名古屋市農業センター ひょうたんトンネル 2015.7

猛暑の毎日、ひょうたんトンネルが涼しげです。
ここは、名古屋の東寄り。
名古屋市天白区平針にある名古屋市農業センターです。

農業センターは、農業に親しむ機会の少なくなった市民に、農業に親しみながら、ゆったりと憩うことのできる施設として利用されています。
そして、季節折々の草花や野菜畑、名古屋コーチンやチャボ、乳牛、ヤギ、ヒツジ、ブタ、などの家畜にも出会えます。


ジェラード売り場の隣りで、品種別のひょうたんのトンネルを通り抜けることができます。


ひょうたんトンネル





タイムトンネルみたいです!
涼しい季節にタイムスリップ!

ひょうたんトンネル




一寸豆瓢(いっすんひょうたん)?

ひょうたん




カーリング
うんうん!よく滑りそう~
カーリングを想像して涼しくなろう。

カーリング





美しい曲線ですね~

ひょうたん




大長瓢箪(おおながひょうたん?)

ひょうたん




超首長瓢箪(ちょうくびながひょうたん?)

ひょうたん




愛知縮緬(あいちちりめん) 
浴衣の柄みたいですね

愛知ちりめん




トランペット!
いい音、奏でそう!?

トランペット




ヘビウリ
長ーいです!

ひょうたんトンネル




ヘビウリの断面が見えました (^_-)-☆

断面

熟れたゴーヤみたいでした





続きましては、かぼちゃトンネル。
かぼちゃ好きの私にとっては、食の宝庫です~
カロチン豊富で毎日食べたいですねー

かぼちゃトンネル





バターナットさん
鼻みたい。
あははー、吸い込まれそう~

かぼちゃ




ロロンさん
スイカみたい。

かぼちゃ





食用種用かぼちゃ?
一番見慣れた西洋かぼちゃに似ています。

かぼちゃ





蔓が混ざっていて、名前がよくわかりません・・・
ボン!キュッ!ボン!  (^_-)-☆

かぼちゃ





土田さん
つっちー。

土田くん





かぼちゃトンネルを抜けると、ひょうたんトンネルと、とうもろこし畑を見下ろします~

ひょうたんトンネルととうもろこし畑





涼しそうでしょうーーー

かぼちゃトンネル




畑にはごろんと、ジャンボかぼちゃ。
ハロウィーンが近づくころには、主役になって飾られています☆彡

ジャンボかぼちゃ





農業センター



センター入り口では、地元農家の方の小さな「青空市」がありました。
「おいしそう!!全部買いたいけど、昨日実家の野菜をたくさん貰ったばかりなんですよ~。」
 でも、トマト美味しそうだから、トマトください」

「じゃあ、他にもあげるよ、どれでもいいよ!」

気前のいいおじさまから、坊ちゃんかぼちゃ一つサービスしていただきました( *´艸`)
トマトより高いんじゃないのかなーー
今度はたくさん買いますね!
また出店してください。





センター内の動物たちも暑そうでした
今朝見かけたブタちゃんの様子です
どの子も個性が輝いてとても可愛いブタちゃんでした
ラスト・・・お食事中の方はゴメンナシャイ・・・ブヒッ 


(スマートホン等での再生は、吹き出しの「セリフ」が反映されないようです)










家畜舎には、アヒル、数種類のにわとり、モルモットもいます。
みんなそれぞれの区切られたお部屋で、大切に管理されています。








ヒヨコのふか展示室では、ふ卵器の卵、ふか間近の卵、ふか後数日のヒヨコがいます
タイミングがいいと、ふかの瞬間に立ち会うことができます








マイブームの(笑)動画を張り付けてみました
見て頂いた方は、貴重なお時間をありがとうございました


スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

愛知牧場のひまわり畑

連休の日曜日、蒸し暑い曇り空でしたが、愛知池のウォーキングコースと愛知牧場のお気に入りコースを歩きました。
日進市の愛知牧場では、広大な畑にひまわりの花が咲いていました。



ひまわり



ひまわり畑





あと少しですね、がんばって~

ねむねむひまわり




暑い毎日、まとめ髪にすることが多くなりました。
細くてまっすぐで、こんな綺麗なうなじ、羨ましいわ~

綺麗なうなじ




いない いない・・・

いない いない


ばぁ~っ!

ばぁ~っ!





忙しそうなミツバチ。
ひまわりだらけで、ミツ採り放題ですね(^◇^)

ミツバチ






🎶 そばにいたいよ  君のために出来ることが 僕にあるかな
 いつも君に  ずっと君に  笑っていてほしくて 

ひまわり




🎶 ひまわりのような  まっすぐなその優しさを  温もりを  全部これからは  僕も届けていきたい 

    ~ 「ひまわりの約束」 秦 基博 ~

ひまわり

ひまわりの花は、みんなを笑顔にしてくれますね~





愛知牧場から徒歩でも行ける愛知池は、1周7.4kmの池に沿ったウォーキングコースがあります。
1kmごとに表示があって、ほぼ平坦の歩きやすく走りやすいコースです。

愛知池1周ウォーキングコース 7.4km





日曜日は、こんなふうに曇っていました。
陽射しは少なかったですが、蒸し暑い一日でしたね。
池の向うに見えるのは、猿投山です。

愛知池




この日は、ボートの試合があったようで、他県からの参加もあったみたいです。
マイクで、静岡なんちゃらって言っていました。

ボートの試合





ウオーキング中に見つけた生き物たち。
今にも降りそうな天気なので、雨宿りするアマガエル。
野球観戦しながら脱皮したセミ。

雨宿りするアマガエル ススキの葉で脱皮





カメラ目線のニホンカナヘビ。
二羽から離れて休憩中のハグロトンボ。

ひなたぼっこ トンボ




緑たっぷり、湿気たっぷりのコースでした。

湿気たっぷり





「いけー! いけー!!」 と大きな声援が響いて、活気のある愛知池。

応援が飛び交う池畔




池の畔では、くずの花が静かに風に揺れていました。

くずの花




そして、秋の支度も始まっていました。

秋の支度






ウォーキングコースの途中から、道路に出れる場所があります。
道路からは、東郷SAや愛知牧場に行くことができます(#^^#)

軌跡図




海の日の祝日(月曜日)は、東海地方も梅雨明けで青空が広がる晴天となりました。
少し高い山にも登りたいなーなんて思いまいましたが、都合で出かけられませんでした。
実家の日帰りは時間が足りないし、庭作業も暑すぎたので、ひまわり畑を動画にしてみました (#^^#)
コンデジの動画機能で撮った画像です・・・💦
YouTubeも初体験。
御目障りな映像かと思いますが、お時間のある方はご覧ください~( *´艸`)






テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

猿投山のキノコ

猿投山を歩きながら見つけたノコノコキノコちゃん達を紹介します。
茶色いキノコは種類が多くて、お名前はわかりません・・・

キノコ





キイボガサダケ
イッポンシメジ科、「イッポンシメジ」名前がカッコいい。
帽子の上のポッチが可愛いね。

キイボガサダケ





個性的な傘だけど、名前は捜索中
キツネタケのお仲間でしょうか・・・

キノコ




切り株の割れ目から生えている可愛いキノコシスターズ。
ヒメコガサ、でしょうか・・・

キノコの山




私の足の大きさくらいのキノコでした。
今回見た中で一番大きいキノコです。

キノコ
ちなみに私の足のサイズは平均的なレディースサイズです( *´艸`)





この団体さんも、ヒメコガサかと思います・・・

キノコ





ミフサダケ
ウサギの耳みたいです。
桧平窯跡にわさわさと入って行ったときに見つけました。

ミフサダケ




ベニイグチ??
うひゃー毒々しい・・・💦
でも、食毒不明だそうですね。
毒抜きをして、お味噌汁になっている写真も見ました。

ベニタケ科





キイボガサダケ
本日二回目の登場です。
綺麗な黄色で、すらりとした羨ましいスタイルですが、有毒性のキノコです。

キイボガサダケ




登山道の木の階段に生えていました。
お手玉みたいなキノコです。
叩くとパフパフ出てくるホコリダケの類でしょうか・・・よくわかりません。
陽射しを浴びて、体から水分が抜けていくところでしょうか。汗をかいています。

ホコリダケの類?





小っちゃすぎてよくわかりませんが、可愛いキノコーズです。
楊枝の頭くらいの大きさです。

キノコ





つやつやピカリンの可愛いキノコ(^_-)-☆

タマゴダケ





ベニイクチの類かと思いますが、誰かかじった??

ベニテングダケ??





シダが生えていると、つい作ってしまいます。
以上、猿投山で出会ったキノコーズの皆さんでした。

シダ工作


キノコはよくわかりません・・・
名前が間違っていたら命にかかわりますので、どうかご指摘くださいませ。

栽培されているシイタケや、スーパーで並んでいるシメジやエノキなら安心ですが、山に自生しているキノコはよくわかりません。
秋に、山に入ってキノコ狩りをする人を尊敬してしまいます。
キノコの中では、マイタケが一番美味しいな~と思いますが、もし山で「これはマイタケですよ」なんて教えらても怖くて食べれません・・・💦
マイタケを栽培している人を知っていますが、菌を植え付ける木を煮沸消毒したりして、とても手間がかかるデリケートな作業のようです。
「菌」って、奥が深いですね。


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

猿投山下山~三叉広場~雲興寺

7月12日 10:32
瀬戸市雲興寺の登山口から、北歩道で登って来た山頂です。
山頂には、オカトラノオの白い花房が揺れていました。

猿投山頂





猿投山(629m)山頂からは、北側にしか眺望が開けていません。
ガスっている日はこんな感じ・・・

多治見、春日井方面




これより豊田市。
豊田市側の、カエル岩と御嶽山が見えるスポットの間に、昨年はギンリョウソウを見つけました。
長雨が続いたので、同じ場所に生えていないかなぁ~
もう少し足を延ばしていってみましょ。

ここから豊田市




こんにちは、カエルさん。
いつも右側からだけど、左側も男前ね!

カエル岩




御嶽山も、もちろん今日は見えません・・・

御嶽展望地
ここまでの間を注意深く探して歩きましたが、ギンリョウソウには会えませんでした。
残念。
もう少し、東の宮まで行ってみましょう~



10:49
東の宮

東の宮 東の宮




11:03 
再び、山頂に戻りました。
今日のお昼はシャウエッセン挟んできました(^_-)-☆

再び賑わう山頂へ シャウエッセン




11:32
休憩30分。では瀬戸に帰ります。
下山は北歩道でなく、三叉広場がある林道方面に下ってみます。

瀬戸に帰ります





瀬戸からの登山道で、ずっとギーギー鳴いていたのはあなたね。
たくさん見かけた、キリギリス?ヤブキリ??
それから、綺麗なトカゲくん。

キリギリス 綺麗なトカゲ




私でも座れそうな(!)大きなサルノコシカケ発見!!

大きなサルノコシカケ



12:05
三河湾に浮かぶ「神島」が見えるスポットがありました。
手作りの木のベンチの横の、吸い殻入れの上からみると遠く「神島」が見えるそうです。

神島(三河湾)展望地



今日は見えませんので、画伯の絵をご覧ください。
やっぱり狙い目は空気が澄んだ晩秋から冬かしらん・・・

神島




ヤマザクラと林道(三叉広場)の分岐点。
ヤマザクラ、今は咲いていないから林道方向に行きましょう~

分岐点




緑の橋を越えて行くと、林道に出ました。

橋 林道




道の脇にはイヌショウマ?が咲いていました。

白い花




12:34
三叉広場は、少し広くなっている分岐点でした。

三叉広場




看板の下に、何かの植物がロープで囲って保護してありました。
ん~、気になるなー

保護 保護




三叉広場を少し行くと、また広場がありました。

広場



この場所の方が、広場っぽい。
粋な看板の向うには、粋な厠(かわや)があります。

トイレ




日本山岳会東海支部 猿投の森作りの会の案内図。
左下には、ギフチョウの説明も。

ギフチョウを見つけたら連絡してね




今のこの瞬間も、命は芽吹いています~

生命



12:44
朝通った分岐点まで来ました。
ここを、朝は北歩道に登って行きました。

安心したところで、おにぎり休憩。
息子が部活におにぎり(2合分)を持って行くので、余分に作りました。
中身はシャケです(^_-)-☆

分岐点 おにぎり休憩




樹液が出ている木も多かったので、ちらちら見ながら歩いていましたが、見つけるのはこの黒い昆虫。
ゴミムシ?
足元にはニホンカナヘビ。

ゴミムシ? ニホンカナヘビ




13:45 雲興寺に到着です。
    雲興寺は改めてアップいたします。

シダが生える道 練乳いちご

平野部では34℃前後となった夏日でした。
ほとんど日陰の登山道は思ったより暑くはありませんでしたが、やっぱり下山後は「冷たいもの!」
ハロハロ練乳いちご☆彡




下山 2時間15分


軌跡図


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

猿投山 (其の九) ~瀬戸 雲興寺から~

もう何回登ったことでしょう。
猿投山は標高629m、瀬戸と豊田にまたがっています。
梅雨の貴重な晴れ間の日曜日、時間的には近場で山登りに行きたかったので、そんな日には猿投山(629m)です。

猿投グリーンロードで、すぐに登山口に行けるのでいつも豊田側から登ってきました。
今回は瀬戸市側から登ってみることにしました。


猿投山
 
東海環状道路 「せと赤津IC付近」  海上の森と、一番高いところが猿投山




2015年7月12日(日曜日)

R155で瀬戸赤津方面に向かって北上し、瀬戸市の「雲興寺」を目指しました。
東海環状道路なら「せと赤津インター」から33号を進むとまもなくです。



「雲興寺」(うんこうじ)の駐車場をお借りします。
綺麗なトイレと休憩舎があります。
下山してから参拝したので、お寺の様子はまた後ほどです~(小さくした写真はクリックすると大きくなります)

雲興寺 お寺の駐車場にトイレと休憩舎




8:22
お寺の前の白い橋を渡るとすぐ登山口があります。
お寺の前の道路は片側一車線だけど、法事やお参り、奉仕活動の人の車で、意外と交通量が多く感じました。

橋を渡ります 




橋の向うは「つばきの森」
つばきの名前が数種類表示されていました。
ナツツバキもありましたが、今咲いているツバキは見られませんでした。
池の畔には紫陽花。
そして蓮の花が3輪咲いていました。
蓮の葉にカエルが座っていないか探しましたが、そうはうまくいきません。

つばきの森

蓮 蓮





狛犬はカッコいいシーサー。
瀬戸焼かな。
猿投山と城ケ峰のプレートも焼き物です。
ここでもゆっくりしたいけど、暑くなる前に山登り!

つばきの森 シーサー つばきの森 シーサー



左に続く道が登山道です。
『猿投山 5.3km 3:27分』(3時間27分という半端な表示が好き)

登山口




小さな流れを越えて行きます。

明るいハイキングコース


せせらぎ





トレランの方へのお願いが書いてありました。
登山道の数か所にこのような表示がしてありました。

ランナーの方へ

この先、10数人のトレランの方に出会いましたが、どの方も立ち止まって「どうぞ」と避けてくれました。
風のように颯爽と駆け抜けて行かれるのを止めてしまうようで気が引けたので、
「いえ、どうぞどうぞ~私遅いので・・・」と、私も避けると、恐縮されるように走り抜けて行きました。
ランナーと登山者の接触事故やトラブルも時々あるみたいですが、一瞬で駆け抜けていかれるので
私は譲る方が気が楽です。




梅雨空が続いた中の貴重なお日様が、さらに神々しく感じられました。

木漏れ日



癒しの森




鶯(うぐいす)の声が響いていました。
数種類の野鳥の声も聴こえてきましたが、はっきりわかったのは鶯と、聞きなれたシジュウカラくらいでした・・・💦

癒しの森




木の階段で整備された広い登山道です。
陽ざしが当たった木々は眩しいほどでした。
この日は、雨続きから急に暑くなり豊田市や瀬戸市でも34℃前後となりましたが、登山道は涼しく感じました。
(でも湿気があるので、背中はすでに滝の汗・・・)

登山道




8:59  白山展望スポット
本日はあいにくの展望・・・
秋や冬の晴れた日なら見れそうです。

白山展望スポット




9:07 鉄塔の下をくぐって行きました(#^^#)

鉄塔 鉄塔




鉄塔の下からは、瀬戸の地デジタワーが見えました。
本日の眺望はこれが限度・・・

瀬戸タワー




まりも見~つけた!
抹茶大福??
大きな岩だけど、可愛くて美味しそう~

まりも岩 抹茶大福



新製品の天然水 飲んでみました。
想像よりうんと甘かったですーー
薄いカルピスって感じでしたーー
「水」と思っちゃだめよ。
清涼飲料水です。

ヨーグリーナ




9:27 初めての分岐点。
ここは「北歩道」に。
下山は「林道」の方からにします。

北歩道

休日の猿投山。
豊田市「猿投神社」側の登山道は登山者がたくさんいますが、瀬戸市「雲興寺」側登山道は、静かでした。
山頂までの往復で出会った人は、トレラン10数人、登山者10数人くらいでした。
登山者には、休憩スポットで出会うことが多かったので道々は猿投山とは思えない静けさでした。




植生遷移(樹種が交代していくこと)
ふむふむ・・・永ーーーい時間を経て、森林の顔が変わっていくのですね。

植生遷移




9:35 桧平古窯跡(ひのきだいら古かまあと)

桧平古窯跡




ふむふむ・・・瀬戸市の焼き物は平安中期からの歴史。ここ猿投の森の中で最も奥の窯跡です。

桧平古窯跡

標識に沿って行ってみたのですが、少し広くなって草が茂っていたところが窯跡??
・・・ずんずん行ったら、通ってきた登山道に出ました。
後ほど軌跡図で見てください。丸く歩いているところです( *´艸`)



窯跡はよくわからなかったけど、緑のトンネルを歩いて山頂を目指します。

登山道




10:10 東海自然歩道に合流しました。
ここは、山頂方面、雲興寺方面、北歩道の三叉路になっています。
北歩道から登ってきましたが、下山は雲興寺方面に下ることにします。

東海自然歩道 合流





山頂方面に暫く行くと、木々の間から遠くの山並みが遠望できる場所がありました。
今日は雲です。

中央アルプス、恵那山展望スポット




代わりに画伯の風景をご覧ください。

画伯の作品






10:30 山頂の賑わいが届いてきました。

山頂





猿投山頂 
焼き物のプレートがいいですね☆彡

山頂 


雲興寺からの登山道では、アップダウンを繰り返します。
急登だったかと思うと、その後結構下って損をしたような気にもなりました(笑)
登山道は整備されて歩きやすく、他の登山者は少ないので静かな山歩きができました。
山頂に近づくと急坂になります。
花は殆ど咲いていませんでしたが、雨が続いたあとだったからか、色々なキノコが生き生きとしていました。


往路  約2時間
雲興寺の駐車場→登山口→北歩道→東海自然歩道→猿投山頂



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ