納古山 ~小和谷林道~

納古山(のこやま)は、飛騨川岸の七宗町と川辺町の境に位置し、標高は633m。
飛騨川に沿って走る国道41号線近くに登山道口があり、JR高山線上麻生(かみあそう)駅からも近いので、電車でのアクセスも便利です。
登山道は、かつては「塩の道」としてこの山中を飛騨街道まで越えていたそうです。


飛騨川と納古山

新山川橋(納古山山頂から美濃加茂方面に見える赤い橋)から望む納古山(奥)と飛騨川





2015年3月28日(土曜日)
車は道の駅ロックガーデンに置いて、納古山の麓に暮らすmikityさんの車で林道を行き、登山口近くの駐車場に停めました。車ではR41からJR高山線の線路を越えて、木工場で左折して林道を上がると登山口です。
中級コースの往復です。
mikityさんよろしくお願いします。

ロックガーデン七宗





8:45 中級コース登山口

中級登山口




この登山口に駐車スペースと簡易トイレがあります。
ショウジョウバカマが数えられないくらい咲いていました。
○○群生地、と有名でなくても、こんなにたくさん咲いている場所もあるものなのですね☆彡
近い将来、「納古山のショウジョウバカマ群生地」 と看板が出たりして・・・
七宗町の町おこしにいかがでしょう・・・(^_-)-☆

駐車場近くにたくさん咲いていました


ショウジョウバカマ


ショウジョウバカマ




ロゼット状に広がるこの細長い葉を見たら、花が咲いていなくてもわかりそう~(#^^#)・・・かな

ショウジョウバカマの葉





蜜も美味しいみたいですよ☆彡

ショウジョウバカマの蜜




ヒノキや杉の林を緩やかに登っていきます~

杉林





沢を3回くらいまたぎます。
ここは最後。
水は冷たくてま~るい感じがしました。
下山の時は暑かったので、美味しかったですよ(#^^#)

湧き水




9:18
登山口から30分くらい登ると、見晴らしのいい岩場に出ます。
中級コースは岩場が2か所ありますが、「世話~ない」(#^^#)
御嶽山。

展望岩からの景色





山並みの向うに見えるのは、恵那山。

展望岩からの山並み




ここは二つ目の岩場です。
斜めによじ登っていきます。
「世話~ない」

岩場



少ない分岐点には、手作りの標識があります。
初めてでも大丈夫です~

標識





9:48 
山頂 632.9m

のこりん


観音様




山頂には、始めは一家族だけでしたが、ゆっくり休憩している間に20人くらいにはなりました。
人気の山のようですね。
360度の眺望も人気の一つでしょうね☆彡
テーブルやベンチがいくつも用意され、登頂記録ノート、新しく記念スタンプも置いてありました。
今度はスタンプが押せるように、手帳を持っていきます~(#^^#)





飛騨川と美濃加茂市方面。
本日、名古屋までは見えませんでした。

飛騨川




白山

白山





中央アルプス方面

白山方面





御嶽山

御嶽山



噴火からちょうど半年。
今も、噴煙が見えます・・・

御嶽山噴煙




持ちよりのおやつ。
私はよもぎ大福とぬれおかき。
mikityさんは、チーズケーキとバームクーヘン。
申し合わせたわけじゃないけど、重ならなくて色々美味しかったね(^_-)-☆

山頂には馬酔木(あせび)が咲いていました。
10:35下山開始

馬酔木(あせび)




納古山は、こんな感じに隆起した岩が多いです。
七宗町には、道の駅横に「日本最古の石博物館」がありますが、この山も詳しく調べたら何か発見できそうです~

隆起した岩



山頂の記念ノートに、昨日の日付で登頂2080回のイチダさんの名前がありました。
そのイチダさんに下山途中で出会うことができました(#^^#)
今日は2081回目の登頂~☆彡
カーボーイハットが似合うダンディな雰囲気の方です(#^^#)

下山途中




イワカガミ
花はまだです~

イワカガミの葉



つつじの類
蕾が膨らんで~
たしかヒカゲツツジが咲く場所だったような・・・
次回はヒカゲツツジやヤシオが咲くころに来ますね☆彡
はい、またすぐです。

つつじの蕾





11:30 登山口に下山
登り 約1時間  下り 約55分

                   S=木工場付近   E=道の駅  (地図はクリックすると大きくなります)

納古山 軌跡図






道の駅には、ツバメが巣をかけていました。
例年より早く感じますが、どうでしょう・・・

道の駅のツバメ



道の駅に掲示してありました。
「雪割草祭り」

雪割草祭り

地図が見にくくてすみません。

加茂郡白川町黒川字 二ツ森
090-4794-7567
3月28日(土)~4月5日(日)  入場無料 午前10時~午後4時
*開催日以外一般公開していません



そんな里、あったのね・・・
行ってみたいなぁー
一週間の期間限定とは厳しいですね。
どなたか行かれましたら教えてくださいね(^◇^)




スポンサーサイト

香嵐渓 カタクリが咲く飯盛山

香嵐渓の紅葉の中心となるのが飯盛山です。
秋には錦色の楓、そして春にはカタクリの群生が花開く飯盛山。
標高254mで、どなたでも散策できます~
今回は、香積寺本堂には寄っていません・・・
カタクリ群生地散策路の延長です~

香嵐渓 巴川

巴川




飯盛山
秋には紅葉で鮮やかに染まります。
今は、楓の新芽が出てきたところです~

飯盛山




紅葉の季節は、歩く場所もないくらい人でいっぱいになる待月橋。

待月橋





香嵐渓
カタクリ群生地散策路の入り口

香嵐渓




散策路はこんな感じに山の斜面を登ります。
楓の足元にたくさんのカタクリが咲いています~

散策路




大きな木の根の間にも、ちらほらカタクリが咲いていました。
群生から少し離れた木の根元には、柵がありません。

木の根の間にもカタクリの花




イノシシは、カタクリ群生地侵入禁止!!

獣、立ち入り禁止



階段に整備された散策路。
どちらさまも山頂まで登れます~

階段の道




大きめの顎を持つ、カミキリムシの類
暖かくなって、出てきましたー

大きな顎を持つ




大きな石もごろごろ

もうすぐ山頂




山頂は、足助氏 城跡。
石の上に何か置いてありました・・・

足助氏 城跡



頼りない狛犬(#^^#)

石の上に・・・



足助氏が治めていた、足助の町
山の中の町ですが、ここは豊田市です。

足助の町



下山もすぐカタクリ散策路に合流します。

カタクリの咲く・・・


再びカタクリ




カンアオイの花

カンアオイの花




キクザキイチゲとカタクリ

キクザキイチゲとカタクリ




巴川沿いの、もみじのトンネル付近(もちろん今は葉がありませんが・・・)の遊歩道から見上げる飯盛山の斜面。
カタクリに日が射して、キラキラ本当に綺麗(#^^#)

カタクリ二段活用



もみじのトンネルを歩く




太子堂を下から見上げて~

遊歩道



遊歩道



遊歩道




足助陣屋の梅も満開
もみじ祭りで賑わうときと違って、静かな陣屋前は落ち着いた雰囲気がします。

足助陣屋の梅



東海桜も満開

東海桜



ミツマタの香りもほんのり漂っていました。
沈丁花より、優しい香りですね(#^^#)
茅葺の屋根の向うに煙が上がっていました。
木を燃やす匂いが、少し懐かしい・・・

ミツマタ




ミツマタにハナアブ



川向うに停めた車に戻るまで、スミレが沢山咲いていました。
あ~ 暖かくて気持ちがいい~眠くなりそう・・・
でも・・・目が痒い・・・💦

スミレ



吊り橋を渡るのは楽しいけど、結構揺れます(´・ω・`)

吊り橋


紅葉の季節は多くの観光客で混雑する香嵐渓。
春の妖精には静かに出会うことができました。


追記
本日(3月25日) 正午過ぎ、 カタクリを見に行かれた人の話では
「もう、少し萎れていた」そうです

春の儚い命です・・・






続きを読む

香嵐渓 カタクリ群生地

紅葉の美しさで東海圏では有名な、香嵐渓。
その香嵐渓の中心部となる飯盛山の斜面には、カタクリの群生地があります。
ぽかぽか春陽気の日曜日。
カタクリの花は満開で、山の斜面は紅紫色に染められていました。


3月22日の様子

KATAKURI -NO-HANA

カタクリの花はユリ科の多年草で、種子から開花まで7年くらいかかります。
花びらは一日の中で、気温が上がると開き、下がると閉じを繰り返し、約1週間の命です。
この花はどちらかというと寒帯性の植物で、太平洋側の関東以西にはあまり多くはありません。
早春の他の野草に先駆けて咲く花で、形といい、色合いといい、
まさにSpring Ephemeral(春の儚い命)と言われるにふさわしい花です。

(足助観光協会のチラシより)


妖精


カタクリの花


カタクリの花






カタクリ群生地の散策路の入り口
開花中は一方通行です

カタクリ入り口


山の斜面に




暖かい日差しを浴びたカタクリの花、クルンとしてなんだかとっても嬉しそう~
クルンとなったカタクリの花姿って、フィギュアスケートのビールマンスピンの形に似ていますよね☆彡

透き通って見える




すぐ下は駐車場

駐車場のすぐ上にも



赤い車を背景にした春の妖精
・・・少し変💦

背景がミスマッチ??




散策路を上がっていきます~

妖精たち


眩しい☆彡


群生





妖精の魅力に、蜂も誘われていました~

蜂も魅せられて~




妖精


ピンクの絨毯



花の楽園

キラキラした春の妖精たちはとても美しく、圧倒され、もう言葉は出ません・・・




お顔のアップ

うつむいて咲いているカタクリの花ですが、山の斜面の遊歩道からは見上げることもできるので
お顔も下から覗き込んじゃって・・・
恥ずかしい?ごめんね。
妖精がクレパスで描いたような模様も素敵よ(#^^#)




一面、紅紫色の花の中で、凛と佇む白い花一輪~

色白美人

花粉まで白くて、クレパス模様も白。
背筋もピン!として、ユリ科の中でも百合っぽい。
あなた、美人ね!



見渡す限りのカタクリの花



ここにも見つけた、色白美人さん。

色白美人



白、

やっぱり引き立つ




白、美しきかな。

白いカタクリ




太子堂を過ぎると、散策路は終わります。
六角堂の造りは、法隆寺夢殿に因んだものです。

太子堂



カタクリ群生地





とても綺麗なカタクリ群生地でした。
雨の滴か朝露なのか、花弁についた水滴の跡が変色を始めていました。
暖かい日が続いて、Spring Ephemeral(春の儚い命)の姿が見れるのも、あと僅かになりそうですね・・・

散策路の途中から飯盛山山頂まで登りましたので、次はそちらです~(^_-)-☆


各地でソメイヨシノの開花宣言がされましたが、寒の戻りで明日の朝から数日は冷えそうです。
暖かいのは過ごしやすくていいのですが、一斉に花が咲いて、早々と終わり、季節が流れて行ってしまうのは少し寂しい感じがしますね。
春本番まで秒読みだけど、ゆっくりがいいかな~(#^^#)




鳩吹山カタクリコース

鳩吹山は、岐阜県可児市土田の木曽川縁に位置し、標高313.5mの頂上からは雄大なパノラマが広がります。眼下に日本ラインの清流木曽川や濃尾平野、遠くには御嶽山などを望むことができます。
幾つかのハイキングコースが整備され、多くの人が山歩きを楽しんでいます。
カタクリの花を見たあと、山頂まで登りました。
この日は夕方から仕事だったので、カタクリ群生地から鳩吹山の往復です~

岐阜県可児市土田 R41 大脇 交差点
「湯の華アイランド広場」の大きな看板が目印です(^_-)-☆
可児川下流域自然公園の駐車場は無料です。
綺麗なトイレもあります。

可児川公園駐車場




カタクリ群生地もこちらです。

山に向かって橋を渡ります



カタクリ群生地の散策路に、登山口があります。

カタクリコース



明るい登山道をジグザグに登っていきます。
ハイキングコースと書いてありますが結構急なので、登山靴や運動靴で登ってね。
これから暑くなっても、クロックスとかビーサンはNGです。

明るい登山道



大きな馬酔木には、たくさんの花が咲いていました。

馬酔木



最初の休憩舎からの風景~ 
可児市、御嶽山が遠望できます。

最初の休憩所



ちょっとした岩場もあります。

岩場



二つ目の休憩舎を過ぎると、山頂です。 

山頂




三角点 313.5m

三角点




山頂の鉄塔には、作業中の方が・・・

鉄塔の作業中






ここは、一番の風景☆彡
ずーっと眺めていたいです。
313mの山だけど、この景色は最高です(^_-)-☆
♪紫紺の雲は乱れ飛び  ラインの流れ岩をかむ~♪♪
日本ライン 木曽川です

木曽川
手前の彎曲で、何か白っぽいのが気になる・・・




御嶽山が綺麗に見えました。

御嶽山



窪んだところで、白くモヤッとして見えるのは噴煙、かな。

噴煙




帰るころには、カタクリ群生地には陽が燦々とそそがれていました。

春日和


鳩吹山 カタクリ登山口から、往復1時間30分


鳩吹山のカタクリ群生地 2015.3.17

岐阜県可児市土田の木曽川縁に位置する鳩吹山麓には、カタクリ群生地があります。
旧ブログでは何度も登場しました(^_-)-☆
連日のぽかぽか陽気に、もしや可愛いカタクリの花もお目覚めかしら・・・と、うずうずしたので行ってみました。
3月17日の様子です。


咲いているのは少しだけ





ユリ科の花~早春に葉の間から10 cm程の花茎を伸ばし、先端に一つ下向きに咲かせます。
美しい紅紫色の6弁花は、咲くとシクラメンのように反り返ります~
蕾をもった個体は芽が地上に出てから10日程で開花します。

くるんとしています




まだほとんどが蕾でした。
でも、ほら!もう開きそうです~

カタクリ




咲いている子はほんの少しなので、かくれんぼしているみたい(#^^#)
探すのも楽しいね☆彡

おはよ




早春、他の花に先がけて花を咲かせ、逆にまわりの木々や草がすっかり緑になる季節になると地上から全く姿を消してしまう植物のことをヨーロッパでは
 「スプリング・エフェメラル”春のはかない命”」や
 「エフェメラルプラント”短命植物”」と 呼んでいるそうです。(エフェメラとは「かげろう」のこと)
・・・儚い命とか短命とか・・・よりも、やっぱり
「春の妖精」がぴったり。妖精みたいに可愛くて可憐な姿ですもの。

カタクリ



全体を見ると、まだこんな感じです。
あと1週間ほどで、ここは一面ピンク色になります~
見回りに来ていた方の話では、「25日ごろ」とのことです☆彡

ほとんど蕾



可愛いね



ここもピンクに染まる




小さくて見にくいですが、ここには沢山の蕾があります。
もうすぐ、もうすぐ・・・

ここも。



蕾がたくさん



可憐な花姿




最高気温は20℃を越えた、暑いくらいの一日でした。
この陽気で開花も進みますね。
昨年より、少しだけ早そうです~

暖かい日でした




カタクリを見てから温泉やお買い物が楽しめます(^_-)-☆
開花状況も教えてくださるそうですよ

岐阜県可児市土田大脇 交差点西エリア
名勝木曽川国定公園内 「湯の華アイランド広場」

湯の華 温泉 TEL.0574-26-1187(代表)
湯の華 市場 TEL.0574-24-3811(代表)

カタクリ色にしてみました (#^^#)  



プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ