茶屋ヶ坂公園の紫陽花 ~名古屋のあじさいスポット~

茶屋ヶ坂公園は名古屋市千種区の長閑な住宅地にあり、名古屋市内とは思えない規模で紫陽花が咲いています。
散策できる広さは鶴舞公園より少し小さめな感じですが、歩道橋を挟んで野球グラウンドがあり、kidsが遊ぶ遊具や広場、林の中の散策路もあり住宅地の憩いの場のようでした。
公園に駐車場はなく市街地なので駐車スペースもありませんが、近くに30分100円のコインパーキングがあります。地下鉄なら『茶屋ヶ坂』から徒歩5分程度、公園の前には市バスの停留所がありました。


2017年6月13日 朝から青空が綺麗な、もったいないくらいのお天気。
仕事は午後からなので、午前中にちゃちゃっと茶屋ヶ坂公園に出かけました。
公園の緩やかな斜面には、数々の種類の紫陽花が咲いていました。

          DSCF0632.jpg





まだまだこれからの紫陽花もたくさん。

DSCF0627.jpg






DSCF0628_20170613132411435.jpg





ガクアジサイの種類は、花粉が落ち始めていました。

DSCF0630.jpg






公園傍には、洋館のような大きなお宅が見えました。

DSCF0639.jpg







大きな油絵とか飾ってありそう。

DSCF0641.jpg






DSCF0642.jpg







DSCF0643.jpg








紫陽花の海です。

DSCF0644_201706131324235c4.jpg







DSCF0646.jpg






管理されている方の遊びゴコロか、紫陽花の中に百合も咲いていました。

DSCF0648.jpg







白いもこもこは、雲みたい。

DSCF0649.jpg






DSCF0651_2017061313250971e.jpg







DSCF0652.jpg







DSCF0654.jpg







だんだん色づいていく、こんな感じが好きです。

DSCF0662.jpg







手毬みたいで可愛いね。

DSCF0663.jpg







青いもみじも綺麗です。

DSCF0666.jpg






DSCF0671.jpg






東寄りの遊具の広場の紫陽花たち。

DSCF0614.jpg







すべり台やブランコと一緒に、紫陽花も楽しそう。

DSCF0617_2017061313231961a.jpg





ガクアジサイは、ころころの京菓子みたいで可愛いね。

DSCF0610_20170613132313475.jpg






DSCF0613_20170613132316994.jpg






住宅地のわんこのお散歩コースみたいで、紫陽花の中で写真を撮ってもらう茶色のトイプードルがいました。
ちょこんと座ってカメラ目線。モデル慣れしている感じでした。

DSCF0611.jpg







散策の小路

DSCF0608_2017061313231229d.jpg






緑が綺麗で、道幅が広い散策路です。
これでも名古屋市内です。
展望台もありましたが、木々に囲まれていました。

公園内の歩道橋からは、名駅のビル群がうんと近くに見えて、遥か鈴鹿山脈も見えました!

DSCF0607_20170613132310162.jpg






道を聞かれるのはいつものことだけど、「あじさいはどこに咲いていますか?」って聞かれました。
ここでーす。ここ、ここ。

あじさい園







林の向うがあじさい園です。

DSCF0673.jpg






広々と見えて、名古屋ではないみたいです。
まだまだ蕾がたくさんあったので、もこもこに咲くのが楽しみですね。

          DSCF0637.jpg




スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

王子バラ園  ~薔薇のアーチ~

王子バラ園(おうじばらえん)は、王子製紙(ネピアでお馴染み)春日井工場の敷地内に作られたバラ園で、無料で一般開放されています。愛知県春日井市王子町1  王子製紙春日井工場社宅内。王子町なんて素敵な地名ですね。

1995年、バラ好きな工場長が「地域の人たちや社員の一服の清涼剤に」と社宅跡地に20株5種類のバラを植えたのが始まりで、現在は約4900㎡に、220種1900本以上が植えられています。


行くのが少し遅かったので、全体の見ごろは5月半ばとのことでしたが、薔薇のアーチはちょうど見ごろとなっていました。
バラ園には色々な品種が植えられているので、全部が咲きそろうのは難しいですね。
今回は、満開のアーチの下を何度もくぐりました。






2017年5月28日 日曜日

王子バラ園

DSCF9971_20170528162829ccc.jpg








蔓薔薇のアーチは見事です。

DSCF9972_2017052816283196a.jpg





DSCF9973_2017052816283110a.jpg





DSCF9975_20170528162834af6.jpg





名古屋からは名二環でこの煙突が見えてきて、『勝川IC』で降りると便利です。

DSCF9977_20170528162836d34.jpg






DSCF9979_20170528162837aa0.jpg






DSCF9980_20170528162839d1a.jpg





DSCF9982_20170528162840995.jpg





DSCF9983_20170528162842fe0.jpg






満開のアーチの周りには、クマバチがぶんぶん忙しそうでした。
胸が黄色い日本固有種のクマバチ。名前は怖いけど、ミツバチ科です。
それと、最近ちょっと話題のタイワンタケクマバチもいました。(CBC『イッポウ』ご覧になりました??)

タイワンタケクマバチは台湾から輸入する竹製品に紛れて5~6年前に日本にやってきました。
しかも初上陸したのは豊田市とのことで、今では愛知、岐阜、三重まで拡散したようです。
先日小耳に挟んだ情報ですが、京都でも確認されたそうです。

DSCF9984_20170528162909bb5.jpg





このコは日本のクマバチ。

DSCF0020_20170528164942903.jpg






DSCF9985.jpg






DSCF9987.jpg






DSCF9989_201705281629151a9.jpg






DSCF9990_20170528162917da4.jpg






DSCF9993_20170528162920d3c.jpg






DSCF9995_201705281629214d7.jpg






DSCF9998_2017052816292364c.jpg





DSCF9999.jpg





DSCF0004_2017052816493028d.jpg





DSCF0005_20170528164930746.jpg





この真っ白で綺麗なバラは、『アイスバーグ』
陽射しが暑かったので、アイスが食べたくなりました。
夕飯はハンバーグを作ろうかな。

DSCF0006.jpg






暑くなったら東屋で休みましょう。
長テーブルがあるので、お弁当も食べれます。

DSCF0032.jpg






こんな色合いが好きです。

DSCF0009_20170528164933502.jpg






DSCF0010_20170528164935bc9.jpg






DSCF0012_20170528164936214.jpg





DSCF0016.jpg






DSCF0017.jpg





DSCF0023.jpg





DSCF0024.jpg






DSCF0027_20170528164950968.jpg






バラの花は優雅で美しく、香りも高貴でまさに女王様ですね。
しかも「王子」でたくさんのバラの花に囲まれて、女王様気分。

DSCF0035.jpg






DSCF0002_20170528164928833.jpg




5月末のバラ園は、見ごろが過ぎて剪定が進んでいました。
バラの剪定をされていた王子製紙のOBの方も、「2週間ほど前がたくさん咲いていましたが、今はアーチがちょうど見ごろです!」と仰っていました。

そして、次の見ごろは秋。
10月15日過ぎにたくさん咲かせるようにするので、10月20日頃が綺麗だそうです。
秋のバラは色が美しく、涼しいので長持ちするとのこと。
咲く種類は減るけど、色が美しいのは秋です!
そう力説されていました。



そして今年も剪定後のバラの小枝を拾ってきました。
挿し木にして、育ててみます。
3年前の挿し木は、レンガの花壇に植え替えて綺麗な花が咲きました。


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

江南 藤まつり  ~曼荼羅寺公園~

桜の季節から藤の花。名古屋からは、江南市の曼荼羅寺(まんだらじ)公園と津島市の天王川公園が藤の名所として知られますが、個人的には曼荼羅寺公園の藤だなの雰囲気が好きです。
三連休の中日、江南市の曼荼羅寺公園の藤を見に行きました。







2017年5月4日 木曜日 みどりの日

江南 藤まつり
曼荼羅寺の隣の公園には、広い藤棚があります。早咲きから遅咲きの藤の中にも紫、紅、白と様々な色や、優雅な花房、短く可憐な房、豪華な八重咲きの藤とたくさんの種類があります。約60本の藤が咲き誇りる藤棚の下は甘い香りに包まれます。


DSCF9095_20170506171404c0f.jpg








九尺藤
一尺は30cmとして、九尺藤は270cm。そこまで長くなることがあるのかわかりませんが、長く垂れ下がった藤の花は豪華です。

DSCF9206_20170506072252521.jpg








DSCF9208.jpg









八重黒竜
八重でふわふわ、コロコロした感じで、ゴージャスで一花づつ見ると藤じゃないみたいです。

DSCF9209_20170506072257dc8.jpg








DSCF9207.jpg









紫のグラデーション。

DSCF9219_201705060723092e8.jpg








DSCF9223.jpg








本紅。
桃色の藤。

DSCF9211.jpg









DSCF9210_20170506072258300.jpg








DSCF9260_2017050607254760b.jpg








圧巻です!

DSCF9264_20170506072550f7b.jpg










六尺藤。

DSCF9216_2017050607230408e.jpg








藤といったらこの色で、長く垂れ下がる姿が好きです。
舞妓さんのかんざしや、だらりの帯みたいで憧れます。

DSCF9215.jpg








DSCF9217_20170506072306cf3.jpg








DSCF9225.jpg








藤のシャワーを浴びました。
あま~い香りが漂っています。

DSCF9218.jpg








白カピタン。
花房が短く美しいことから「花美短」で「甲比丹」(ポルトガル語で船長)と重ねてカピタン。
誰が考えた名前だろうね。

DSCF9224_2017050607243498e.jpg








藤だなの下には、牡丹、ツツジ、シャクヤクも同時に咲いて、どこを見たらいいかわからないくらいでお花に溺れそうです。

DSCF9230.jpg







DSCF9238_20170506072444719.jpg








野田白藤。

DSCF9233.jpg








まだ下の方は蕾です。

DSCF9249_20170506072450cfe.jpg








白い藤は、新緑に生えますね!

DSCF9247_2017050607244858f.jpg






          DSCF9240_20170506072445e5b.jpg








DSCF9243.jpg








DSCF9251_2017050607253978e.jpg








みどりの日の朝早く行ったので、まだ人は少な目ですが、10時を過ぎたらとても多くの人で賑わいました。

DSCF9257.jpg









DSCF9256_20170506072541cd9.jpg








鉢植えで、目の高さで花が見える藤もありました。

DSCF9259_20170506072545c00.jpg







藤はマメ科。
一つ一つは、可愛いお顔です。

DSCF9288_20170506072657a79.jpg







DSCF9289.jpg








藤のカーテン。
香りも良くてうっとり。
何匹もの花蜂が忙しそうに飛び交っていました。
「ハチ、やべぇ!こわっ!」っていう声も聞こえたけど、ひとには興味ないから大丈夫です。

DSCF9292.jpg







DSCF9294_20170506072702242.jpg








DSCF9296_201705060727033bc.jpg








藤棚の下が人でいっぱいになったころ、東海テレビ『スイッチ』の生中継が来ていました。
あ、カンペ。

DSCF9285.jpg







曼荼羅寺は14世紀前半、後醍醐天皇の勅願で建立されました。
今年は屋根の葺き替え工事で、白いシートで覆われていました。

DSCF9231_20170506072439f2b.jpg








DSCF9277_201705060726511d6.jpg







DSCF9276_20170506072559e26.jpg








恒例の、花より団子コーナーーーー。
笹栗。 笹で包まれた御餅の中に、あんこと栗がごろんと入っています。
藤棚の下で、藤やツツジを愛でながらいただきました!

DSCF9258.jpg

藤まつりのパンフ 「こうなんDayにコナン君がやってくる!」
こうなんの日に、江南にコナン君がやってきます。
ちなみに、こうなんの日はコ、ナで5月7日なんだって。







まんだらもちは昨年食べたので、お土産は生よもぎもち。

DSCF9278.jpg







DSCF9310_20170506072706c3d.jpg







生よもぎたっぷり感。ちょうどいい甘さのあんこもたっぷりでした!
姿はこういう形でいいの?

DSCF9306_20170506072705007.jpg








藤まつり中は、民間の駐車場が数か所一回500円でありますが、少し離れた門弟山小学校は無料駐車場になっています。
徒歩5分程度です。

門弟山小学校






第52回 江南藤まつり
平成29年4月20日~5月7日
藤棚ライトアップ18:30~21:00
愛知県江南市前飛保町202 曼荼羅寺公園







みどりの日に、おもちをいくつも食べたので、こどもの日の柏餅はお休みしました。




テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

黄色いさくら、鬱金(ウコン) ~大高緑地公園~

ソメイヨシノはすっかり散り果て、先日の春の嵐で家のシダレザクラも落花が盛んで、樹の下に桜色のゴザを敷いたようになりました。
そして、これらの桜が終わる頃、鬱金(ウコン)桜が見ごろを迎えます。


鬱金(ウコン)は、数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色の花を咲かせるサクラです。
ウコンと、緑色のさくら御衣黄(ギョイコウ)が咲く、近場の大高緑地公園に行きました。
昨年リサーチしたので、大高緑地公園には1本だけある御衣黄(ギョイコウ)の場所もすぐわかります。




大高緑地公園(名古屋市緑区) 桜の園

DSCF8503.jpg









鬱金(ウコン)

DSCF8640_20170419141710133.jpg







DSCF8629_20170419141701dec.jpg







薄黄色のさくらです。
鬱金(ウコン)の名前は、漢方薬でお馴染みのウコンの根を染料に用いた鬱金色に似ているからです。
漢字が難しいので、「憂鬱なのは金のこと」と覚えたら、忘れません。

DSCF8638_20170419141709f88.jpg








花弁数が15~20枚程度の大輪の八重咲きです。
開花後日にちが経つと、中心部が薄いピンク色になります。
アンティークな感じがして、可愛らしいさくらです。

DSCF8632.jpg








DSCF8636_201704191417061a8.jpg







ウコンの後ろに見えるのは、今が満開の『関山』桜です。

DSCF8651.jpg








関山と鬱金(ウコン)

DSCF8648.jpg







関山
濃いピンク、八重の大輪でふわふわと可愛らしいです。

DSCF8643.jpg








少女に戻れる小路です。

DSCF8642.jpg








ウコンと関山。

DSCF8618_20170419141849be6.jpg








長閑ですね~
春っていいですね~

DSCF8623.jpg








緑色の花が咲く御衣黄(ギョイコウ)は、JR大高駅に近い公園内第9駐車場付近の遊具の近くに1本あるのですが、、、

DSCF8596.jpg








哀しいことに、枯れていました。
昨年は花が咲いていたのに、とてもとても残念です。

DSCF8594_20170419142018841.jpg








御衣黄の近くのユリノキは、まだ蕾でした。
咲いたら見たいな!

DSCF8590.jpg








ドウダンツツジが満開です。

DSCF8616_20170419141846852.jpg







大きな株のドウダンツツジ。
紅葉の頃も綺麗でしょうね!

DSCF8614.jpg








オオシマザクラもちょうど満開でした。
今日も風が強いので、散ってしまわないといいな。

DSCF8609.jpg







オオシマザクラ

DSCF8605_201704191418408ab.jpg








DSCF8604.jpg








オオシマザクラの下をくぐると、芝生広場の小高い丘の若草山に続きます。
お山に登る機会がなかなかないので、若草山に登りました。

DSCF8602.jpg








若草山頂上(標高49mくらい)からの眺め。
恵那山が見えます。(右の方の鉄塔の奥に薄っすらと)
正面には御嶽山が見えるのだけど、霞みか雲かで見えません。

DSCF8600_20170419142012562.jpg








最近活気づいてきた、名古屋駅方面。
霞がなければ、伊吹山も見えるスポットです。

DSCF8599.jpg




日中は汗ばむほど暑くなり、朝晩はまだひんやりしますね。
一日の気温の変動が大きいので、自律神経も乱れがち。
新年度がスタートして4週間経過する今の時期、老若男女、体調管理には十分お気を付けくださいませ。







テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

シダレザクラまつり ~東谷山フルーツパーク~

今日は少し肌寒く感じる一日でした。
今夜から降る雨で、満開を迎えたさくらは散り始めてしまいますね。




4月9日 日曜日  雨のち晴れ
桜が見ごろの日曜日。前日から降り続いていた雨はお昼過ぎには止んで、雲の間から青空が覗きました。
さくら、サクラ、少しの時間しかありませんでしたが桜を見に東谷山フルーツパークに出かけました。


東谷山フルーツパークは、名古屋市守山区にある多目的農業公園で、市内最高峰東谷山(198m)の麓です。
フルーツパークには、モモ、ナシ、リンゴなどの果樹園、日本庭園、四季の花園などがあり、園内には約1000本のシダレサクラが植えられています。

DSCF8106_20170410090031731.jpg








DSCF8111.jpg








八重のシダレザクラ。
全体的にまだ蕾もあるので、もう少し楽しめそうです。

DSCF8112.jpg








DSCF8115_201704100900358c8.jpg








シダレザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラ。
色々なピンクが重なってとても綺麗でした。

DSCF8116_201704100900364c9.jpg








ソメイヨシノは満開でした。

DSCF8117_201704100900387ba.jpg








シダレザクラ、シダレザクラ、つばき。

DSCF8123_20170410090039dde.jpg








丸いドームは、フルーツパークのトレードマーク、世界の熱帯果樹温室です。

DSCF8125_20170410090041648.jpg








花弁が5枚、一重のシダレザクラ。

DSCF8126_20170410090042118.jpg








こちらは樹高1mくらいの、「ニワウメ」の花。
長いおしべが元気いっぱいですね!
夏に、赤く透き通るような丸い実が成ります。

DSCF8131.jpg








キンキマメザクラシダレ

DSCF8133_20170410090045f35.jpg

シダレザクラには色々な種類がありました。








雨上りですが曇り空なのが少し残念です。シダレザクラが重なり合って見える風景はとても綺麗でした。

DSCF8136.jpg








シダレザクラの間をぬって歩くような小路の足元にも、春のお花がたくさん咲いていました。

DSCF8139_20170410090048e9f.jpg








スノウドロップ
可愛いお花で、涙の形にも見えます。
森山直太朗さんのスノウドロップは、ちょっと切ない。

DSCF8146.jpg

私には、「ここにいるよ、、、」という、呼び鈴のように見えました。
白い花弁の小さな模様の緑は、優しい緑色ですね。







DSCF8144.jpg








青空が広がってきました。

DSCF8149.jpg








八重のシダレザクラ越しに、気になる人だかり。

DSCF8157.jpg








注目の的は、このお二人でした!
猿回しなんて言いません。モンキーパフォーマンスと紹介されていました。

DSCF8158.jpg








ハードル6個を横に並べてジャンプしたり、縦に積んで飛び越えたり!
並べたハードルをジャンプするときはヒトの幅跳びフォームと似ていて、後ろ足から降りていました。
前に香嵐渓で見た、日光から巡業に来ていたおさるは、プールの飛び込みフォームの前足からの着地でかっこよかったな。

DSCF8159_2017041009020393f.jpg








十八番の竹馬。
高いところから眺める桜風景はサイコ~でしょうな。

DSCF8166.jpg








ソメイヨシノと桃の花。

DSCF8170.jpg








これは何のお花でしょ~か!?
モモやサクラと似ていますね。

DSCF8177_20170410090213544.jpg

答えは、美味しくてミネラルたっぷりな、私の好きなアーモンドのお花です。








アーモンドの樹はモモの樹とよく似ていました。

DSCF8175.jpg








果樹園と東谷山。
山肌に緑が芽吹いてきましたね。
今日は時間がないので、残念ですが登りません。

DSCF8178.jpg








DSCF8180.jpg








雨情枝垂桜
詩人 野口雨情邸に栽培されていた桜で、八重枝垂桜より大きくて薄紅紫色の花です。

DSCF8183_201704100902175e4.jpg








雨情枝垂桜(ウジョウシダレザクラ)

DSCF8186_20170410090219592.jpg








DSCF8187.jpg








鬱金桜(ウコンザクラ)のつぼみ
黄色の花が咲くサトザクラの一種です。

DSCF8190.jpg

園内には、鬱金桜(ウコンザクラ)や御衣黄桜(ギョイコウサクラ)もみられました。
ウコンザクラは少~し蕾がふくらんで、淡黄緑色のお花が咲くギョイコウサクラはまだ固い蕾でした。
ソメイヨシノやシダレザクラが終わる頃、ウコンザクラやギョイコウサクラの出番です。
その頃、また来たいと思っています。








DSCF8194_20170410090223d0c.jpg

楽しみです!








DSCF8199.jpg








この白いお花は、スモモです。

DSCF8201_20170410090226df9.jpg








スモモの樹。

DSCF8202.jpg

バラ科のお花たちが一斉に咲いていました。
リンゴはもう少しだけ先です。








ヤマザクラシダレ
色は薄めで、大きめのお花です。

DSCF8210.jpg







DSCF8214.jpg







DSCF8216.jpg







DSCF8217.jpg






DSCF8219.jpg






DSCF8220.jpg








シンボルタワー

DSCF8229.jpg







DSCF8232.jpg







東谷山寄りにある芝生広場も、桜が満開です。

DSCF8231.jpg







DSCF8234.jpg








DSCF8241.jpg








東谷山の所々に芽吹き始めた淡い緑と、桜の濃淡の薄紅色がとても綺麗で落ち着く光景でした。
あ~~、春っていいですね~~~!

DSCF8244.jpg








桜とメタセコイア。

DSCF8250.jpg








閉園時間が近づき、陽も傾きました。
シデコブシの向うに、ドーム型の熱帯果樹温室。
すぐ横には、ツツジの花も咲いていました。
春は時の流れが早回りしているみたいに、色々なお花が次々と咲いていきます。

DSCF8237.jpg







フルーツパークのお楽しみ、フルーツ盛り合わせ(300円)。
メロン、スイカ、リンゴ、イチゴ、オレンジ、グレープフルーツは、どれも甘くて美味しかったです。

フルーツを食べていたら、蛍の光が流れてきました。
閉園時間は16:30。

DSCF8225.jpg









園内のサクラマップ。
とても参考になりました。

DSCF8224.jpg








東谷山フルーツパーク 「シダレザクラまつり」 
4月4日(火)~4月13日(木) ※4月10日(月)は臨時開園
期間中は駐車場が有料です(普通車 1回500円)





今夜から雨が降り、明日は一日中本降りになるそうです。
花散らしの雨となるのは寂しいですが、先日行った愛知池では水位が下がっているように感じられました。
稲作をはじめとした種まきの季節、大地をほど良く潤す雨なら幸いです。



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ