南駒ヶ岳 登頂!

『南駒ヶ岳(2841m)から、仙涯嶺(せんがいれい)、越百山(こすもやま)へと、中央アルプスの稜線を歩く』の続きです。
 
  南駒ヶ岳①  ← ここまでの道のり 

標高2591m付近から見えたピークは岩の山でした。
目の前にあるのは背の高いハイマツの道。
登山道にまで生い茂る背の高いハイマツに行く手を阻まれながら進みました。
草藪や笹薮と違い、ハイマツの藪は抵抗が強く、また標高も増してきたので難航しました・・・

山頂はガスの中





そして、ハイマツを漕いで漕いで出た場所は、大きな岩の塊でした。

岩





良かった、道がある・・・

岩をまいて行く




そしてここはよじ登る・・・
う~ん、空が綺麗だねっ!

登る





よじ登ってみても、まだあんなに遠い・・・><
また、ハイマツをかき分けて進んで行きます。

まだ遠い





岩の上から振り返ってみると、雲の中にいるみたいでした。

雲の上





10:49
2700m地点
四合目登山口から5時間

2700m地点




2700m地点




岩





少し近くなった!
ハイマツをかき分けて進み、大きな岩に登り、またハイマツをかき分けて・・・

少し近づいた!





まさに岩の鎧。
太古の地殻変動が造り上げた岩の砦。

岩の鎧





すぐ横に赤椰岳、空木岳。
いつも遠くから眺める中央アルプスの山並みに、今、いる。

空木岳方面





細長い岩がコロンと割れて、乗っかった?!

岩の造形美





振り返って見下ろす。
ここを歩いてきた。

振り返る





ここを登る!

登る!





岩の上に立ったひとにだけ、見れるご褒美。

岩の上から望む北方面





大きな岩に登ったら、次を目指して降りる。
ここを降りてきました。
結構急峻です・・・

ここを降りてきた!





朽ちたハイマツ。

ハイマツ 白骨化





白い花崗岩と濃緑のハイマツの間から、ガスが上がってくる風景を幾度となく見ますが、とても幻想的です。
日常の雑踏からかけ離れた光景を目の前にすると、時間が迫っていることも、気が抜けない登山道を歩いていることも
一瞬忘れてしまう・・・

ガスが沸いて





山頂が近くなると、大きな岩に這い上がったり、よじ登ったり、

岩





次の手は、どこに置いたらいいのだろう・・・
三次元パズルを解くように、頭の中でシュミレーション・・・

岩





岩





次は、あそこを越える!

岩





やったっ!
山頂が見えた!!

山頂が見えた!





12:32
南駒ヶ岳登頂!
標高2841m
「やったーー !着いたーーー!」 思わず心からこぼれた言葉に、山頂で居合わせた3名の方たちも一緒に微笑んでくれました。
2700m地点の看板には『山頂まで45分』とあったけど、ハイマツと岩登りで2時間近くかかってしまいました。

南駒が岳 頂上!







ガスに包まれた頂上でしたが、北側の風景は時折姿が見えました。
赤椰岳、空木岳へと続く山並み。
その先は、先月登った駒ケ岳へと続きます。

赤椰岳、空木岳




南駒ヶ岳登頂が11時を過ぎたら、そのまま来た道を下山しようと思っていたのですが、
岩登りと深いハイマツが続いた険しい道を、疲労もたまってきた体で下山するのは危険だと思いました。

越百山(こすもやま)への縦走路は、色々な地図や資料では2時間半と書かれていますが、山頂で居合わせたベテラン陣によると「普通に歩いても3時間は、かかる」とのこと。
「でも、越百山(こすもやま)は道がいいから、ライトがあれば下山できるよ!大丈夫!」

越百山(こすもやま)は一昨年歩いたので登山道の雰囲気はだいだい覚えているし、分岐点がないので恐らく道に迷うことはないでしょう。
時間がかなりかかると覚悟して、仙涯嶺(せんがいれい)、越百山(こすもやま)までの稜線を歩き、越百山(こすもやま)から下山することに決めました。
大丈夫!
行ける!!


スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

南駒ケ岳(2,841m)~仙涯嶺(2,734m)~ 越百山(2,613m)

南駒ヶ岳(みなみこまがたけ)は、長野県の中央アルプスにある標高2,841 mの山で日本二百名山に選定されています。
北の空木岳(うつぎだけ)、南は越百山(こすもやま)へと続く木曽山脈の主稜線上で、山頂付近には花崗岩の岩が乱立しています。
二百名山一筆書き、『グレートトラバース』の田中陽希さんも、この時期に通過されるそうですね。


一昨年、越百山(こすもやま)に登った時、時間的余裕があれば南駒ケ岳に続くあの稜線を歩きたい、と思いました。
その時はスタートが遅かったので叶いませんでしたが、今回は伊那川ダム上の駐車場から登山口まで約4kmの林道歩きは、日の出前に通過することにしました。
そして、南駒ケ岳登頂時刻が11時を過ぎてしまったら、越百山までの稜線歩きは諦めて、そのまま下山する選択肢もありの計画をたてました。



越百小屋付近から望む南駒ヶ岳

                         越百小屋付近から望む南駒ヶ岳



2015年9月20日 日曜日(シルバーウィーク)

南駒ケ岳の登山口は、伊那川ダム上の駐車場に向かいます。
中央道中津川ICを降りたら右、木曽方面国道19号を北上します。赤い伊那川橋を渡り、須原駅付近で右折、田光発電所を通ると狭い農道から林道へと続き、「伊那川浄水所」を目指します。
伊那川ダムの少し手前では、カタツムリの殻の中を通るような湾曲したトンネルを通ります。
中津川ICからは約30分かかりました。
19号から須原駅付近まではコンビニが数軒あります。



このトンネル(大きく湾曲していてカタツムリの殻みたい・・・)を抜けたら、伊那川ダム。
駐車場が二段あります。
無人でラインも引いてないので、駐車場の端に沿ってまーるく駐車されています。20台くらい停めれそうです。

カタツムリトンネル




4:50
駐車場から林道を約50分歩き、4合目「今朝沢登山口」に到着。
登山口は山の斜面に鉄の階段で造られていました。
10段ほどの階段を登って登山道に入ります。
暗闇の中、HLの灯りを頼りに登って行きます。
少々ぬかるんだところもありました。

今朝沢登山口





6:00
すっかり明るくなり、朝食をと思ったらちょうど6時でした。いつも正確な腹時計( *´艸`)
普段は控えているあんまい菓子パンが、すんごく美味しい。
この先も、行動食用のウイダー風ゼリー、ミックスナッツ、おにぎりを所々でちょぼちょぼよ食べて、自家製梅サワーでクエン酸、アミノ酸を摂取しながらの長丁場の始まりです。

きりかぶパン





登山道





苔むした丸太のベンチで、松ぼっくりを食べたのはリスさんかな??

リスの食事





トゲフキ
固いトゲが葉の表面にたくさん突出しています。
茎もトゲだらけ。
そんなにトゲトゲしているあなたは、いったいどんな綺麗な花を咲かせるのですか。

トゲフキ





6:51 五合目 (四合目登山口から二時間)

五合目





神々しい木々




樹




晴天




まっすぐに噴煙が上がる御嶽山が綺麗に見えました。
もうすぐあれから1年です・・・黙祷。

御嶽山




木々の隙間から差し込む朝日。
今日も一日よろしくお願いします。

朝日




アキノキリンソウとゴゼンタチバナの実

アキノキリンソウ ゴゼンタチバナの実





7:49 六合目 標高2.100m(四合目登山口から約3時間)

六合目



六合目






立ち枯れの木が、青空に映えます~

立ち枯れの美





道しるべの赤いリボン

道しるべのリボン






白樺に囲まれた尾根道

白樺の道






ジュラシックパーク!!

恐竜




8:55
北沢尾根三角点 標高2411m

北沢尾根三角点



北沢尾根三角点





シラタマノキの群生がありました。
実をホワイトリカーに漬けて、果実酒を作ると聞いたことがあるので一つ口に入れてみました。
咬んだら梨のような食感がしましたが、美味しくなかったので出しました・・・
帰ってから良く調べたら、サロメチールの香りがする(湿布薬など)
実をそのまま食べるのは胃に刺激が強すぎるので良くないとのこと。
朝露でキラキラ光って可愛かったです~

シラタマノキ





標高が高くなると、花崗岩の砂礫が崩落しているところもありました。
慎重に、慎重に・・・

崩落地





ヤマハハコ
ナナカマドの赤い実

ヤマハハコ ナナカマド






大自然が造り出す芸術品に、つい目が奪われてしまいます・・・

芸術品





大きな岩を這い上がり・・・

這い上がる





隙間をすり抜けて・・・

大きな岩




パオーーーン!

ゾウ





ハイマツより背が高いマツの中を漕いで行きます。
身長158cmの私は頭まで埋もれてしまい、ハイマツのトンネルをかき分けて進んで行くことになりました・・・
後で見たら、ズボンのポケットやウエストポーチの隙間などに、松葉が貯まっていました。
松に埋もれた登山道は、予想外に時間がかかりました。

ハイマツ?





9:50 何合目かわからないけど、標高2591m
 
標高2591m



標高2591m





10:06 あのピークを越えて、ガスの中にあるのが山頂です!

山頂はガスの中




あの高い所は、山頂手前のピークです。
ここだけではありませんが、山はすでに秋色でびゅーりふぉ~!
悠長なことを言っている場合ではありません・・・まだまだ先は長いのです・・・

山頂はまだ先




どれどれ、、、
あのピークの先っぽは、岩石です!!
いよいよ岩の鎧のお出ましです・・・!

岩の鎧




テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ