初参加!ウィメンズマラソン

3月11日、名古屋ウィメンズマラソンに人生初の参加をしました!
42.195kmのフルマラソン、総参加者23713人。
名古屋の中心部を走るウィメンズマラソンに、いつかは参加してみたいという思いを重ねて、ようやく、ようやくです!


2018年3月11日 日曜日 晴れ時々曇り
最低気温1℃ 最高気温14℃
風がなく、マラソン日和となりました。


7:00 手荷物預け開始
8:40 スタートブロックへの整列完了
8:45 スタートセレモニー
9:10 マラソンスタート

14:46 黙祷

3月11日は東日本大震災から7年目。
14:46に1分間の黙とうを捧げるため、制限時間は7時間1分です。




手荷物預けの前にトイレに行っておこうと、ドーム外のトイレの長蛇の列に加わる。
そうか、こんなに並ぶから早々の地下鉄のトイレも20人くらい並んでいたんだね。
20分くらい並びながら、エネルギーのゼリーをごくごく。
早めに現地到着していてよかった。仮設トイレにもたくさん並んでいて、ブロック整列に間に合わなかったひとは最後尾からのスタートだったみたい、、、><
もし、もし来年もこの機会があるとしたら早めに行ってまずはトイレの列に加わるべし。
ちなみに、3月11日は6時半に家を出た。

スタートブロックへの整列。

2018031214365201d.jpeg





ランナーたちが、決められたスタートブロックへ移動。
魔女のキキがいました。
肩にはジジ、手には小さなほうきも持っていましたよ。

IMG_3178_20180312163359e93.jpg






ゲストランナー紹介。
スタートセレモニーの司会はお馴染みZIP-FMのナビゲーター ケン・マスイさん。
聞きなれた声に少しほっとしました。
ステージが遠くてよく見えなかったけど、オフィシャルサポートランナーとして、鈴木莉紗さん、岩本ライラさん(モデル)
チャレンジランナーでSKEの3人。

ステージは遠いので良く見えないけど、周りのランナーさんたちは色とりどりで華やかで、見ていて楽しかったです。
フラの衣装のひとは、足元ビーサンみたいなのでした。凄い!



どの辺りだったか覚えていませんがコース途中の街路樹の陰で、『撮影禁止』の札を立てて応援していた女の子たちも、多分SKEのメンバーだったかな。
アイドルの男の子も一緒にいました。
その時はよくわからないまま走りながらハイタッチしました、、、。





倉木麻衣さんの国家独唱。
線の細い、澄んだ君が代でした。

IMG_3186.jpg





スタート
ぞわぞわ動き始めて、私がスタートしたのは数分後。

IMG_3191.jpg






ドアラは、『あせるな、おちつけ』と言っています。

IMG_3194.jpg





堀田から折り返してくるエリートランナー集団です。
第一陣は少し前に通り過ぎました。
速い、速い!「がんばってくださーい!」と走りながら応援。

エリートランナー





桜通。

IMG_3201.jpg





御園座がモダンで綺麗な建物になっていました。

IMG_3205.jpg





名古屋市役所。本日二度目。
名古屋城も綺麗に見えました。
お城の東側は緩い坂道で、復路の登りがきつかったです。

IMG_3207.jpg

スマホのカメラで撮影しながら走りましたが、混雑していることと、走りながらの操作がうまくできなかったこと、途中で画面にバナナがべっとり付いてしまってさらに操作が困難になったりして、写真少なめです。

42kmは未知の世界で完走できるか不安でしたが、途中で歩くことは殆どなく、完走することができました。
20kmを過ぎると、給食で一口サイズのバナナ、パン、愛知県特産品のレンコンチップス、八丁味噌かりんとう、シラスちりめんせんべい、ふところ餅、青柳ういろう、茶豆、、、など。
それと、個人で提供してくださっているひとのチョコレートや一口ゼリー、コーラ、、、。
脱水になることも、おなかが空いたと感じることもなく、身体の痛み以外は順調でした。
公式に冷却スプレーが置かれる場所以外に、個人で冷却スプレーを用意して、疲れた足にスプレーしてくださるかたがみえました。おそらく、マラソン愛好家のおもてなしおじさま方です。
ほんとうに感謝です。

マラソン初心者、フルマラソン初体験の私は、25km辺りで足がつり、「つってる、つってる」と思いながらなんとか走り、30kmの看板を見たら少し目頭がじんわりきました、、、。まさか走れると思わなくて。
他のランナーさんからも「歳、いくつ?」とか「元気でるわー、ありがとう!」とか「また会ったね!」とか、声を掛けてもらうことが大きな力にもなりました。
25km以降は何度もくじけそうになりましたが、「元気出して!」「がんばれ!」とたくさん応援してもらって頑張ることができました。
ほんとうにうれしかったです。
40km辺りで安室ちゃんのHeroが生で演奏されていて感極まり、ドーム寸前のラストでは大勢のひとが「おかえり~~~!」と声援を贈ってくれて。





約5時間。
フィニッシュ!!

IMG_3209.jpg





おもてなしタキシード隊のイケメンから、念願のティファニーのペンダント!!

IMG_3212.jpg

ティファニーの小さな箱は、6人くらいのタキシード隊が待ち構えていたのだけど、疲れ果てたカラダでも誰からもらうか瞬時に判断したりして、、、。




ティファニー他完走賞をいただき、給水(ペットボトルをいただく)ごくごく飲みながら流れに進んで、ゼッケンに付けられている計測チップを外して手荷物受取り。
荷物を抱えて、給食コーナーでパンやバナナをいただき、更衣スペース(ナゴヤドーム内通路)で着替えました。
体中痛くて、イテテ、イタタタ、、、と言いながら、周りの人たちも同じで、笑いながら、なんともほっとできたひとときでした。




完走者の特典
・ティファニーペンダント
・フィニッシャーTシャツ
・フィニッシャータオル
・メナード化粧品の薬用ビューネ ミストローション

IMG_3216.jpg

荷物を受け取ってから、給食のバナナ、Pascoのパン、ヴァームゼリー、アクエリアス、いろはす(水)
梅のおにぎりを持参したので、パンもバナナも食べれずに持ち帰りました。

ランニングドクターはAEDを背負って走っていました。
医療スタッフ900人。
AED147台。
コース上の救護所17か所。
10000人を越えるボランティア。
そして、地域の方々に感謝、感謝の一日でした。





地図






追記  翌々日


DSCN5027.jpg

もったいなくて簡単には開けれず、二日後の朝、静かに箱を開けました。
デザインはスプレーマム(スプレー菊)。




筋肉痛は当日夜がピークで、足、腰が痛くて眠れませんでした。
微熱もたぶんありました。
湿布を貼ろうと思ったらなくて、、、><
翌朝は起きれるか心配でしたが、寝ていないので起きれました。
月曜日湿布を買い、大腿部、ふくらはぎに貼り、夕方にはずいぶん治まり、火曜にはほぼ治りました。

あー楽しかった。

スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

マラソンEXPO 2018 名古屋

マラソンEXPOは、3月11日開催の「名古屋ウィメンズマラソン」と「名古屋シティマラソン」を盛り上げるイベントで、会場は名古屋ドームだがね。

DSCN4740.jpg





マラソンのナンバー受付と、マラソンエキスポ。
マラソンエキスポは、ランナーでなくても誰でも入れます。

DSCN4694.jpg





全体の様子。
土曜日は、竹内涼真くんのトークショーがあるので混雑間違いなし!と思ったので、金曜の午後行ってきました。

DSCN4696.jpg






メインスポンサーは、昨年はNIKE(ナイキ)だったけど今年はNB(ニューバランス)みたい。

DSCN4698.jpg






メナード化粧品。
日曜は晴れで最高気温15℃。紫外線対策は抜かりなくですぞ。
ここでは、お肌のチェックやらなんやら。

DSCN4699.jpg






ピップのテーピング講座。

DSCN4702.jpg





メナードの「ビューネくん」こと、竹内涼真くん。
『陸王』の茂木選手のほうがいいな。

DSCN4718.jpg

写真撮ってたら、「ご一緒にどうですか」って言われて、この等身大パネルの横に立って写真撮ってもらったけど、恥ずかしくて載せれまてん。




DSCN4700.jpg





第一生命では、ランニングマシーンでフォームを見てもらったり、肌年齢、血管年齢の簡易チェック。
肌年齢34歳、血管年齢42歳でしたよ。簡易チェックだけど、、、、にんまり。

DSCN4703.jpg





ランニングマシーンも体験。

DSCN4735.jpg





NEW BALANCE(ニューバランス)のパネルには、走る人全員の名前が書いてあります。

DSCN4726.jpg





DSCN4725.jpg






DSCN4724.jpg





こんなカンジの撮影スポットがいくつかありました。

DSCN4733.jpg






ここを駆け抜けて、

DSCN4710.jpg





フィニッシュ!!

DSCN4705.jpg





テファニー。。。

DSCN4713.jpg





フィニッシャーTシャツ。

DSCN4712.jpg






この日もらったもの。
・メナード化粧品の少し大きめのサンプルwithポーチ
・パンフレット(出場者名簿)
・ナンバーカードwith安全ピン
・がんばろう日本のステッカー
・荷物入れビニール袋
・なごやんは、敷島パンの列に並んでいたらもらえました
あと、ビスコとかミネラルウオーターや、シャンプーサンプルとか柔軟剤サンプルとか。

DSCN4750.jpg


第7回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン 参加しました!

晴天の日曜日、金華山を眺めながら長良川の畔を走り抜ける、「ぎふ清流ハーフマラソン」に参加しました。
「ぎふ清流ハーフマラソン」は、今大会から国際陸上競技連盟の格付けで最高ランクのゴールドラベルに認定され、ハーフマラソンでは国内初です。
国内でゴールドラベルのマラソンは、他に東京マラソン、びわ湖毎日マラソン大会、名古屋ウィメンズマラソン、福岡国際マラソン選手権大会。
格付けの難しい詳細はよくわかりませんが、たいへん名誉なことで、高橋尚子さんが監修したコースの岐阜の町並みを走るのがとても楽しみでした。







岐阜市にとって今年は、織田信長公が「岐阜」と命名し、岐阜城に入城以来450年の記念の年です。
JR岐阜駅では、黄金の信長像が朝日に輝いていました!

岐阜駅

大会当日は、メモリアルセンターまで無料シャトルバスが出ます。






2017年4月23日 (日曜日) 晴れ 岐阜市の最高気温 20.7℃(14時)

岐阜メモリアルセンター内の、長良川競技場の様子。
開会式の様子がスクリーンに映し出されています。
県岐商の吹奏楽部の演奏もありました。

DSCF8093_20170424152736209.jpg







スタート3分前
周りを見ると男のひとが多いな~と感じ、帰ってからパンフレットで確認したら、ハーフの参加者(エントリー)13041人 男性9039人 女性4002人と倍以上が男性でした。
翌日の新聞では、約12000人の参加だったとのこと。

DSCF8094_20170424152738a97.jpg








特別招待の世界のトップランナーの方々。
ハーフマラソン21.0975kmを、たった1時間で走る選手たちです。

DSCF8095.jpg








コースの途中で分離帯越しにすれ違ったのですが、すごく速くて、50m走を全力で走っているのかと思うくらいです。
テレビ越しでしか見たことがない神々しい選手の走った後を辿れて、感激でした。

DSCF8096.jpg








9:05 スタート!
5分ほど経ってから、スタートゲートを通過しました。

DSCF8098.jpg

スタートするとすぐ、大会長の高橋尚子さんが、台の上から声援を送ってくれていました。
うれしいなぁ~~
清々しくて、笑顔がとても素敵でした。








ランニングポリスの方たち。
会場には、テロ警戒の看板もありました。

DSCF8099_20170424152743abc.jpg








全国で唯一の取り組みという、ハートサポートランナー。
救命講習を受けて救命活動の意識と知識を高めたランナーで、救護スタッフが到着するまでの初期行動をサポートします。
運動中に心臓が止まった人は、1分1秒でも早い蘇生が明暗を分けるので、ランナー同士の意識と、助け合いが必要です!

競技場やコース上にAEDを携帯した救護ボランティア34チームと、6隊の自転車AED隊、8か所の救護所には医師・看護師がいつでも対応できる環境が整えられています。(パンフレットにそう書いてありました)

DSCF8100_20170424152745e65.jpg

前日の夜、むすこに「死なないでね」と言われました。








関の富有柿さんが、また私の前にいました。
名古屋でも毎回お見かけしています。

DSCF8101.jpg








左に清流長良川、正面は岐阜市の最高峰百々ヶ峰(328.9m)です。
百々ヶ峰は何回か登りました。

DSCF8102_2017042415274846f.jpg








コースは古い町並みの川原町メインストリートに入ります。
昔ながらの日本家屋が軒を連ねる古い町並みは、昔は長良川の水運を利用した川港として栄え、多くの商店で賑わったところです。
川原町の黒っぽい街並みに十六銀行の応援団の赤い幟が並んで、まるで稲荷神社のようでした。

DSCF8103_201704241527490ec.jpg








8kmから9kmの間くらいの公式給食。
イチゴ濃姫が3個づつくらいコップに入っていました。豪華ですね!甘酸っぱくて美味しかったです。

DSCF8106_201704241527525ae.jpg

コース上では、正規の給水・給食以外に、岐阜銘菓のうかい鮎(中に求肥の入ったどら焼き生地で鮎の形をした和菓子)、梅干し、おかき、きゅうり、などの差し入れがありうれしかったです。
温かいですね~ぎふ。








沿道の応援のみなさん。
チアの他にも、和太鼓、吹奏楽、ギター弾き語り、、、ハイタッチしてくれるちびっこもたくさんいました。
畑の中から手を振ってくれるおじいさまにも手を振りました。

DSCF8108.jpg








長良川。
綺麗な青です!

DSCF8109_20170424152857a31.jpg








清流、新緑、青空。
私の好きなものばかり。

DSCF8110_20170424152859916.jpg








千鳥橋を越えると、ループ状で折り返し。

DSCF8112_201704241529006af.jpg








風や、ミストも用意されていました。
シャワーで放水している人もいて、私も半身水浸しになりました。
冷たくて気持ちよかった!

水を浸したスポンジも用意されていて、絞って頭にかけるひとや、腕をふくひと。
私も首筋と腕を濡らしました。
白くて柔らかいスポンジは、コップ洗いに持って帰りたかったな。

DSCF8114.jpg








金華山と岐阜城。
メモリアルセンターまであと少し。

DSCF8115_2017042415290542e.jpg








競技場の2~3km手前くらいに、大会長の高橋尚子さんが笑顔で立っていました。
ありがたくハイタッチができて感激しました!
そして、競技場内のゴール寸前では、野口みずきさんとハイタッチ!
二人の金メダリストに会えてうれしかった。

野口さん








そして、FINISH!

ゴール

ゴールすると、スポーツタオル、ヴァーム(スポーツドリンク)、バナナがいただけました。
ヴァーム(スポーツドリンク)は、スタートの前からコップに注いだものをフリードリンクのようにいただけて、ゴール後もボランティアの方々がコップに注いだものを差し出してくれました。
コース上でも大量の汗をかきながらも度々ヴァームを飲んだので、のどがカラカラと感じることはほとんどなく無事に完走することができました。







走り終わったその足で完走証配布所に並びます。
ゼッケンに付いていた測定チップで一人一人のタイムが即座に記録されます。
2時間9分でした。時間内に完走できて良かったです。
黄色と水色のタオルは、ゴールで配られたフィニッシャーズタオルです。

証完走

中日新聞の号外も配られていて、速報「ムティソ優勝」のゴシックに「安藤 女子3位」
はずむ心で進む金の道 ~国内ハーフ初ゴールド昇格~

まあ、私はぼそぼそ走っただけですが、世界のトップランナーと同じ日に同じコースをたどって、金メダリストとハイタッチをし、約3000人というボランティアさん達に支えられて、沿道の歓声の中にいた瞬間は宝物です。



完走証をいただいた後は、預けてあった手荷物を受け取りに行きます。
荷物はゼッケンの番号で整理されているので、最後までゼッケンがよく見えるようにしておくとスムーズに荷物を出してもらえました。首に巻いたタオルが胸のゼッケンにかかっていると番号が見えなくて、荷物を出してくれるボランティアさんも手間がかかるようでした。
荷物を受け取ったら、更衣室に向かいます。
剣道場、柔道場が更衣室で、広々として着替えやすかったです。

いいですね~、ぎふ。






前日のナンバー受付でいただいた、参加賞のTシャツ、チョーカー(ヘアバンドにしたり)、岐阜市の広告やスポンサーチラシなど。
Tシャツのデザインは、「織田信長公」「岐阜城」「各務ヶ原航空ショー」「白川郷」「岐阜シティタワー43」がポップなイラストで。
背中には、高橋尚子さんの「Q」が色々なデザインで描かれています。

DSCF8089.jpg








それから、地元小学生による手書きのメッセージ!
括弧書きでわざわざ書き足した(リスは金華山の上にいます)が、可愛くてメロメロになりました。
三輪南小学校の6年生さん、ありがとう!
あきらめずに頑張れましたよ。
今度金華山に登って、リスに会いますね。

DSCF8091.jpg








大会Tシャツにお花の帽子で、中途半端な女子アピール?!

DSCF8090_2017042415294963a.jpg



健康維持の為のマラソン参加で、制限時間内の完走が目標です。
開会式で高橋尚子さんが言っていました。「今日は自分が主役!」
いつもは「すみっコぐらし」な感じですが、1/12000人として完走できた達成感と爽快感は宝物になりました。
くせになりそう。
多くの方々に感謝です。




テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

名古屋シティマラソン2017 ハーフ走りました!

名古屋シティマラソンはウィメンズマラソン(フルマラソン)と同時開催で、ハーフマラソン21.0975kmは、ナゴヤドームをスタートしてゴールの白川公園まで市街地を走り抜けます。
配布された名簿で大雑把に数えたらハーフマラソンは約8割が男性、女性は約2割。
ウィメンズマラソンの同時開催が始まったのは、東日本大震災の翌年からです。
ウィメンズもシティマラソンも、肩に『頑張ろう!日本!』のワッペンを貼って走ります。





当日朝の地下鉄改札は混雑のピークで、押し込まれたつまようじみたいになって動けませんでした。

1_20170313074104c21.jpg








晴天のナゴヤドーム。
本日最高気温は13℃の予報。少し暑くなるね。
結局、3月13日の最高気温は15.2℃まで上昇しました。

2_2017031307410506e.jpg








名古屋ドーム内の客席の一部が女性用更衣室になっていて、暖かいのでそこでおにぎり食べて荷物の整理。
配布された手荷物用のビニール袋(お米10kgサイズ)にエナメルバック(娘が小学生の時に使っていた)と、上着を詰め込んで完成。
手荷物預けてからスタートブロックの整列まで1時間以上あるから、ここでしばし時間つぶしです。
手荷物は、ゴールの白川公園までまとめて運んでいただけて至れり尽くせりです。
荷物預けとか受け取りとかでは、並ぶこともなくスムーズでした。

3_20170313074107902.jpg








コスプレランナーがたくさんいました。
整列までの時間は写真を撮りあったり、コスプレランナー冷やかしたり(#^^#)

6.jpg








名古屋城のてっぺんから降りてきた?
「写真撮らせてね!」って言うと、応じてくれました。
その後も色々ランナーに囲まれて、あはは!きみ人気者だよ。

4_20170313074108328.jpg








白鳥も飛来。
でも下半身はNG・・・

5_20170313074110d5f.jpg








ウィメンズのスタートが9時10分。
その後シティマラソンの人たちが整列し、スクリーンに映し出されるナイキのおねえさんと一緒にウォーミングアップ。
オトナたち、みんなそろって結構真剣です。マラソン中のケガの予防は自分次第。

7_20170313074113735.jpg








進行は、ZIP-FMのケン・マスイ氏。
聞きなれた声に、安堵感。

8_201703130741143d3.jpg








河村しちょ~さんのご挨拶。
「さっきはおんなのひとばっかりやったけんど、こんどはおとっつあんばっかりやなーー」と、いつもの調子で、、、
時折よくわからないジャパニーズいんぐりっしゅも折り込んでお話ししていました。
「さんきゅー、ごー、みんな頑張ってちょーよ!」

9_201703130741168aa.jpg








矢野きよ実さんは、赤い手袋「119」の話。
昨年の大会中、AEDを必要としたランナーが一人いて、他のランナーや救護班の方々で蘇生されて命は助かったのだけど、119通報が遅れたとのこと。
まず率先して119通報をすることを啓発する、手のひらに119と描かれた赤い手袋を配布したというお話でした。
マイクを持つ手も赤い手袋。

翌日3月13日の朝刊に、ウィメンズ、シティマラソン合わせて3名のランナーがAEDで蘇生され救急搬送された記事が載っていました。素早い対応でみなさん御無事で良かったです。

10_2017031307411706e.jpg








ドアラたちも応援。

11_20170313074119c5e.jpg









スタートはまだ。
ぞろぞろと少し前に進みました。
ハーフランナー10000人、クォーターランナー5000人集結。

12_20170313074135da0.jpg








10時20分 スタートしたみたいだけど、すぐには動かず。

13_20170313074137454.jpg








調子のいいお二人。

14.jpg








Uターンしてきた、ウィメンズのランナーたち。

15.jpg









瑞穂運動場西交差点付近で、クォーターとの分岐点。

16.jpg









給水ボランティアの皆さん。
赤い紙コップにはスポーツドリンク、無地の紙コップは水です。

給水ゾーンを走り抜けると、靴裏がネチネチしました。

17.jpg









街灯がカモメみたい。
走っているときは必至で気にも留めなかったけど、客観的に眺めてもやはり男性率が高いですね~

18.jpg









ショッカーが「ヒィーッ!」とご挨拶。
ショッカーとウォーリーを、何組かちらほら見掛けました。

19.jpg









最後尾収容のバス。
私のマラソン目標は、このバスに乗せられることなく時間内に完走すること。

20.jpg









作業車と沿道の後片付けをしてくださるボランティアさんたち。
ボランティアさんは約10000人だそうです。

21.jpg








あと5km!
蟹、カニ、カニが食べたい!

22.jpg







あ!
このランナーさん昨年も見ました。
関の富有柿さん。

23.jpg








クレヨンで描いたような飛行機雲の下、日陰が気持ち良かったです。

24.jpg









沿道応援の和太鼓チームと、ピカチュウ。

25.jpg








フル(ウィメンズ)とハーフの分岐点。

26.jpg









いよいよゴール!

27.jpg







フィニッシュ!!

28.jpg

フルの人たちは中間点。ガンバッテ~
フルスタートからは、3時間16分。








ゴールしたら、ゼッケンに貼ってある計測用のチップを返却します。
来月あたり、タイムを記入した完走証が郵送されてきます。

マラソン終えて帰宅後、着ていた服は全部洗濯したのですがゼッケンを外すのを忘れて洗ってしまいました。
洗い終わって洗濯機から出しても、ゼッケンは少しも破れていない優れものでした。

29.jpg







斧を手にした原始人さんは、なんと素足!!
「ハーフだから素足でもなんてことはない」とのことでした。

32.jpg








ふらふらしながら、ぞろぞろ白川公園へ。
ここでも、ボランティアのガールスカウトの小学生からバナナ、アクエリアス、粉末プロテイン飲料、いろはす(水)、塩飴の給食を受け取ります。
「おつかれさまでした!」と可愛い声で労われてほっとしました。
普段はできないこと、歩きながらバナナを食べる!

33.jpg







ふらふらよたよたしながら、流れに沿って白川ブリッジを渡り、運んでいただいた荷物を受け取ります。

30.jpg

小さなテントの更衣室で着替え。
昨年は30分くらい並んで着替えたけど、今回はすんなり入れました。








そして帰りに食べた、練乳イチゴパフェ!!
今日のご褒美です。

31.jpg








今年の参加Tシャツは、青でした。
2016年は黄色。
デザインは同じだね。

34.jpg







綺麗な青の参加Tシャツを着て走りました。

36.jpg

目標通り、時間内の約2時間06分で完走できました。
でめたし、でめたし。






テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

名古屋シティマラソン 初ハーフ!  マラソンEXPO

名古屋シティマラソン2016。
初ハーフマラソンに出場しましたーー!
ウィメンズマラソン(フルマラソン)と同時開催なので、ハーフマラソンの女性ランナーは全体の四分の一くらいです。

当日の天候は曇り。
気温もそれほど上がらず風もなくて、マラソン日和でした。

事前エントリーで予想タイムを自己申請してスタート位置が決まるのですが、21kmなんて走ったことがないので、昨年の10.5kmの記録を倍にして、プラスαで2時間20分くらいで提出したら、なんと送られてきたスターティングブロックは『X』でした。
スタートは、自己申請タイムの早い順にブロック分けされていて、『O』~から『Y』まであります。
通過ポイントには制限時間があるので、遅いスタートだと制限時間までの時間も短いので焦りました。
ひや~~~、参ったな。
そんな気持ちで迎えた当日の朝。
ウィメンズのスタートの約1時間後がシティマラソンのスタートです。
手荷物預けが7:45~9:00まで。スタートブロックへの整列が10:10。
手荷物を預け終わり、ウイメンズのスタートを見送ると、シティマラソンの人たちは一斉に仮設トイレに並びます。

2年前のクォーターのエントリーはお友達と一緒でしたが、ハーフは一人参加。
荷物を預けてからスタートまで1時間以上もあるのですが、ここで偶然にも高校時代の同級生にバッタリ!!
私と同じ剣道部の男子キャプテンやっていた人です。
超・超ビックリ!!
世間話しに花が咲き、あっという間にスタート時刻になりました。
『U』からスタートするTくんとはここでByeBye~!
お互い怪我のないように頑張ろうね!




当日の朝。
ドーム前に並んだトラックは、ランナーの荷物をゴール地点まで運んでくれます。

名古屋ドーム!





名古屋空港の航空ショーの飛行機が並んで飛んで行きました。

名古屋空港の航空ショーの飛行機





10:20
河村市長の声で、スタート。
でも1mmも動きません。
『X』からは、スタート地点も見えません・・・💦

スタート!





10:35 スタートから15分後、ようやくスタート地点まで来れました。
開会の司会はDJのケン・マスイさん、だっけ・・・?
右側の大きなスクリーンには、私も映っていました( *´艸`)

司会のケンマスイ





沿道に出ると、チアガールの皆さんや、、、

チアガール




チア2






名古屋代表の二人に見送られて、21.095kmの始まりです!

名古屋の代表





仮装をして走ると、沿道のキッズから熱い声援が届きます。
私もやってみようかな~~^^

マリオ





ハクモクレンの並木道

ハクモクレン





反対車線には、折り返し地点からUターンしてきたウィメンズのランナー。
頑張れ~^^

ウイメンズ





「ミカンがんばれー!!」って大きな声援を受けて走る、関の富有柿くん( *´艸`)

富有柿





ボランティアさんによる給水ポイント。
ハーフの給水所は、5km、7.5km、10km、12.5km、15km、17.5kmに、水とスポーツドリンク(5、10、15kmのみ)が置かれます。

給水ボランティアさん

市をあげての大きなイベント。
多くのボランティアさんのお蔭で成り立っています。
道路の両脇にはおもてなし沿道応援隊の皆さんがいて、軽音演奏やチアダンス、メッセージボードを持っての応援などで盛り上げてくれます。
それから、ランナーが胸に付けているゼッケンは小さな安全ピン4つを小袋に入れた状態で前日いただきました。
ウイメンズも併せて3万枚以上のゼッケンの安全ピン小袋詰め作業。
それだけでも頭が下がる思いです。
感謝。



スタートで一斉に走り出した途中で、土埃がのどに入って咳き込んでしまいました。
しばらくいがらっぽくて、最初の給水の5km地点でスポーツドリンクを飲んでようやくおさまりほっとしました。
とにかくのどが乾くのですが給水は5kmごとにして、10kmの給水では慌てて飲んでむせてしまい焦りました。
その後の15kmでは、落ち着いて歩きながら飲むことが出来ました。
愛知池で練習するときは給水なしで1周走っていたので、5km毎くらいのペースが良かったようです。





クォーターマラソンは、10.5km。
この先、左折して瑞穂グランドがゴールです。
私は右へ。

分岐点





ハーフ中間点。
あと約10km!

ハーフ中間点




ハーフ折り返し地点のおもてなし沿道応援隊の方。
ルドルフと、、、バッタ??カニ???

おもてなし沿道応援隊





回収バスの姿も目撃してしまいました!
制限時間が過ぎると、バスに回収されてしまいます!!

回収バス!

白川公園の近くになると、沿道の応援の皆さんが少なく感じました。
でも、そんな中、「がんばれー!がんばれーーーー!」と大きな声が聞こえてきました。
見ると、杖をついたおばあちゃん。80前後とお見受けしました。
お腹の底からふり絞ったような大きな大きな声。
ちょ、ちょっと大丈夫??倒れてしまうのではないかと心配するくらいでした。
思わずそのおばあちゃんに手を振ると、目が合って「うや~~!ひゃひゃっ~!」喜んでいただけました。
そして声はさらに大きくなり、「がんばれーーー!」
まもなくゴールで疲れ果てる他のランナー達からも、「あのおばあちゃんすごい!」という声が聞こえました。
お孫さんか、ひ孫さんに向けられた応援だったのかもしれませんが、元気をもらいました。





もうすぐゴールの白川公園!
車で通るときは感じなかったのですが、走ると結構上り坂でした。
それでも全国のマラソン大会に出場している人達は、名古屋は坂がなくてほぼ平坦だから楽なんだよ、って。

橋




残り1kmくらいでとうとうヘトヘトになり歩こうかと思った時、すぐ横を駆け抜けて行く夫婦ランナーがいました。
ヘトヘトで泣きそうな女性の片腕をご主人が支えて、「もう少しだ!頑張れ!ほら、あの青い看板二つ目でゴールだ!!」
「えー、まだ遠いじゃん、、、」と涙声の女性。私も心の中で同じことをつぶやいていました・・・
隣に並んで、「頑張れ、あと少しだ!!」を勝手に聞いて励みにして走りました。
・・・「頑張れ!」を盗んですみません、、、




『フィニッシュ』
派手な横断幕はありませんが、ゴールまで来ましたーーーー!!

クォーターのゴールは瑞穂競技場のトラックを走り、大きなフィニッシュに迎えられますが、ハーフのフィニッシュは地味でした。

フィニッシュ (2)





出来たよ!
完走できちゃったよーー!
もう、クタクタのヘロヘロの足取りで、白川公園まで移動です。
可愛い菜の花が、「よかったね!」って迎えてくれた気がしました。

菜の花

白川公園内に着くと、500mlペットボトルのアクエリアス、いろはす(水)、バナナ、VAAM(溶かして飲むスポーツ飲料)をいただきました。
あれっ?!ういろうがない!
アクエリアスは一気飲み。バナナはもっちもちで凄く美味しかったー!
もう、15km過ぎた辺りで、お腹が空いてお腹が空いて。


バナナを食べながら、よくわからないままヨタヨタフラフラと人の流れに付いて行きます。
その列は、荷物を受け取りに行く流れでした。
もうヘロヘロでフラフラで座り込みたくなりました。
きっと座り込んだらもう立てない。救護室に運ばれそう。
なんとか踏ん張って、流れに乗って歩きました。

ゴール後もぞろぞろ





荷物を受け取って、カバンの中から取り出したるは、朝作った息子の部活用おにぎりの残り。
今度はおにぎりを食べながら、更衣室の順番待ちです。
青いストライプのテントは男性。白いテントが女性。
このテントの前に何十人も並ぶ。
男性のほとんどが、テントではなくその辺りで堂々と着替えていました。
この際、私もソレでいいんだけど。

更衣室

テントの中では一度に12人くらいの人が入って着替えます。
着替え終わった一人が外に出ると、次の人が案内されます。
そりゃ、時間かかりますわ。

でも!
これは後日談ですが、更衣の長い列を待つ間、することがないのでずっとストレッチをしていました。
そのお蔭で、翌日の筋肉痛がありませんでした。





帰りに食べた博多 一風堂のラーメン。
白丸。写真を撮る前に一度口まで運んじゃったー(^◇^)
どれだけお腹空いているの。

白




赤丸は辛味噌が乗ってる。

赤

あ、こちらは迎えに来てくれた旦那さんが食べました( *´艸`)



初ハーフマラソン21.095km
約2時間20分でした。
正確には、ゼッケンに付けられたGPSチップが分析され、忘れた頃に「完走証」に記載し郵送されます。
予想に反して時間内に無事完走できて、私自身驚いています。
それと、懐かしい友人との久しぶりの出逢いというおまけ付きで、それにも驚きでした。
健康と体力作りのジョギングの目標としてきたマラソン大会がひとまず終わり、これからどうしましょうかね。
「継続は力なり」なんていう言葉には縁遠いので、ひとまず休憩で~す。





今年の参加Tシャツも黄色。
2015も黄色で、ロゴの感じも似ているなぁ・・・

参加賞





今回は普段着ている山登り用のTシャツにしました。
「がんばろう、日本!」のワッペン貼ってね。

ランニングスタイル






追記
「ランナー受付」で大会前日にゼッケンを受け取りに東スポーツセンターに行くと、名古屋ドームでは『マラソンエキスポ』が開催されていました。





続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
ポチ