元岩巣と岩巣山

岩巣山(480.5m)は、瀬戸市東部の瀬戸市上品野町に位置しています。
全山が花崗岩からなり、アカマツ等の林で途中に点在する巨岩群が鳥の巣に似ているため岩巣山と名付けられたようです。


御嶽山方面

手前のなだらか~な山が、元岩巣から見える岩巣山。





2016年2月10日(水曜日) 

平日のお休みだったので、家事をテキトーに済ませてから瀬戸蔵とセットで瀬戸に向かいました( *´艸`)

名古屋からは、国道248号線の『岩屋堂』の標識を目印に『品野町6丁目』の交差点を右折し、岩屋岩公園に向かいます。
駐車場は時期によって(夏・秋)有料になるところもありますが、オフシーズンは無料です。




10:03
岩屋堂の看板で右折する。
248は混んでいました。

岩屋堂の看板





10:17
紅葉の季節とは打って変わり、静まりかえり寂しい雰囲気が漂う、岩屋堂公園。

岩屋堂公園





岩屋堂
725年名僧行基が当地で草庵を結び、この洞窟内で三体の仏像を彫刻て聖武天皇の病気平穏を祈願した霊跡と言われています。
正式名は「岩屋山薬師堂」。天然石の洞窟です。

岩屋堂





大きな岩の下に仏様が祀られています。
岩巣山には、右脇の「岩巣山展望台」に沿って登ります。

岩屋堂




天井の高さは170cm以下くらい。
狭いところが苦手な私ですが、たくさんの仏様とお線香の香りに安らぎを感じました。

岩屋堂





岩屋堂から岩巣山展望台までが、「ハイキングコース 所要時間30分」と案内されていますが、結構な急登が続くので
草履やサンダル、クロックス、ハイヒールでは危険です。
下駄もアウトです。

登山道






真新しい鎖が設置されていましたが、使いませんでした。
大きな岩に沿って歩きます。

鎖






10:35 展望台
木製の綺麗な展望台です。

展望台





昨夜、名古屋は少し雨がぱらつきましたが、ベンチには薄っすら雪が残っていました。
二度目の朝食メロンパンを食べながら、景色を堪能しました。

展望台






環状線と名古屋方面
ぽっかり浮かんだ雲を見るのも、好きです( *´艸`)

名古屋方面






伊吹山

伊吹山





10:44
展望台を過ぎて現れる分岐点。
岩巣山には、「白岩の里」方面に行きますが、下ると「瀬戸大滝」に出ます。

白岩の里方面




両側に笹が茂り、木の葉の絨毯が敷き詰められた登山道です。
所々にヤブツバキを見つけました。

ヤブツバキ





橋の上はやっぱり冷たいのですね。
登山道には残っていない雪が、薄っすら積もっていました。

橋の上に雪





ん。守ってあげたい・・・
と、思わずにはいられない朽ちた看板・・・

自然愛護




喫煙所まで600m。
煙草の煙も臭いも嫌いです。
服に臭いが付くのも嫌です。
乾燥したこの季節、くわえ煙草も厳禁ですよ!

喫煙所





マムシ注意の看板にロープまで張ってありました。
暖かくなったら絶対マムシがいるみたいですね( *´艸`)

マムシ注意





野鳥の声だけ聴こえる静かな山道を一人で歩いていると、何でもないものにドキッ!とすることがあります。
遠くから見えた時、鳥肌がたちました・・・!!
・・・そう見えませんか??
まずは110番? 蘇生??とか・・・💦

火スぺ?!





近づいて、ほっとしました・・・

ほっ・・・





広々とした喫煙所
ドラム缶の水には薄い氷が張っていました。

喫煙所





11:14 元岩巣
『元岩巣』の標識は陶器で出来ていました。
瀬戸っぽくていい感じ!
この奥に行くと展望が開けています。

元岩巣





元岩巣





元岩巣





控えめに粉砂糖を振りかけたような、三国山方面。

三国山方面





名古屋方面
名駅のビル群と伊吹山が見えました。

名古屋方面






北の遠くの方は寒そうでした。
何か降ってるのかも・・・
残念ながら御嶽山は見えませんでした。

御嶽山方面





11:24
元岩巣から、岩巣山に向かいます。
分岐点の標識には、マジックの手書きで『岩巣山』と書かれています。

岩巣山分岐点





へー
そうなんだー

気を付けてね





11:32 岩巣山頂上 標高480.5m
淋しい山標・・・ここにも陶器の看板が欲しいです(#^^#)

岩巣山




周りは木々に覆われているので、三角点がなかったら通り過ぎてしまいそうな山頂です。

三角点

三角点の南側に続く道を少し行くと、大きな岩がゴロッとして南側に展望が開けた場所があります。
展望のいい岩の上で、おにぎりを食べました。





岩の上から眺めた名古屋方面。

岩の上より





岩の上から眺めた、元岩巣方面。
雪が見えるところが元岩巣。
おーい!

ここを終点として、下山は来た道を戻り、
岩巣山展望台近くの分岐点で、瀬戸大滝に下山しました。

岩の上より




せせらぎの上流が瀬戸大滝です。
木々に囲まれて、夏は涼しそうな流れです。

大滝から流れるせせらぎ





12:35
瀬戸大滝。

          瀬戸大滝





小さいですが綺麗な虹が見えました。
虹って優しい気持ちになれますね。

瀬戸大滝





瀬戸大滝


駐車場到着 12:40
活動時間2時間33 
活動距離6.13km



軌跡図




スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ