りますによって、ここで御無礼します。」と少し戻って城ヶ峰に到着。
10:33 登山口から30分で城ヶ峰。

DSCF4726.jpg








なかなかの眺めです。
下には車がいっぱいでも、このコースを歩く人は割と少ないので、静かに楽しむことができます。
年末年始のお休みで疲れたので、こんな景色にほっとできます。

DSCF4727.jpg








家で、一つ残っていたきよめ餅持ってきました。買って三日経ってるけど、まだやわやわで美味しくいただけました。

DSCF4728.jpg








今日も納古山Tシャツ着て、勝手に広報活動。

DSCF4659 (2)








城ヶ峰で休憩してから、西の宮→東の宮→猿投山頂上のいつものコース向かいます。
南アルプスポイント。

DSCF4735.jpg








これでも遠くに南アルプスの白い山々が見えているのです。

DSCF4734.jpg








足元で見つけました☆
ねむの花みたいな、鳥の羽毛。影まで繊細ですね。

DSCF4738.jpg









11:16 大岩展望台も、もちろん寄ります。

DSCF4739.jpg









ほーんと、気持ちのいい景色です。
今年も初日の出の時は、さぞにぎわったことでしょう。
私は田舎で、山の間から顔を出す遅めの日の出を10時前に拝みました。

DSCF4770.jpg









伊勢湾がキラキラ見えます。

DSCF4764.jpg








DSCF4768.jpg








11:36 静かな西の宮。

DSCF4743.jpg








菊の御紋のつくばいの向うには、宮内庁の大碓皇子(おおうすのみこ)の墓陵があります。

DSCF4744.jpg








陽が射す緑のトンネルを抜けて行きます。
地面は枯葉でふわふわ、もふもふ。

DSCF4746.jpg









西の宮から山頂に向かう登山道は自然観察路と名前が付けてあって、野鳥もたくさんいるしリスやカモシカも見かけます。
ちょろちょろと水が湧き出ているところには、ヤマガラやシジュウカラが水を飲みに集まっていました。

DSCF4747.jpg








DSCF4748.jpg









12:00 東の宮。

DSCF4750.jpg








東の宮の前には、山茶花が咲いていました。

DSCF4751.jpg









山頂手前の、中央アルプス眺望スポット。
手前に見える恵那山に雪はありません。

DSCF4752.jpg








南寄りに眺めると南アルプス眺望スポットなのですが、あいにく霞んでいて見えませんでした。
こんな感じに見えるそうです。
猿投山画伯は、瀬戸の人らしいです。

DSCF4753.jpg








12:20 猿投山頂上 標高626m。
風がとても冷たかったので、景色だけ見て即退散。

DSCF4754.jpg








気温2℃

DSCF4758.jpg








大黒柱。

DSCF4757.jpg








御嶽山。

DSCF4755.jpg







DSCF4756.jpg








西側、伊吹山方面は雲が広がっていました。
寒い寒い。
寒い山頂で食事をしている方々も見えましたが、途中の日なたのベンチはたくさんの人たちがお昼ご飯。

DSCF4760.jpg









12:30 今日のランチは、これ!(´・ω・`)
台所仕事から解放の巻!!

たくさんの人でにぎわっていた日なたの休憩スポットでは、きみまろ漫談顔負けのおねえさま漫談に、思わず吹き出してしまうくらい大笑いでした。
元気な中高年万歳\(^o^)/

DSCF4761.jpg








カップ麺で満足して、下山です。
帰りは東海自然歩道をさくさく下りました。

DSCF4771.jpg








13:40 御門杉まで下りたら、あとは林道歩きです。

DSCF4773.jpg








馬頭観音と、トロミル水車。

DSCF4774.jpg




林道を30分歩いて、14:10 臨時駐車場到着。
新年もいい汗流せました。

活動距離 11.35km
活動時間 4時間29分


さなげ


週末の連休はお天気いまひとつの予報ですね。
年末やり残した掃除をやります(´・ω・`)
田舎では左義長が行われ、弟ファミリーがキッズを連れて遠くから参加します。
私がこどもの頃は、地区の子供だけでも30人くらいいたのに、あれから〇十年、こどもの数は片手くらいに減少しました。
大過疎進行中です。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

猿投山 其の十七 城ヶ峰

台風で不安定だった空模様が続いて居ましたが、金曜は貴重な晴天となりました。
日曜にはまた雨が降るって。
せっかくの青空を取っておきたいくらいです。
ちょうど仕事が休みだったので、シーツやトイレマットも洗濯したり、家の事ごそごそしてからの出発です。
平日なので夕方も早く帰って来たい、こういう日は、家から一番近い猿投山。
先月も行ったけど、またです。



2016年9月9日 金曜日 (きゅうりのきゅうちゃんの日なんだって~^^)
資源回収の日なので、古新聞とか古紙、牛乳パックなど玄関先に出して自宅出発は9時半前ごろ。
駐車場到着10:10。
朝一の人と入れ違いで停めれるかな、、、と思いましたが、トイレを挟んで二つある駐車場はどちらも満車のままで、路肩の駐車スペースに停めました。
路肩は日陰で、前日の雨のせいかヤブ蚊の総攻撃に遭いました。
ごそごそしながら出てきたので、虫よけ剤も蚊取り線香も、キンチョールもうちわさえも持ってくるの忘れたので、襲ってくる蚊を祓いながら速攻で靴を履きました。



路肩の駐車スペース。
楓の樹が色づく頃にも、また来ます。

樹の陰から、ヤブ蚊の大群が襲ってきました。
10:17 逃げるようにして出発です。

DSCF9645.jpg








本日のコースは、城ヶ峰経由、西の宮、東の宮、猿投山頂、下山は東海自然歩道でさっさか帰ります。

DSCF9646.jpg







DSCF9648.jpg








樹にマジックで書かれた案内。
雨が続いたから、今朝書き直したかと思うくらい綺麗でした。

DSCF9649.jpg








インクの香りがしそうでした。
安心な道標は、ありがたいことです。

DSCF9652.jpg








11:00 城ヶ峰

DSCF9653.jpg








DSCF9662.jpg








びゅ~りふぉ~~!
豊田市の眺めです。

DSCF9661_20160909224117765.jpg









秋らしい空になりました。

DSCF9658.jpg









11:19 南アルプスポイント

DSCF9669_20160909225045b8e.jpg








雲ばっかり。

DSCF9666_20160909225043c41.jpg









萩の花
前日までの雨は結構降ったみたいです。
落ち葉や小枝が流れた跡が残っていました。
前回のだんくろうの道は、また浸食がひどくなっただろうか、、、

DSCF9672_201609092250466a9.jpg








この先、大岩展望台。

DSCF9674.jpg









11:56 大岩展望台の眺め。豊田市です。

DSCF9679.jpg








西の宮に続く道には、鳥居の跡らしきくぼみがあり、いつも水が溜まっています。
小さな水たまりだけど、木々が映り込んで綺麗でした。

DSCF9680.jpg








西の宮の鳥居。
涼しいせいか、セミの鳴き声は聴こえてきませんでした。
ここまで、出会った人は大岩展望台でまだ一人だけです。
人にもセミにも会わないけど、顔や体のまわりには、小さな虫(メマトイ)やヤブ蚊がたかっています、、、

DSCF9682.jpg








鳥居から西の宮までの参道に咲いていました。
鳥と同じ名前のこの花が思い出せなくて、ムクドリ、キツツキ、ヒヨドリソウは違うし、なんだっけ。
そうだ!ホトトギス!
花びらの斑点模様が、野鳥のホトトギスの胸に生える羽根の模様と似ているら付けられた名前です。

DSCF9685.jpg








12:18
西の宮が珍しく賑やかでした。

DSCF9689.jpg








社の隣にある階段を上がって行きます。

DSCF9690.jpg








いつも綺麗に拭かれている手すり。
社の榊も、いつも新鮮です。

DSCF9691.jpg








西の宮を過ぎると、またホトトギスがたくさん咲いていました。
ここは雨上がりでなくても、じめじめしています。

DSCF9700.jpg







DSCF9692_2016090923164986c.jpg








DSCF9694_2016090923191327d.jpg








DSCF9697.jpg








12:45 東の宮
西の宮と東の宮は、いつも参拝するようにしています。
麓の猿投神社は素通りしてしまうことが多いのだけど。

DSCF9705.jpg





13:05 猿投山頂上。
標高626m。瀬戸、多治見方面の眺めです。
御嶽山、伊吹山が見えるのは、もっと秋が深まってからかな。
「午前中は雲の隙間から御嶽見えていたよー」と山頂で休憩中のおじさまたちが言ってました。

DSCF9717.jpg








9月始めの防災の日に家の備蓄の缶詰の賞味期限調べていたら、一つアウトだったので背負ってきました。
ツナ入りタイカレー。
家でわびしく食べるより、お山で食べたらご馳走です。
実は、今日はこの缶詰を美味しく食べるのが目的で登ってきた次第です。

DSCF9713.jpg








ジャジャーン!!
108円の購入だけど、大きなツナとジャガイモが入っていて、ココナツミルクのお味が効いてお値段以上です。

DSCF9715.jpg









気温は22℃で爽快。
山頂にはウクレレ弾いているおじさまがいて、タイのカレーを食べて、ハワイとタイを一度に体験できました。

DSCF9718.jpg









14:12 無事カエル。

DSCF9722.jpg










14:40 帰りも大岩展望台。
猿投山はそれほど展望は良くないですが、ここは開けていて好きです。
毎日ここまで登るだけでもオッケーなくらい(#^^#)

DSCF9728.jpg







DSCF9730_20160909233949a11.jpg








暑い暑いなんて言っていたけど、もう秋。
木陰に吹く風は、スッと涼しく感じます。
日も短くなってきましたね。
山登りも、早めの下山で計画を立てないと、ですね。

DSCF9731.jpg








15:19 いつものトロミル水車

DSCF9732_20160909234004765.jpg





15:26 駐車場到着。
活動時間 5時間8分    活動距離10.08km

缶詰カレーは美味しく、いい運動になりました。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ