鳩吹山のカタクリ群生地  

昨日は、名古屋、岐阜では20℃を越えて本格的な春の陽気でした。
3月30日昼下がり、鳩吹山のカタクリ群生地は薄い紅紫色に染まり、カタクリはほぼ満開に咲いていました。

カタクリは、ユリ科の花で早春に葉の間から10 cm程の花茎を伸ばし、先端に一つ下向きに咲かせます。

DSCF7583.jpg







美しい紅紫色の6弁花は、咲くとシクラメンのようにくるりんと反り返ります。
か~わいいよねぇ。

DSCF7584.jpg







DSCF7588.jpg






一面に咲くカタクリに優しい光が当たり、とても綺麗でした。
30日の午前中は曇り空で、カタクリの花はまだ開かずしぼんだような状態でしたが、太陽の光が射しこみ気温もぐんぐん上がってくると、目を覚ましたかのようにお花はくるんと開きました。

DSCF7587.jpg







カタクリは早春に花を咲かせ、落葉樹の葉が茂る5~6月ころには消えてしまうので、スプリング・エフェメラル(春のはかない命)とも呼ばれます。

DSCF7590.jpg







閉じた傘みたいになっているのは、蕾です。
ペリカンみたいで可愛いですね。

DSCF7602.jpg








花の間をよく見ると、頭に茶色い種皮を付けた緑色の松葉のようなものがちょろりんと生えているのを見つけます。
(黄色で囲ってみました)
これは、カタクリ1年生。
2年目でようやく細い葉が付き、開花までの数年はずっと1枚葉。
花が咲くのは葉が2枚になってからで、それはなんと7年目以降です。

カタクリ







花の中央に、クレヨンで描いたような模様があります。
自然はお絵かきもとっても上手ですね。
そして、昆虫たちに「蜜はここにあるよ」って教えているのだそうです。

DSCF7568.jpg







DSCF7610.jpg







うつむいて咲く春の妖精の前では、たくさんのカメラマンたちはみんな膝まついて頭を下げていました。

DSCF7604.jpg






国道41号 大脇交差点にある『湯の華アイランド』付近の駐車場に車を停めて、山に向かう木の橋を渡って歩くと、カタクリ群生地の看板があります。
この看板の近くで、「なんやね、まだ何にも咲いとらんがね!」「あ、ひとーつ咲いとるわ!」という声が聞こえていました。
カタクリ群生地は、看板のもう少し先にあります。

DSCF7565.jpg








カタクリ群生地の手前に、鳩吹山登山口があります。
山頂まで約1.3km 片道40分くらいですがサンダルでは登れません。

DSCF7582.jpg







頂上まで、休憩所が2か所あります。

DSCF7591.jpg







鳩吹山頂上 標高313.5m
平日ですがお天気が良くてカタクリで、春休みなので登山道ではキッズも多くて賑わっていました。

DSCF7593.jpg







ほのぼのとした春の霞で、遠くの景色は見えませんでした。

DSCF7599.jpg







蛇行する木曽川。
蒼くて綺麗な流れです。
霞んでいなければ御嶽山が見えるけど、春は仕方ないね。

DSCF7594.jpg







「いつ見てもきれいな景色だね~」
mikiちゃんと現地集合でカタクリを見て、お山に登ってからまたカタクリを見ました。

DSCF7596.jpg

下山後は、花木センターでお花の苗を4つ買いました。
春の花壇はうきうきします。




鳩吹山カタクリ群生地
岐阜県可児市土田大脇 交差点すぐ

・可児川下流域自然公園駐車場
・ 「湯の華アイランド広場」



昨日とはうってかわって、本日は冷たい雨の一日になりました。
日曜にはまた晴れるので、可愛いカタクリにまだ間に合いますよ^^


スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

鳩吹山と湯の華アイランド

朝晩冷えるようになり、今朝は特に冷たく感じました。
庭の銀木犀は、金木犀より少し控えめな香りで、桜の樹の下は、毎朝枯葉が落ちるようになりました。
つい先日まで暑い暑いと言っていたのに、気が付いたらもう来週には11月に突入です。
窓辺のグリーンカーテンとして茂っているパッションフルーツは、まだ青々として蔓を伸ばして、卓球の球くらいの実も、三つ四つぶら下がっています。
もう6年くらい前になりますが、おともだちからいただいたカトレアに花の蕾を見つけました。
鉢を見るたびに、どうしているかなぁ~なんて、思い出します。





さて、先週の秋晴れの日、
「お山に行って、温泉も入って、こどもが帰る4時半までには帰りたいです」
近所のおともだちから「おとなの遠足」ご要望があって、ぴったりな鳩吹山に行きました。



鳩吹山は可児市のお山で標高は330m。
山頂の眺望が良く、日本ライン木曽川、恵那山、御嶽山などが見渡せます。
そして、登山口のすぐ近くに日帰り温泉施設『湯の華アイランド』があり、山を登ったあとは温泉にも入れてダブル楽しい計画が立てられます。





自宅出発8時20分  
名古屋IC→小牧東IC→尾張パークウェイ→国道41号→可児川下流公園駐車場 到着10時

尾張パークウェイからR41に降りるのに、間違えて反対車線(名古屋方面)に出てしまい景色が違うことに気が付いてコンビニでUターンしました。
何度も通っているのに、尾張パークウェイは時々間違えます。
わかりにくいですよね???・・・><
そんなわけで、行きは1時間半近くかかりました。






10:12
カタクリ登山口からスタート。
予定では、西山まで行ってぐるりと回って下山です。

DSCF1465.jpg








「雨が降っていないのに、葉っぱ濡れてるですね」
「それは、朝露で濡れてるです」

DSCF1467.jpg








最初の休憩所、「小天神」ではボランティアの方々が、展望を遮る小枝や、登山道に伸びる小枝を伐る作業をされていました。
ありがたいことです。
いつもはさっさか通り過ぎるところですが、今日は東屋で少し休憩です。

お水の入った容器の防水に使われていた、ユニクロのジッパー付きビニル袋。
面白すぎました!
ユニクロ製品を買うたびに、何かに使えそうと思いながら実践できずにいたのだけど、堂々と使っていいんだ。
主婦の鑑(かがみ)ですな!

私もこれからは積極的に再利用しよっと。
浅漬けとかにも使えそうです。

DSCF1469.jpg








次の休憩所「大天神」では、平日にもかかわらず、10名近くの方が休憩されていました。
さっき休んだから、このまま山頂に行きましょう。
山頂はすぐそこです。

DSCF1472.jpg








11時 山頂
大天神休憩所は賑やかだったけど、山頂は静かでした。

DSCF1496.jpg







「綺麗な景色だねー!」
この少し先に、絶景ポイントがあるですよ。

DSCF1477.jpg








ジャーン!!

          DSCF1489.jpg









御嶽山が見えるですよ。

DSCF1495.jpg









DSCF1498.jpg









11:16 次は、白山が見えるポイントで休憩。
風が通ってすっごく気持ちがいいですねぇ、、、、

凍らせて持ってきた、キンキンに冷えたアセロラ入りイオン飲料で乾杯!
新商品に弱い私です。アセロラって美容にいいんだよね。

DSCF1478.jpg








すぐ下の街は、坂祝町かな。
遠くに薄っすら見えるのは能郷白山かな。
ツツジ系の葉は、少し色づいてきましたね。

DSCF1480.jpg









西山まであと少しです。
振り返って見る、鳩吹山。
ずいぶん歩いてきたのね。

DSCF1482.jpg








11:45 西山休憩所
誰もいなかったので、センターのテーブルゲット!
おべんとうにしましょ。

大活躍、ユニクロのジッパー付き袋。
こんな風に使っていいんだね!私も見習おう!

DSCF1483.jpg








12:30 しばらく休憩して、これから西山周回していると帰宅時間を考えると下山後の温泉をカットしなくちゃいけなくなるので、今日のゴールはここにしました。
このまま、来た道を帰ります。

DSCF1484.jpg








鳩吹山まで戻ります。
レッツらゴー!おなかが重いね。

DSCF1485.jpg







絶景の見納め。

DSCF1490.jpg









14:00 下山完了。

大型産直市場の湯の華市場も少し覗いていきたいね。
地元野菜や飛騨牛、魚介類に、手作りパンやへぼめしも並んでいました。
ゆっくり見たら楽しそうだけど、時間がなくて。
でも、こんなに買えたんだね。

私は、黒川のひとが作った原木栽培のしいたけ、可児のひとが作ったナスとニンジンを買いました。

DSCF1499.jpg








14:36 湯の華温泉。
南国ムードが漂っています。
そういえば、湯の華市場には、シークワーサーがおてんこ盛りで売られていました。

DSCF1501.jpg







湯の華市場の少し奥まったところにあります。
Spa Resort 湯の華温泉

DSCF1502.jpg







湯の華リゾートの前は、今まで30回は通っていますが温泉に入るのは初めてです。
だけど500万人達成の恩恵にあずかり、500円で入浴できました!
うれしいなー!ついてるなー!

DSCF1503.jpg






あまりゆっくり温泉に浸かっていられないけど、15:20にはフロント集合。
予定通り16:30 ぴったりに家に帰ることができました。パチパチパチ~~~!



帰るとき、湯の華500万人記念で、スクラッチカードをいただきました。
家に帰ってごしごし削ってみたら、一等賞『温泉・岩盤浴無料券』が出ました!!
わーい!(*´▽`*)





テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

鳩吹山から継鹿尾山までプチ縦走 ①

愛知県と岐阜県東濃地方の県境に位置する愛岐丘陵に、継鹿尾山(つがおさん)273m、鳩吹山(はとぶきやま)313.5mがあります。
継鹿尾山は犬山市北部にあり、飛騨木曽川国定公園内で東海自然歩道が通っています。
鳩吹山は岐阜県可児市土田の木曽川縁に位置し、低山ながら山頂からの眺めはなかなかです。

可児市のカタクリ登山口から鳩吹山、継鹿尾山と縦走し、継鹿尾山麓の犬山市寂光寺へと下山しました。
このプチ縦走は二回目です。



2015年12月6日(日曜日) 
日曜日、洗濯物を干して空を見上げたら、雲の隙間から日が射す程度のくもり空。
でも雨は降らなさそう・・・近場のお山に出かけようかしらん・・・と思い立って可児市の鳩吹山へ行きました。
もう12月だから、やらなくちゃいけないこともあるのだけど・・・( *´艸`)

自宅出発9時過ぎ。
東名小牧東IC、尾張パークウェイ経由、R41『湯の華アイランド』の大きな看板が目印の『大脇』交差点を左折すると、可児川下流公園の駐車場があります。
駐車場到着は10時半過ぎでしたが幸い空きスペースがありました。





10:44  春にはカタクリの群生が見られる登山口からスタート。

カタクリ登山口





早春にはカタクリ、そして桜。秋には紅葉が楽しめます。

登山口の紅葉





鳩吹山遊歩道 カタクリコース

登山口




地面からそのまま生えている葉っぱ。
珍しくないけど、可愛いのでいつも見入っています( *´艸`)
ヒトツバ。

ヒトツバ





20分ほど登ると、小天神休憩舎があります。
恵那山には薄っすらと積雪が見えました。
大王製紙は今日もモクモク。

小天神休憩舎からの眺め





真っ白な御嶽山。

御嶽山





曇り空でしたが、中央アルプスもよく見えました。

中央アルプス





そして、進行方向には鳩吹山。

鳩吹山





太古に隆起した名残を残す露岩の登山道も通ります。
うねうねとした岩が所々に現れます。

露岩の登山道





大天神休憩舎が現れたら、山頂はもうすぐ。
休憩舎の裏に鉄塔があります。

大天神休憩舎





11:22 鳩吹山頂上 313.5m
登山口から約35分

鳩吹山頂上





山頂の眺めもいいですが、お勧めはもう少し先の展望スポット。
岩のぎりぎりに立って見える風景が最高です!

展望スポット





ジャーーーーン!!

          御嶽山と木曽川



御嶽山、日本ライン(木曽川)が素晴らしく美しいです。
空が青かったら尚一層綺麗です。
暫く景色を堪能して、継鹿尾山までの道のりはまだ長い・・・





暖かい12月に、ひょっこりツツジが咲いていました。

暖かい12月





継鹿尾山へ





分かりやすい地図が数か所に設置されています。

鳩吹山 地図





この辺りから、名古屋駅のビルも遠望できました。
新装大名古屋ビルヂングは、来春にはオープンです。

それとですね。
関係ないですが、、
この度、あの辺のビルの最上階のクリスマスディナーが当たりました! (何でも応募してみるものですね~)
クリスマスに夜景が見えるレストランでディナーなんて、実はお初なのであります。( *´艸`)

、、、もう10億円は無理ですかね。

名古屋中心部





白山には日が当たり、キラキラしてとっても綺麗でした。
鳩吹山から白山が見れたのは初めてです~

白山





近くの景色も綺麗です。

紅葉





振り返って見る鳩吹山。
結構歩いて来ました。
小休憩にします。

鳩吹山





12:07 途中のコンビニで買った、塩大福。
TVドラマ、『下町ロケット』で度々出てきます( *´艸`)
見るといつも食べたくなる塩大福、いただきまーす。

塩大福






犬山、石原口方面に緩やかな下りになります。

犬山、石原口方面





ウツギの類??
よくわかりませんーー
花





遊歩道と書かれている通り、登山道は整備されて歩きやすく、迷うことは多分ないと思います。

登山道





犬山方面に来たら、シダが生える登山道になりました。

シダの生える道






この実何の実。
ハイネズ??スギ科の何か・・・

実






12:56 林道に出ました。

林道






林道は、鳩吹山石原登山口。
鳩吹山頂から小休憩含めて約90分の下山でした。

石原口





12:57
林道を3歩で横断して、継鹿尾山へと登ります。

継鹿尾山へ




つづく。


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

鳩吹山カタクリコース

鳩吹山は、岐阜県可児市土田の木曽川縁に位置し、標高313.5mの頂上からは雄大なパノラマが広がります。眼下に日本ラインの清流木曽川や濃尾平野、遠くには御嶽山などを望むことができます。
幾つかのハイキングコースが整備され、多くの人が山歩きを楽しんでいます。
カタクリの花を見たあと、山頂まで登りました。
この日は夕方から仕事だったので、カタクリ群生地から鳩吹山の往復です~

岐阜県可児市土田 R41 大脇 交差点
「湯の華アイランド広場」の大きな看板が目印です(^_-)-☆
可児川下流域自然公園の駐車場は無料です。
綺麗なトイレもあります。

可児川公園駐車場




カタクリ群生地もこちらです。

山に向かって橋を渡ります



カタクリ群生地の散策路に、登山口があります。

カタクリコース



明るい登山道をジグザグに登っていきます。
ハイキングコースと書いてありますが結構急なので、登山靴や運動靴で登ってね。
これから暑くなっても、クロックスとかビーサンはNGです。

明るい登山道



大きな馬酔木には、たくさんの花が咲いていました。

馬酔木



最初の休憩舎からの風景~ 
可児市、御嶽山が遠望できます。

最初の休憩所



ちょっとした岩場もあります。

岩場



二つ目の休憩舎を過ぎると、山頂です。 

山頂




三角点 313.5m

三角点




山頂の鉄塔には、作業中の方が・・・

鉄塔の作業中






ここは、一番の風景☆彡
ずーっと眺めていたいです。
313mの山だけど、この景色は最高です(^_-)-☆
♪紫紺の雲は乱れ飛び  ラインの流れ岩をかむ~♪♪
日本ライン 木曽川です

木曽川
手前の彎曲で、何か白っぽいのが気になる・・・




御嶽山が綺麗に見えました。

御嶽山



窪んだところで、白くモヤッとして見えるのは噴煙、かな。

噴煙




帰るころには、カタクリ群生地には陽が燦々とそそがれていました。

春日和


鳩吹山 カタクリ登山口から、往復1時間30分


鳩吹山のカタクリ群生地 2015.3.17

岐阜県可児市土田の木曽川縁に位置する鳩吹山麓には、カタクリ群生地があります。
旧ブログでは何度も登場しました(^_-)-☆
連日のぽかぽか陽気に、もしや可愛いカタクリの花もお目覚めかしら・・・と、うずうずしたので行ってみました。
3月17日の様子です。


咲いているのは少しだけ





ユリ科の花~早春に葉の間から10 cm程の花茎を伸ばし、先端に一つ下向きに咲かせます。
美しい紅紫色の6弁花は、咲くとシクラメンのように反り返ります~
蕾をもった個体は芽が地上に出てから10日程で開花します。

くるんとしています




まだほとんどが蕾でした。
でも、ほら!もう開きそうです~

カタクリ




咲いている子はほんの少しなので、かくれんぼしているみたい(#^^#)
探すのも楽しいね☆彡

おはよ




早春、他の花に先がけて花を咲かせ、逆にまわりの木々や草がすっかり緑になる季節になると地上から全く姿を消してしまう植物のことをヨーロッパでは
 「スプリング・エフェメラル”春のはかない命”」や
 「エフェメラルプラント”短命植物”」と 呼んでいるそうです。(エフェメラとは「かげろう」のこと)
・・・儚い命とか短命とか・・・よりも、やっぱり
「春の妖精」がぴったり。妖精みたいに可愛くて可憐な姿ですもの。

カタクリ



全体を見ると、まだこんな感じです。
あと1週間ほどで、ここは一面ピンク色になります~
見回りに来ていた方の話では、「25日ごろ」とのことです☆彡

ほとんど蕾



可愛いね



ここもピンクに染まる




小さくて見にくいですが、ここには沢山の蕾があります。
もうすぐ、もうすぐ・・・

ここも。



蕾がたくさん



可憐な花姿




最高気温は20℃を越えた、暑いくらいの一日でした。
この陽気で開花も進みますね。
昨年より、少しだけ早そうです~

暖かい日でした




カタクリを見てから温泉やお買い物が楽しめます(^_-)-☆
開花状況も教えてくださるそうですよ

岐阜県可児市土田大脇 交差点西エリア
名勝木曽川国定公園内 「湯の華アイランド広場」

湯の華 温泉 TEL.0574-26-1187(代表)
湯の華 市場 TEL.0574-24-3811(代表)

カタクリ色にしてみました (#^^#)  



プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ