寧比曽岳③ ~伊勢神湿原と伊勢神宮遙拝所~

晴天に恵まれ遥か彼方の山々が遠望できると、見晴らしの良い寧比曽岳頂上はとても居心地が良く長居しました。
来た道で下山しますが、途中で木立の間に見えた木道がある湿原に寄り、朝は車道を歩いてきたところは登山道を通ります。
寧比曽岳頂上→太多賀峠登山口→伊勢神裏谷ルート→伊勢神峠登山口→駐車場

①伊勢神裏谷ルート
②寧比曽岳頂上


11:40 下山開始

12:21 太多賀峠登山口

12:43 伊勢神湿原

DSCF0397_20170607072053d77.jpg

伊勢神湿原
大多賀峠と伊勢神峠を結ぶ東海自然歩道の途中にありますが、すぐ横にある旧・県営「憩いの村愛知」は2001年に閉鎖され、その後管理する人もおらず荒れ放題となり、今は豊田市自然愛護協会が管理されているとのことでした。

「・・・ミズゴケの多い湿地にはバイケイソウ、ノハナショウブ、サワギキョウ、ゴウソ、タニヘゴ、ノギラン、ヒメアギスミレなどがあり、湿原周囲にはノリウツギ、ウメモドキ、イソノキ、イヌツゲ、オトコヨゾメが多く、アカマツ、アセビ、ハリギリ、リョウブなどがその外周にあり、ウメガサソウ、イチヤクソウ、ママコナ、クモキリソウ、クルマバハグマなどが見られる・・・」

とのことですが、干上がってしまったことがあるのか、寂しさが漂っていました。
少し楽しみにしていたので残念でした。
木道は健在です。

DSCF0400_20170607072058279.jpg







DSCF0398.jpg







トボトボ歩いていたら、トンボと目が合った。
ん、こっち見てる。

DSCF0404_20170607072102a56.jpg







唯一咲いていたバラ科の木。

DSCF0402_20170607072059a64.jpg







ギンちゃんも見~つけた!

DSCF0399.jpg






DSCF0407_201706070721041e6.jpg






想像と違った荒れた湿原が残念でしたが、気が付いたら辺りではセミの声が響いていました。
姿は見えませんが、大合唱です。

DSCF0408.jpg







梅雨入り前(6月4日)に鳴くセミは、ハルゼミでしょうか。

DSCF0409.jpg













登山道から見える所に、アンテナ発見。

DSCF0410_20170607072338318.jpg







辺りには資材が散乱していました。

DSCF0413.jpg







『無線システム普及支援事業』と書いてありました。

DSCF0411.jpg







13:25 伊勢神宮遙拝所

DSCF0415_20170607072342a84.jpg







伊勢が見える峠、、、いせがみ峠、伊勢神峠、、、が語源でせうか。

DSCF0421_20170607072345813.jpg







多くの庶民にとって、伊勢神宮参詣は「一生に一度」とも言える大きな夢だった時代。
車社会、近鉄も便利な豊かな現代に暮らす一庶民としては、奥三河の山の中からお伊勢さんを遙拝する気持ちを想像すると、なんだか切なくも感じます。

DSCF0428.jpg






DSCF0419_20170607072344681.jpg






DSCF0422.jpg







DSCF0425.jpg







DSCF0427.jpg







遙拝所の木陰で、静かに咲いていました。
ナルココユリ

DSCF0431.jpg







ウマノアシガタ

DSCF0434.jpg








ギボウシの葉っぽい。

DSCF0436.jpg







フタリシズカの4人バージョン

DSCF0446.jpg







セイタカサギゴケ(背高鷺苔) ゴマノハグサ科

DSCF0442.jpg







ナンテンショウの一種

DSCF0440.jpg







伊勢神宮遙拝所から林道をグネグネ下って伊勢神峠の登山口に降りると、「豊田市100年の森づくり構想」の石碑がありました。
平成17年の大合併で、豊田市は森林都市になりましたね。

DSCF0447.jpg






中馬の難所 伊勢神峠
「三河と伊那谷を結ぶ伊勢神峠は街道の変遷を知る交通博物館ともいえる。
中馬や善光寺参りの善男善女が歩いた峠の道(標高800m)馬車通行のため明治30年に造られた旧トンネル(標高705m、長さ308m)戦後自動車の大型化によって昭和35年にできた新トンネル(標高640m、長さ1245m)がある。
なお峠には伊勢神宮遙拝所もある。」と書いてあります。

DSCF0450.jpg







13:50
左の坂道が、伊勢神宮遙拝所に続きます。
道なりに右に行けば、20台程度駐車できる駐車場があります。
そして、まっすぐ先には旧伊勢神トンネル(伊世賀美隧道)があります。
心霊スポットとして、私が二十歳前後の頃肝試しに来た友人が何人もいました。

DSCF0451_20170607072537aab.jpg







旧伊勢神トンネル(伊世賀美隧道)
ザックにあるヘッドライト灯して中を歩いてみたかったのですが、やっぱりちょっと怖かった・・・

DSCF0454.jpg

1897年(明治30年)11月竣工。延長308m、高さ3.3m、幅員3.15m。
1960年(昭和35年)に現在の伊勢神トンネルが開通したため、ほとんど使われていませんが通行可能です。

2000年(平成12年)9月26日には国の登録有形文化財となりました。
中は照明がなく真っ暗で、出口がぼんやりと少しだけ明るく見えました。







『伊世賀美』と書くのですね。
暴走族の当て字みたい。

DSCF0453.jpg






トンネルの手前で、ユキノシタがひっそりと咲いていました。

DSCF0457.jpg







14:00 駐車場到着。
朝の先客はもう帰られたようで、今日は合計2台だったのかな。

DSCF0458.jpg

6月ですが涼しい山歩きで、日帰り温泉に寄らずに早めに帰宅し、茶臼山芝桜まつりの渋滞に合うこともなく快調でした。






ねびそ_伊勢神峠


活動時間 5時間58分
活動距離 10.86km





山歩きに出かけた日は、疲れて夕食を作るのが毎度おっくうに感じるのですが、寧比曽岳から帰ると田舎の母から『ほうば寿司』が届きました。

FullSizeRender_201706081519095c1.jpg

『ほうば寿司』は初夏の郷土料理で、私は一番大好きです。
長靴を履いて山に行き、一人で朴ノ木の葉を採り、一枚一枚布巾で拭いて、酢飯と具を載せて御櫃(おひつ)に収めて重しをします。
そんな母の姿を想いながら美味しくいただきました。感謝。



スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

寧比曽岳② ~山頂の眺望~

伊勢神峠からゆっくり登り約2時間で、寧比曽岳頂上に到着しました。
木々に囲まれた登山道から見晴らしの良い頂上付近に出るとすぐ、「ここ、すごくいい景色ですよ~!」とトレランの方に声を掛けていただきました。その場所に立つと、雲の少ない青空の中に南アルプスが遠望できました。
太多賀峠からの登山道は全く眺望がなく樹木が茂る中をもくもくと登っての登頂なので、開けた山頂の風景を目の前に知らないひと同士みんなで共感です。
そんな体験も山歩きの醍醐味ですね。


寧比曽岳①伊勢神峠から山頂まで








2017年6月4日 10:05 登頂
寧比曽岳(ねびそだけ) 標高1121m
ほぼ360℃の眺望で、運がいいと富士山まで見ることができるのです。

DSCF0372_2017060611413742f.jpg









三等三角点<大多賀>
明治21年埋標、昭和62年観測。
シンボルツリー ベニサラサドウダンの下に半分埋もれています。

DSCF0377_20170606114140ec8.jpg








南アルプスの3000m級の山々。あそこ歩きたいなー
中ほどでちょこんと小さな形のいいお山は、愛知県最高峰の茶臼山。

DSCF0355_20170606113933ec8.jpg









恵那山と大川入山。

DSCF0349_20170606113933089.jpg









見えるような見えないような、、、白山。、、、白山方面。
「念じて見れば、見える!」
居合わせたひと達と笑いながら眺めました。

DSCF0390_201706061142180a0.jpg









すぐ近くの筈ヶ岳(はずがたけ)の向うに、猿投山、鈴鹿山脈、伊吹山!

DSCF0360.jpg









名古屋駅のビル群と鈴鹿の山々。
藤原岳はザレているので遠くからでもすぐわかりますね。
かっこいい山容の鎌も!

DSCF0363.jpg









山頂の東寄りから見える、御嶽山。

          DSCF0370_20170606114133954.jpg








御嶽山。綺麗です。

DSCF0371_201706061141357df.jpg








山頂には1時間半いたので、御嶽山の雲の様子も変わりました。
長く伸びている灰色は噴煙でしょうか。

DSCF0380_20170606114143d36.jpg








納古山の広報活動中!
「のこT?七宗の道の駅にあります。」
「なんて読むの?」「どこの山?」
のこTを着て行くと、山で人気者になれる。(笑)

DSCF0374_20170606114138d17.jpg









頂上のシンボルツリー、ベニサラサドウダン(紅更紗満天星)

DSCF0387_20170606114157f29.jpg









可愛らしいお花です。

DSCF0346_20170606113930312.jpg









DSCF0375_20170606114146e45.jpg









ウマノアシガタ

DSCF0378_20170606114142cf8.jpg









タテハの種類っぽい。
蝶がひらひら舞って、ふわりと地面に降りました。
取っておきたいくらいの、長閑な時間でした。

DSCF0386_20170606114148280.jpg








山頂の東屋には、北側と南側に温度計があり、14℃、12℃。
晴天でしたが風が涼しく感じ、おにぎりとカップ麺を食べたら眠くなりウインドブレーカーを羽織りました。
東屋には富士山遠望スポットもありますが、う~~ん、、、見えるような、見えないような。

DSCF0352_20170606130131ce2.jpg








『愛知高原国定公園。
三河高原最高峰、寧比曽岳で恵那コースとの分岐点です。
香嵐渓・奥矢作湖方面は恵那山、御嶽山、南アルプス、三河の山々を望み、一方設楽方面は、「森林の輪廻」を見る裏谷高原へのコースです。』と書いてあります。

DSCF0376_20170606114140d80.jpg








11:40 名残惜しいですが、下山します。
太多賀峠を経て伊勢神峠方面に来た道を下りますが、朝は車道を歩いたところは登山道を通ります。

DSCF0382_20170606114145b27.jpg




下山は、伊勢神湿地を通ります。
第3章に続きます。



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

寧比曽岳(ねびそだけ)① ~伊勢神裏谷ルート~

寧比曽岳(ねびそだけ)は、愛知県豊田市の北東部に位置し標高1121m。
三河高原の最高峰で、山頂は東海自然歩道が分岐しています。

山頂は展望が良く、白山や南アルプスなどの山々が遠望できます。
昨年は段戸湖から登りましたが生憎のガスで眺望はさっぱりだったので、梅雨入り前の貴重な晴天だった日曜日に出かけました。
少ない休日に体力を温存すべく、最短距離の太多賀峠からのルートも頭を横切りましたが、歩き足らず不完全燃焼になりそうなので太田賀峠より少し手前の、伊勢神峠からのルートで登りました。
(内心、伊吹山にも登りたいなぁ・・・とも思いながら、体力の消耗が少なくて済む寧比曽岳に決めました。)




2017年6月4日 日曜日

自宅出発6時。
猿投グリーンロード力石ICから、R153を北上し足助に向かいます。
茶臼山芝桜まつりの影響か、交通量が多く感じましたが渋滞はありません。
いつもの足助のセブンで休憩し、伊勢神峠に向かいます。
7時30分、登山口付近の駐車場に到着。
20台近く停めれそうな広い駐車スペースには、先客が1台。
車の中で朝食を摂り、8時前には支度ができました。

登山口は、道路を少し戻った伊勢神峠の旧伊世賀美トンネルの手前ですが、間違えて道路を上手に歩いてしまい100m程度で気が付きましたが、地図上ではそのまま登山道と合流できるようだったのでしばらく車道を歩き、予定通り脇から登山道に入りました。



DSCF0293_201706051603192f1.jpg







下山時に撮った登山口付近です。
黄色い幟の立つ道が『伊勢神遙拝所』を経た登山道で、ここに下山しました。
直進は心霊スポットで有名な『旧伊世賀美トンネル』、道なりに右にカーブすると駐車スペースがあります。

DSCF0451.jpg








7:30 駐車場到着

DSCF0294.jpg








7:55 登山口に向かいます。
間違えて車道を上がって行きましたが、この先、登山道に合流できます。

DSCF0295_2017060516032269c.jpg








道路わきで見つけたスズタケの花。
昨年は寧比曽岳麓の段戸湖で、120年ぶりに広範囲でスズタケの花が咲きました。
120年に一度なんて、生きているうちにもう見る機会がないと思い見に来ましたが、今年も見れました。

DSCF0296_20170605160323e95.jpg








何度見ても地味ですね。

DSCF0297_20170605160324189.jpg








8:20  15分ほど車道を歩いて、登山道に入ります。

DSCF0298.jpg








DSCF0299_20170605160327634.jpg








広葉樹の林を抜けると間伐された杉林になりました。
東海自然歩道の看板があり明るい登山道です。
この先山頂まで登山道は樹木の中をもくもくと歩き、展望は全くありません。

DSCF0300_20170605160329a71.jpg








古く錆びた東海自然歩道の看板には、『寧比曽岳裏谷コース』と書いてありました。

DSCF0301.jpg








多くの登山者が登る『太多賀峠』まで2km。

DSCF0302_20170605160550fe2.jpg








クマに注意。
東北ではクマに襲われたニュースが度々ありましたね。
ご用心。

DSCF0303_2017060516055225b.jpg








ツキノワグマ注意。

DSCF0333.jpg








クマが注意!

DSCF0448.jpg








銀竜草(ギンリョウソウ)があちこちに生えていました。

DSCF0304_20170605160553b98.jpg








真っ白で綺麗です。
別名ユウレイダケ。
幽霊というより、妖精っぽい。

DSCF0306_20170605160554c4a.jpg








コアジサイ

DSCF0308_201706051605585a9.jpg








登山道脇にも、スズタケが咲いていました。
来年はもう見れないかもしれないから、よく見ておこう。

DSCF0309.jpg








クイズです。
ここに、生き物が隠れています。
どこにいるでしょ~か!

DSCF0313_20170605160602b4b.jpg








ここでーす!ここ、ここ!

DSCF0311_201706051606003c1.jpg








木々の間に、木道を見つけました。

DSCF0316_20170605160758faa.jpg








8:46 『伊勢神湿原』
地図にはなかったのでうれしくて得した気分になりましたが、帰りに寄ることにします。

DSCF0318_201706051607594c7.jpg








六角屋根の休憩所もありました。

DSCF0319_2017060516080015a.jpg








今はさびれている様子ですが、かつては色々な野外活動に使われていたようです。

DSCF0320.jpg







フタリシズカ

DSCF0323.jpg







9:05 登山道はいったん道路に出ます。そこが太多賀峠の登山口で、多くの人がここから登ります。
この道路の奥に駐車スペースがあります。

DSCF0325.jpg








太多賀峠の登山口。山頂まで小一時間。
まずは鉄の階段をカッカッと登ります。

DSCF0324.jpg








DSCF0326_2017060516080895c.jpg








歩きやすい登山道をしばらく行くと、、、
亀がいました。

DSCF0327.jpg








9:12 亀の甲岩。

DSCF0328.jpg








緑のシャワーが降り注ぐ特等席です。
気持ちよか~~
木々の緑が濃く、朝の陽ざしが当たると緑色の光線が当たるように見えました。

DSCF0330_2017060516101079a.jpg








木の根が張り詰めた登山道。

DSCF0334_20170605161015b9c.jpg







見上げると枝打ちされた杉がオブジェのように見えました。

DSCF0331_20170605161012e35.jpg








緑の中に紅一点。
つつじが可愛く咲いていました。

DSCF0336.jpg








足元にはショウジョウバカマの実。
季節は、春から夏へ。

DSCF0339.jpg








緑の奥に、山頂が見えてきました。

DSCF0342_20170605161019876.jpg








コアジサイの群生を右手に。

DSCF0343_201706051610203e7.jpg







大きなベニサラサドウダンが見えたら。

DSCF0357_20170605180359ca5.jpg









10:05 寧比曽岳頂上 1121m

DSCF0347_20170605161022529.jpg

伊勢神峠から山頂まで誰にも出会いませんでした。
クマにも出会わなくて良かったです。
山頂では、登頂時は5組ほどの登山者がいました。




伊勢神峠から約2時間。
途中、太多賀峠からは約1時間。


晴天で風も優しく、霞がかかることもなく遠くの景色まで楽しむことができました。
山頂の様子に続きます。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

寧比曽岳② 濃霧の山頂

寧比曽岳に登ってから、1週間経とうとしています。
PCの調子がいまいちで、立ち上がりに時間が掛かったり、すぐフリーズしちゃったりでイライラ。
7月に入ったと思ったら急に暑くなりました。




段戸湖から登る寧比曽岳、頂上の手前の富士見峠は、樹木に覆われ展望はなしです。
頂上まであと500m。10分。
6月26日 10:32

富士見峠






富士見峠は三叉路になっています。
こちらは、設楽郡側の林道に出るようです。

三叉路





山頂に向かうトンネルは、通称「散歩道」
朝霧の演出が幻想的です。

山頂へ






トンネルでは散った白い花が絨毯のようになっていました。

絨毯






10:51 霧の中に、東屋
うわーー、ガスガス!

東屋





山頂






ねびそだけ 標高1121m

山頂






三角点は、中央のサラサドウダンの根元です。
三等三角点<大多賀>
明治21年埋標、昭和62年観測、らしいけど
埋もれていて読めない。

三角点






深い霧で辺りは見えなかったのですが、綺麗なカキツバタに救われました。

カキツバタ





ガス






一瞬ガスが薄くなると、近くの筈ヶ岳の姿が見えました。
でも、またすぐ隠れちゃう。

ガス






これがこの日の一番。
あとはずっとガスガスでした。

少し晴れる





アマチュア無線部の方。
アンテナ背負って山登り。
誰かと無線でやり取りして楽しそうでした。
現役を退いてからも、多彩な趣味がある人生は充実しますね!

アマチュア無線






深い霧の中で、クマシデの果穂が目立っていました。
霧もなく見晴らしがいい日は、きっと遠望できる遠くの山々の綺麗な景色に気を取られて、静かに立っている木には気が付かなかったかも。
クマはクマでもクマシデ。

クマシデ





霧が晴れるのを待ったけど、今日は無理みたい。40分程度ランチ休憩しました。
梅雨の晴れ間、晴れるのは平野部だけの話かなー。
お昼用に何を持ってこようか家で探したら、カレーヌードルが期限切れになって蓋が少し膨らんでいました。
暑くなるとますます敬遠されるカレーヌードル。いただきます。主婦のあるある。
実はまだ、蓋が膨らんじゃっているパンプキンポタージュ味のもあった・・・💦(ハロウィーン限定?!)
残ったスープは、カラのペットボトルに入れて持ち帰ります(#^^#)
お湯を注いでウロウロしていたら、こんなにふやけてしまいました。

カレーヌードル






標識があるけど、ガスっていてどこに道が続くのも見えませんでした。
もう一度晴れた日に、大多賀峠から登りたいです。
東屋もランチタイム。

東屋






東屋からの景色






南アルプス、富士山も見えるんだって!

東屋からの眺望





松






11:49 富士見峠
では、また笹を漕いで下ります。道に見えないけど、この注意書き看板のところが道なんです。
何人か登ってきたから、朝よりましかなー。

笹藪を下山





笹藪を下山






スズタケはもう十分。120年後にお会いしましょうね。

DSCF6169.jpg





DSCF6171.jpg






終わり掛けの銀竜草。
今年はよく見ました。

DSCF6172.jpg





DSCF6173.jpg






スズタケの花。

スズタケ






うまく枯葉に紛れている、ヒキガエル。

ヒキガエル






ブナの森。

ブナ






13:41
林道に戻りました。
下山は、山頂から約2時間。やっぱり笹藪で時間がかかりました。

林道








すっかり明るい、湖畔の散策路。

モリアオガエルの卵、孵化したてのトンボがいましたが、あまり花は見つけられませんでした。
主役はスズタケの花ですね。

段戸湖






ウツボグサ

ウツボグサ





13:47 下山完了
段戸湖 管理舎横の林道入り口。
「山の日」の幟が、はためいていました。
8月11日 山の日。

山の日 幟

今年は第1回目の山の日。
お盆休みと微妙な位置になりました。
山の日はどこかのお山に行きたいなーって考えていたら、兄弟家族とお食事会をすることになって。
親戚付き合いもたまにはね (^_-)-☆







活動時間 6時間13分 (休憩、湖畔散策含む)
活動距離 12.27km

ねびそ





テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

寧比曽岳(ねびそだけ)①  段戸湖より登る

寧比曽岳は、愛知県豊田市の北東部に位置し標高1121m。
三河高原の最高峰で、山頂は東海自然歩道が分岐しています。

メインの登山コースは、北の伊勢神峠側の大多賀峠に駐車し、片道1時間足らずで登れてしまうのですが、『スズタケ』が一斉開花したという「段戸湖」から登る計画を立てました。

天気予報で梅雨の晴れ間を確認した日曜日。
早起きをして、久しぶりの山行にわくわく。

ねびそだけ

大多賀峠付近から望む寧比曽岳






2016年6月26日(日曜日)

猿投グリーンロードは、朝6時前のゲート通過なら無料なので、「八草IC」を余裕の5:40頃に通過しました。
終点「力石IC」からは、国道153号を足助方面に北上します。
足助風にシックな茶色い看板のセブンで約30分休憩、朝食。
コンビニのコーヒーは税込み100円にしては美味しいです。
一番美味しいと思うのはセブン、次にサークルK、ファミマ。

香嵐渓を通り過ぎ、伊勢神トンネルを超えたところで484号を南下、途中で大多賀峠の登山口を横目に段戸湖に向かいます。
伊勢神トンネルと言えば、心霊スポットとして有名でしたが、それは旧伊勢神トンネルの伊世賀美隧道(いせがみずいどう)のこと。
この伊勢神トンネルでは、何も憑いてこないことでしょう。たぶん。

「段戸湖」は、「きららの森」と名付けられた県内最大級のブナの原生林の入口です。
細い道路をうねうねと下り、7:35 段戸湖駐車場に到着。



県道484号 大雨の時は閉鎖されます。
アユの解禁7月4日。

484号線






7:35 段戸湖駐車場 無料。
帰りは釣り客の車で、ほとんど埋まっていました。
トイレの横から林道に出ます。

段戸湖駐車場





段戸湖






管理小屋に掲示。
最近人里に出てきますが、会いたくありません。
テレビで誰かが言っていましたが、熊鈴は今や「エサを知らせる」合図だとかなんとか。
ここのクマは、まだ人には会いたくないと思う。

くまに注意






トイレの脇から林道へ出ます。
車両侵入禁止。
ここから登山口までしばらく林道を歩きます。

林道入り口





林道






林道沿いには、噂のスズタケが生えています。
開花しているものは少なめで、赤茶色のさやの姿が多く感じました。

スズタケ






ウツギ

ウツギ





クサイチゴ

DSCF6312_20160628133914e22.jpg






カメラマンの目線の先では、ウグイスがさえずっていました。

撮り鳥さん






スズタケが生える林道をしばらく歩きます。

林道






見かける時はいつも蕾。これ、何でしょう。

はな






マムシグサはもう実になっていました。

マムシグサ






「あ!あんなところに!!」
見つけてうれしくなったカーブミラー(^_-)-☆
横たわる木とカーブミラーの間には、小さな谷が流れています。
活躍していたときがあったのですね(#^^#)

カーブミラー







コンクリの五六橋を渡ります。

五六橋




駐車場からの林道歩きに1時間もかかりましたが、スズタケを見て遊んでいました。
ようやく、登山口です。
8:43 東海自然歩道。
寧比曽岳まで5.4km
写真左上にチラリと見えるのは「便所」です。
ありがたいけどできれば使いたくないかも・・・・

ここで橋を渡り、山に入ります。
始めは緩やかな登り坂でしたが、ほぼ平坦かと感じる登山道が続きます。

寧比曽岳へ






登山道では木の橋をいくつか渡りました。
雨上がりなので、木の橋はよく滑ります。

橋







意地悪しそうなタヌキ(#^^#)

たぬき






目が少女漫画の可愛いことり。

ことり






この辺りは、領家変成岩というらしい。
花崗岩の一種。

裏谷高原 領家変成岩






ブナとヒノキ

ブナ






登山道でもスズタケは開花していました。

スズタケ






両側にスズタケが生い茂ります。

スズタケ





スズタケ





スズタケ







山頂まであと3.1km。
団体さんでも休憩できます。

この先、富士見峠を過ぎてから、総勢40名の団体さんとすれ違いました。

休憩所






東海自然歩道の里程標
ここからは東京のほうが近い。

道標






ブナとササ






コアジサイ

はな






雨上がり、この橋もよく滑ります。

橋







ヤマアジサイ

ヤマアジサイ






タツナミソウ

タツナミソウ






山頂まで、あと1.2km。
ここまでほぼ平坦と感じる、緩やかな起伏の登山道でしたが、ここからは登り坂になりました。

ベンチ







終わりかけのギンリョウソウ。
らっきょみたいで可愛い(#^^#)

ギンリョウソウ







コップが置いてあるので飲めそうですが、雨上がりは濁っているのでやめましょう。

水場







今回一つだけ見つけた、ササユリ。

ササユリ







さて、ここから笹藪が始まりました。
こんなに茂っているとは知らず。
昨日までの雨と、朝露でべたべたです。
ダニがいそう。
ヒルもいそう。
早朝で人の足跡は一人分あったけど、クマには会いたくない。
大きな声で、「通りまーーーす!!」と言いながらササを漕いで行きました。

笹藪






これ、私の顔の前の様子です。
泣けてきますね。
撤退したいけど、山頂まであと少しなんだ。

笹藪







明るくなった!!

笹藪






10:32
ササ藪を登り切ると、富士見峠に出ました!
富士見、と言っても、樹木に囲まれ展望はありません。
「・・・富士山まで眺めることができました。」と過去形になっている。
富士山が見えたのは、何年前なんだろ。

富士見峠






富士見峠。
木のベンチと、便所があります。
頂上まで500m。あと10分。

富士見峠






笹藪を抜けた後は、ヒル&ダニチェック!
ザックのポッケに入れたペットボトルに、ミミズみたいなヒルが2匹付いていました。
吸血系ではないやつですよね。
靴やズボンの中は何もいませんでした。

ヒル






そして、便所。ありがたいですが、トイレとは言い難い。
何か出そう。
いざとなったら背に腹は代えられませんが、スルーしました。
山頂の東屋に、「トイレまで10分⇒」の案内がありました。
うふふ。ここですよ。ここ。

便所


この薄暗い木立のトンネルの先に、山頂があります。


つづく。





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ