八曾山  シダが美しい黒平山

八曾山(はっそさん)は愛知県犬山市東部の八曽国有林の八曽自然休養林の最高峰で標高327m。
高低差も200m程度で登山道は東海自然歩道が通っており、なだらかで歩きやすいハイキングができます。
登山道に立つ山名の標識は、黒平山です。

DSCN3673.jpg

入鹿大橋から望む、八曾山







平成30年 正月2日 火曜日

中央自動車道小牧東ICから県道49 号線を行くと、どーんと目立つ赤い橋の入鹿大橋。
八曾モミの木キャンプ場に向かいます。

DSCN3402_20180105090425b98.jpg






入鹿大橋の麓の、冬風景。
白菜、ほうれん草、ネギ。
寒そうだけど、冬野菜がしっかり栽培された元気な風景です。

DSCN3401_201801050904243ae.jpg






自然休養林の石碑
ゲートを越えて行けば反時計回りの周回ルートですが、林道が長く続くので今回も時計回りで。

DSCN3405.jpg





DSCN3407.jpg





8:20 巖頭洞(がんどうがま)コース
巖頭洞までは約40分、なだらかな登山道です。

DSCN3408.jpg






この橋はゆらゆら揺れて、気持ち悪くなります、、、><
揺れ方が吊り橋みたい、、、><

DSCN3410.jpg

でも、なんだか面白くてわざわざ行ったり来たり、二往復しました。






ほぼ平坦で歩きやすい道です。

DSCN3411.jpg





DSCN3412.jpg





フユイチゴ

DSCN3413.jpg






8:48 キャンプ場の駐車場から約30分
巖頭洞入口

DSCN3416.jpg






巖頭洞を見たら、来た道を少し戻って黒平山方面に登ります。
最初は階段状の登山道。

DSCN3437.jpg






DSCN3439.jpg






9:20 あの松が見えたら、
360℃見晴らしのいい岩の上に出ます。

DSCN3441.jpg






岩々とした、巖頭洞山(焼山)と岐阜市。
雲があって伊吹山は見えませんね。

DSCN3443.jpg






お椀を伏せたような八曾山(黒平山)。

DSCN3444.jpg






DSCN3447.jpg






八曾山手前の、岩見山に行きます。

DSCN3450.jpg






9:30 岩見山
巖頭洞山がよく見える山、ということか。
先ほどの岩の上の方が見晴らしはいいです。

DSCN3454.jpg






黒平山まではシダの道です。
登山道を挟んで種類の違うシダでした。
面白いですね。

DSCN3457.jpg






右側のシダ

DSCN3455.jpg






左側のシダ

DSCN3456.jpg






一度林道に出て、パノラマ展望台に向かいます。
パノラマ展望台はヘリポートになっているので、この林道も救急車両や許可車しか通れないですね。
山茶花の大きな木がありました。

DSCN3461.jpg





DSCN3460.jpg






9:54 パノラマ展望台

DSCN3463.jpg





東屋は貸し切りでした。
ここまで出会った登山者は3組程度。

DSCN3464.jpg





黒平山(八曾山)

DSCN3465.jpg





御嶽山がチラリ。

DSCN3472.jpg





雲が多めで遠くの山々はあまり見えなかったので、黒平山にさっさか向かいました。

DSCN3477.jpg





10:30 山の神にご挨拶。

DSCN3480.jpg





明るく、歩きやすい道です。

DSCN3485.jpg





屋台で見かけるスクリューポテトみたい!

DSCN3486.jpg





サルノコシカケ。

DSCN3489.jpg





シダの森に入ります。

DSCN3495.jpg





とっても美しい!

DSCN3506.jpg





     DSCN3504.jpg





DSCN3507.jpg





シダの道を抜けると、もうすぐ山頂。

DSCN3508.jpg





石垣の上が山頂です。
この石垣は、明治時代に再建された『宗岳寺』の名残です。

DSCN3510.jpg





石垣の他に、祠や蝋燭台も残っています。

DSCN3513.jpg





11:11 山頂

DSCN3518.jpg

この日のランチは、カップ麺と途中の守山PAの焼きたてパン。(予想以上に美味しかった)
今年は山で煮炊きした山飯を食べてみようかな。





二等三角点

DSCN3516.jpg





奉納 八曾黒平山
稲沢にあった『宗岳寺』が1878年(明治11年)に山頂に再建されました。
本尊は薬師如来像、秋葉三勺坊大権現も祀られ、秋葉の火祭りが盛大に催された時代もあったようです。

DSCN3515.jpg

勝手に入る登山者は、火の元に厳重に注意しないといけません。





入鹿池とパノラマ展望台のヘリポート
入鹿池の方が高いところにあるように見えておかしな感じ。

DSCN3522.jpg





空と雲を眺めるひとときは、ほっとできます。

DSCN3524.jpg





能郷白山。
登ってみたい。

DSCN3528.jpg





DSCN3532.jpg





石垣の途中に、三体の龍神様が鎮座しておられました。
龍神様の下手には、小さな池がありました。この池に祀られた龍神様かしらん。

DSCN3534.jpg





あとは、キャンプ場まで下山です。
途中でサルノコシカケをいくつか見つけました。

DSCN3537.jpg





12:04 八曾滝の姿が見える前から、ザーーと滝の音が森の中に響いていました。

DSCN3585.jpg





枯葉が積もったふかふかの散策路です。

DSCN3590.jpg





キャンプ場までほぼ林道。
広葉樹の枯葉が、途中から松葉の落ち葉に変わります。
長さ20cmくらいある長い松葉で、うわ~と見上げるととても背の高い松林となっていました。

DSCN3595.jpg





13:00 駐車場到着。

DSCN3597.jpg





八曾 軌跡


スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

八曾滝(はっそたき) 山伏が修行した禊の滝

今日は『小寒』。
寒の入りで一年で最も寒い時期と言われ、名古屋は氷点下にはならなかったものの、陽射しがなく寒い一日でした。
でも、名古屋はまだいいです。
正月、岐阜の実家に行くと土間の台所の台布巾は凍り、痛いくらい寒く、病み上がりの母は鼻声でした。
私も昨夜は背中がゾクゾクしたので、葛根湯を飲んで早々に寝てしまいました。
小寒はインフルエンザや胃腸風邪が流行る時期でもあります。
気を付けましょう。





八曾滝(はっそたき)
愛知県犬山市、『犬山・八曽自然休養林』内にある五条川の支流の滝で、地形図には「山伏の滝」と書かれています。

DSCN3541.jpg






DSCN3550_20180105083557df2.jpg





落差18m。
平成の名水百選にも選ばれました。

DSCN3577.jpg






滝の中間辺りに祀られている不動明王(左)と剣(右)。

DSCN3557.jpg






DSCN3560.jpg






滝の脇にも不動明王が見張っています。
かつては修験者や秋葉寺(宗岳寺)の修行の場であったと言われています。

DSCN3561.jpg






DSCN3554.jpg






DSCN3565.jpg






そしてなんだか愛しいこの朽ちた物体。

DSCN3568.jpg






DSCN3574.jpg






また会いに来るよ。

DSCN3576.jpg





八曾滝(はっそたき)
入鹿池近くの『八曾モミの木キャンプ場』から、徒歩で約50分ほどです。

IMG_2781.jpg




テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

巖頭洞(がんどうがま)  数千年先は鍾乳洞?! 【八曾山】

お正月三が日があっという間に過ぎました。
昨夜は新年早々にスーパームーンが見れて、今宵の月もとても綺麗でした。
そしてそして、1月は31日も満月で、し・か・も・皆既月食です!
20時48分に 欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となります。
皆既食は1時間17分続き、0時12分にはまた満月の輝きが戻ります。
楽しみですね~!



さて、
巖頭洞(がんどうがま)は、 
愛知県犬山市東部、八曾山の傍の巖頭洞山の麓にある洞窟です。
大人2~3人がなんとか立って入れる程度の小さな洞穴ですが、鍾乳洞みたいでとても興味深い洞窟でした。


DSCN3418.jpg

という字は、ガマとも読むのですね)






標識から数歩登った先に洞窟があります。

DSCN3432.jpg






洞窟の中は真っ暗で、ライトを照らしました。
その壁は、鍾乳石のようでした。

DSCN3425.jpg






まさに鍾乳石。

DSCN3424.jpg






2_201801032222584d7.jpg






4_2018010322230169d.jpg






1_20180103222257672.jpg






暗くてうまく撮れませんが、秋吉洞の黄金柱のようになっています。

6_20180103222949590.jpg






石筍に苔?のようなものが生えた感じのものがいくつもポコポコとありました。
それと、立っている地面の下が大きな空洞になっているような感触がありました。
気になります~~~~!

3_20180103230517797.jpg







100歳になったときに見に来ても、まだたいして変化しないでしょう、、、。
数千年経過したら、大きな鍾乳洞になっているのでしょうか。
見たいなーーーー!

5_20180103230518506.jpg







洞穴の入口を見上げたところ。

DSCN3430.jpg






洞穴の外の風景。
切り立った岩が印象的でした。

DSCN3435.jpg

私、ここ好きです。






テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

八曾山 ~山の神、黒平山~

八曾モミの木キャンプ場(10:37)→岩見山(11:36)→パノラマ展望台(11:58)
この先、黒平山(八曾山)→八曾滝→モミの木駐車場のルートです。
『八曾山』は、標識では『黒平山』と記されています。
(山名は国土地理院の地図には『八曾山』となっ ていて、山頂の山標と犬山市のガイドマップは『黒平山』となっています)



12:22
パノラマ展望台から林道に戻り、『山の神』の看板に出ました。
手作りで味のある看板です。
この看板の赤い道をよく見ると、赤い色で小さな鳥居が書かれていました。
地図に沿ってこの看板の右側を少し行くと、石碑がありました。

山の神




山の神
山の神に感謝。
山の神の傍には、シキミが生えていました。
自生ではなく、誰かが植えた感じでした。

山の神

ところで、シキミの熟した果実は星のような形で、中華風の煮豚など作るときに使う「八角」とそっくりですが猛毒です。
主な成分は神経毒のアニサチンで、中毒症状は全身けいれん、おう吐、意識障害などです。

最近は、インフルエンザの治療薬として吸入薬のリレンザやイナビルが即効性があり主流のようですが、シキミからはじめて発見されたシキミ酸は、「タミフル」の原材料と深いかかわりがあるようですが詳しいことは知りません・・・





沢を越えて行きます。
日が射して楽しそうでしょ( *´艸`)
キャンプ場から来れるので、整備された登山道で安心です。

橋




登山道が二筋に分かれたところで山側に行ったら184高地と書かれた標識と、造りかけの何かがありました。
休憩舎か何か・・・

184高地?

その付近は道が薄かったので、戻って谷側の道を進みました。



登山道脇の植物には時々名札が付いていました。
「クロモジ」は高級つまようじ、と誰かに聞いたことがあったので香りを確認してみました。
どこかスッとした香りがしました。
箸を忘れた時、クロモジを箸にしてお弁当を食べたいですね。
・・・わざと忘れよっと。

クロモジ





シダが茂るスギの林。
綺麗です。

シダが茂るスギ林




黒平山(八曾山)まであと五分。

黒平山へ





ヤブツバキ
花が少ない季節、ヤブツバキが咲いていると嬉しいです。

ヤブツバキ



標識に従って黒平山に向かうと、朽ちた祠のようなものがありました。
その横を通ります。
祠の横の道をひょいと上がるとすぐ山頂ですが、道なりに緩やかに進むと山頂の周りを一段下で一周する石垣のような道になりました。
石垣がある理由が、山頂に書かれた説明で分かりました。

朽ちた祠




13:00
ひょいと登ってまずは山頂に到着。

黒平山





黒平山は八曾山のことです。
標高327m。

黒平山





1878年(明治11年)に再建された『宗岳寺』の名残が、周りの石垣であり、祠であり、途中途中の石段だったようです。
今はひっそりと、この小さな祠だけ残されているようです。

説明





二等三角点 (点名 黒平)
鹿の角みたいな小枝。

三角点





ランチタイム。
と言っても、岩見山でバームクーヘン食べて、ここではこれだけ(*´Д`)
家ではカップ麺を食べないのですが、山では食べてみたくなります( *´艸`)
ちなみにスープは塩分が高いので、空のペットボトルに移し替えて持ち帰ります。

シーフードヌードル



山頂の祠を奥に行くと、一段下の石垣の上を歩く道になります。西、北、東に展望が良く、
山頂の周りをぐるりと回ると、最初の朽ちた祠のような所に出ます。

岐阜市 金華山、百々ケ峰
写真では薄いけど、伊吹山ドーン!

岐阜市






白山
美人ですね~
雪がない季節に行ってみたい山です。

白山




能郷白山
手前はリトルワールド。

能郷白山





中央アルプスと恵那山

恵那山





朽ちた祠の前まで来たら、来た道を少し下り八曾滝方面に降りていきます。

八曾滝方面に





途中で、春日井三山の道樹、大谷、弥勒山が見えました。
山々の連なりが綺麗でした。

春日井三山




八曾滝




13:56 八曾滝(山伏滝)

          八曾滝

八曾滝は落差約20mの堂々とした滝でした。
少し前に載せたので詳しくは、コチラを見てくださいね。





滝を過ぎると、沢沿いの道を下って行きます。
ひんやりとした空気で、夏は気持ち良さそうな道でした。

谷沿いの道






管理小屋がありましたが、今は使われていないように見えました。
キャンプシーズンは営業するのかな。
トイレもありましたが、入ってみる勇気はありませんでした・・・( *´艸`)

管理小屋




このままモミの木キャンプ場まで林道歩きとなりました。
途中でパノラマ展望台に行く道もあったので、駐車場から反時計回りに登る場合はその近道もアリですね。
約20分続いた林道は、松ぼっくりを蹴りながら歩きました・・・

林道



14:42 モミの木キャンプ場到着

活動時間 4時間12分 
移動距離 9.44km


軌跡図






さてさて帰りに。
気になっていたものを食べました。
バレンタインデーまでの期間限定で発売されていた、『クロノワール』
八曾山に行ったのは、2月11日(建国記念の日)。
期間限定はあと二日でした。

コメダ




コメダ珈琲の看板メニュー、通常版は『シロノワール』
焼き立て熱々のクロワッサン生地の丸いパンの上に、白いソフトクリームが乗っているのですが
『クロノワール』はチョコレートソフトクリームにチョコレートソースがかかっています。
追加で(無料)シロノワール用のシロップもかけれるのですが、
もうこれで十分!
熱々の上に乗った冷たいソフトクリーム。


クロノワール


クロワッサンとソフトクリーム、チョコレート、すんごい高カロリーです!!
帰ってから調べてみたのですが、シロノワール899kcal !
クロノワールは非公開でした。
チョコだからそれ以上として、半分こして食べたので、だいたい500kcal !

期間限定に踊らされましたが、通常のシロノワールを食べたのも、人生で3回くらいしでした( *´艸`)


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

八曾山(はっそさん) ~モミの木キャンプ場から岩見山~

八曾山(はっそさん)は愛知県犬山市東部にあり、標高327mの山で、周辺地域は、国の「八曽自然休養林」に指定されています。


2016年2月11日(木曜日)建国記念の日

名古屋ICから、中央道「小牧東」経由、49号線で入鹿池方面に向かいます。
帰省するときに通る、赤い大きな『入鹿大橋』は渡らず、手前の、「八曾モミの木キャンプ場」を目指します。
朝ドラを見てから洗濯物を干して出かけて、駐車場到着は10時半頃でした。



10:20 入鹿大橋は渡りません。
八曾モミの木キャンプ場へ参ります(^_-)-☆

入鹿大橋





キャンプ場の駐車場。
管理室とトイレがありました。
シーズン中は駐車料金500円と聞きましたが、冬場は支払いの場がなくて・・・。

駐車場





10:37 登山口
巖頭洞(がんどうがま))コースを歩きます。

巖頭洞(がんどうがま)コース




手書きのコース案内は、所要時間がわかりやすかったです。
岩見山→パノラマ展望台→黒平山(八曾山)→八曾滝→モミの木駐車場のルートです。
この先も『八曾山』は、標識では『黒平山』と記されています。

手書きのコース案内

登山道は整備されて歩きやすく、木漏れ日が射す明るい道でした。
しばらくほぼ平坦な登山道です。


10:46 五段の滝

五段の滝



いち、に、さん、、、と数えても四段しかわかりませんでしたが、緩やかな優しい滝が流れていました。
夏は涼しそうです。

五段の滝




五段の滝





沢を何度か越えますが、この橋は土砂を濾す働きもしていました。

沢





ここは名前がない淵ですが、夏は水遊びができるのかな・・・( *´艸`)

沢





目の前に岩山が姿を現しました。あの岩の麓に巖頭洞(がんどうがま)という洞窟があるそうですが、この日は寄りませんでした。
なんで寄らなかったかな・・・今になってそう思うと、また近々行きたくなりました。

巖頭洞





「岩見山」に向かいます。

岩見山へ




11:22 見晴らしのいい岩に出ました。ここは岩見山ではありません。
岩の上に立つと、360度の眺望が開けていました。


岩




巖頭洞山は、焼山とも言うそうです。遠くに白い伊吹山。

岩




岩




DSCF0604_20160220145210a1e.jpg



入鹿池と犬山の山々。

風景





今日の目標、八曾山。

DSCF0598_20160220145205e65.jpg




白山

白山





能郷白山

能郷白山

この季節は、遠くの山々が白く綺麗に見えて嬉しくなります。
日が当たって白く輝いて本当に綺麗です。
毎年スキーに出かけていた頃は、真っ青な空に銀色に輝く雪景色にも見慣れていたような気がするけど
今は遠くから眺める雪山に満足です( *´艸`)




岩見山はすぐ目の前。

岩見山




11:36 岩見山頂上

岩見山展望台





たぶん、この巖頭洞(がんどうがま)の岩山がよく見えるところから「岩見山」という山名になったような感じです。
他にはあまり展望がなく、先ほどの岩の方が居心地良く感じました。

岩見山




能郷白山の姿も見えました。

能郷白山


この季節、里山に登る楽しみの一つとして、遠くの雪山が綺麗が見えるととても嬉しいです(#^^#)





岩見山をゆるく下り、八曾滝、車道の方に向かうと、一旦林道に出ます。

八曾滝へ




林道に出ると、休憩舎がある広いパノラマ展望台が遠くに見えます。
パノラマ展望台にはヘリが降りれる広場があります。山火事対応のヘリポートのようです。


11:58 パノラマ展望台
この広場には人影がありませんが、休憩舎では家族連れと若者グループで賑わっていました( *´艸`)
とても楽しそうでしたー

パノラマ展望台


パノラマ展望台の名の通り、360度の展望が開けていました。
一般車両は、モミの木キャンプ場までですが、緊急車両はここまで上がって来れるようです。
この辺りは、標高230mくらいです。

御嶽山




赤い屋根はリトルワールド。

白山




赤い橋は入鹿大橋。

入鹿池




しばらく景色を堪能して、八曾山に向かいました。
登山口からまだ1時間半です。
風がなく、陽射しが暖かい休日の、のんびり山歩きの記録は更新ものんびりになりました(´・ω・`)



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
ポチ