温かい時間

今回のブログは、山レポでも紅葉レポでもなく、私の備忘録的な内容です~( *´艸`)



晩秋の休日、クラス会がありました。
出席率は約60%。
徳島、兵庫、、、遠くに住んでいるひとたちにはなかなか逢えませんが、郡上や高山からもはるばる名古屋まで出てきてくれました。
久しぶりに逢えて、と~っても嬉しかったよ(#^^#)
今回の幹事は、ばんちゃんとはるんぴ。
忙しいのに、計画してくれてありがとうございました。


           御献立


ヘルシー・ビューティー・フレッシュをコンセプトに、進化したブッフェ

「参考にしたいから、味付け一通りみなきゃね!」 とか言って
お皿持って「アンティパスト5種類」に、何度も並んでいたひと、だ~れ!
気になっていたメイソンジャーサラダ、初めて食べました( *´艸`)

パイが乗ったスープは、クリームスープかと思ったらコンソメだったね。
でも、「コラーゲンたっぷり美肌&健康スープ」って、知ってた?

メインはローストビーフとうなぎの選択。
ほとんどの人がローストビーフだったみたいで、
「あれ?これご飯入っているじゃん!ご飯には合わないね!」なんて声も聞こえたけど
「ローストビーフ丼」って、メニューに書いてあったよ。
私も、中にご飯が入っているなんて知らなかった( *´艸`)
ご飯入りならウナギが良かったかな(´・ω・`)

幹事のばんちゃんが、
「話しなんか後でゆっくりできるから、とにかく食べなきゃね!1時間半しかないんだよ!」 って
言ってたのには、大笑いしちゃって。
「え?!今日は何の会?」
お腹がよじれるほど笑ったのは、いつ以来だろ・・・


サーウェストン2 サーウェストン3




サーウェストン






奈良や京都に行ったみたいだね( *´艸`)
八事興正寺へみんなでお散歩。

興正寺




          興正寺



          聖堂





それから、てくてく歩いてティータイム。
24時間テレビにも出演した、『やっちゃんち』

       やっちゃんち2



        やっちゃんち4


ランチではゆっくり話せなかったことも、『やっちゃんち』のほんわか温かい家庭的な空間の中で、やっとゆっくりお話しすることができました。

楽しくて。
悲しくて。



次は、はなちゃんとまゆみちゃんが、ジャスト記念温泉旅行を計画してくれます。
ワナナバニ園以来だね( *´艸`)

何卒よろしくお願いいたします。


まだまだずっーーーと先だけど、還暦もみんなで祝って、古希も、喜寿も、米寿も、み~んな揃って
「笑う門には福来る!!」
病魔も悪霊もやっつけてしまおうね!!
みんな、ありがとう。
再会の日まで元気でね!




やっちゃんち3



スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

祖父江イチョウ 黄葉まつり

愛知県稲沢市祖父江町には約1万本の銀杏の木が植えられ、この時期は町中が黄金色になります。
以前から一度行ってみたかった祖父江町の銀杏まつり。
本日行ってきました。
天気予報では昼から傘マークのなんとなくどんよりした空でしたが、時折青空がのぞいて夕方までこらえてくれました。

連休の渋滞を避けたいので、現場に到着は朝の8時です。
道路はスイスイ、余裕で臨時駐車場に停めることが出来ました。


黄葉まつり





見てください、
この大きなイチョウの樹!
所々に緑色が残る状態で、暖かな秋のせいか、茶色い斑点が出ていたりします。
じっと見ていると、魚の鱗(うろこ)みたいに見えてきました(´・ω・`)
こんなに大きなイチョウの樹が、畑のように植えてあり、「屋敷イチョウ」と言って各家庭の庭にも大きな樹がありました。
広い敷地のイチョウ御殿、何件か目にしました( *´艸`)

イチョウの木






道路ぎりぎりまで、イチョウ畑。

銀杏畑





太子山 祐専寺
この山崎地域に植えられたイチョウの原木があるので行ってみました。

祐専寺イチョウ





祐専寺イチョウは高さ20m 胸高囲3m。
樹齢推定250年以上。

祐専寺イチョウ


「イチョウ」は、1億5000万年前の中生代に最も栄えたグループで、原生種の1種のみが生き残る、生きた化石と言われます。
それで、病害虫に強く寿命が長いと言われます。





ほほ~~う・・・

祐専寺イチョウ





親鸞聖人750回御遠忌記念の銅像
2013年5月に建てられたものです。

親鸞聖人





灯篭






乳根
イチョウの幹から大きく垂れ下がっている部分を、「乳根」というそうです。
それは気根で、土壌が酸欠気味なので、この根で窒息を免れている・・・・ということです。

乳根





苔







久治(久寿)イチョウ原木
樹齢170年以上の原木。
前代が紅葉を楽しむために植えたイチョウに銀杏が成り、二代めが銀杏に自分の名前をもじって「久治」と名付け名古屋に出荷したら大当たり。
それがこの山崎地区の銀杏の始まりだという話です。

久治イチョウ

うちにも何か出荷できるものないかなぁ・・・・( *´艸`)



久治イチョウ






散策地図のビュースポットを、名鉄電車が抜けて行きました。

名鉄尾西線





イチョウのトンネルを通り抜けると、樹齢200年以上の古木が立つ農家さんのお宅がありました。
古木の麓で、おばあさんが古木の銀杏と野菜を販売してみえました。

銀杏、野菜売ってます


古木の銀杏は小粒ですが、モチモチして美味しいとのこと。
日持ちはしないので、1週間で食べきるように言われました。
私は勤務先の人たちに、少し大きめの藤九郎を4袋買いました。
「大きいのはそっちの畑の銀杏やけど・・・」
おばあさん、古木の銀杏を買ってほしかったみたい。
ごめんね。

          樹齢200年以上




樹齢200年以上





この垂れ下がっているところは気根で、「乳根」といいます。

樹齢200年以上





樹齢200年以上






こちらは倒木イチョウです。
いつ倒れたのかわかりませんが、災害で倒れたイチョウでしょうか。
倒れたままの姿勢で綺麗な葉が生き生きとしていました。

倒木イチョウ






散策路を歩いていたら、銀杏農園の庭先に銀杏を選別する機械が置いてありました。

選別機

売り物の銀杏が白く綺麗な状態になるまでの段階で、周りの実を取り除く作業があります。
散策路から少し外れたところに迷い込んでしまい、その作業をやられている農園がありました。
独特なにほひ、洗い流した排水、飛び交う小虫。
裏方さん的な作業に頭が下がる思いで、通り過ぎました・・・





お祭り会場の売り場で、こちらの大きい銀杏を実家用に買いました。
田舎の父の晩酌のお供です( *´艸`)
それと、銀杏焼売、銀杏入り炊き込みご飯も買いました。

銀杏農園のおっちゃんのうんちくを聞いて、気のいい奥さんとお話しして~( *´艸`)

ブランド銀杏




どちらも美味しかったです。
これから焼売の上には、グリーンピースより銀杏がいいですね!

銀杏焼売、銀杏入り炊き込みご飯

ここだけの話ですが、夫が大の銀杏好きだったということを、ここで初めて知りました!(^^)!





大きなイチョウの木の下で~

大きなイチョウの木の下で





イチョウの木





皇帝ダリア




          
          祖父江町のイチョウ




黄土色に見えるのが、たわわに実った銀杏です。

銀杏たわわ






銀杏






黄色い絨毯





黄色い絨毯






黄金の木






イチョウの木





そぶえイチョウ 黄葉まつり
平成27年11月21日~29日
まだまだ見ごろです~







テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

紅葉ぶらり2 応夢山定光寺

紅葉ぶらり第二段( *´艸`)
多治見「永保寺」のあと、瀬戸「定光寺」へ、ぶらり。

応夢山定光寺(おうむざんじょうこうじ)は、愛知県瀬戸市定光寺町にある建武3年(1336)創建の臨済宗妙心寺派の寺院です。
尾張徳川家の菩提寺で、本尊は延命地蔵願王菩薩(地蔵菩薩)が祀られています。


近くに定光寺公園があり、駐車場はいくつもありました。
バス停もすぐです。


公園の第一駐車場に停めましたが、入り口正面も空いていました。
お蔭で、駐車場の綺麗なもみじが見れました。

DSCF8083_20151120105203f74.jpg




蓮池にかかる石の橋を渡ります。
私がここに来るのは紅葉の季節なので、この池の蓮の花は見たことがありません(´・ω・`)

DSCF8084.jpg




165段の階段を上がります。
段差は小さく、緩やかな階段です。

DSCF8085_20151120105205b5f.jpg



緩やかな階段





山門をくぐると、風格のある仏殿(無為殿)。国の重要文化財です。

          山門




ひときわ目立つ濃厚な赤みのあるもみじに、気が引き締まりました。

赤





手水(ちょうず)の周りにも、真っ赤なもみじが落ちていました。

手水舎




この手水は水が上から流れてくるのでなく、下から水が湧き出ていました。
手水にもみじ。
風流ですな。

雅かな。





          赤、黄





小さな池ですが、弁天池という立派な名前であります。

          本堂




DSCF8109.jpg





観音堂
聖観世音菩薩、薬師如来、毘沙門天などが祀られていますが、扉が閉まっていました。

          観音堂





所々に石仏様が見られましたが、こちらさんが気になりました・・・

石仏





小高い丘に登ります。
お年寄りの方がたくさんみえましたので、石段に手すりがあるといいと思いました。

DSCF8105.jpg





丘の上からは、名古屋中心部がとても近く見えました。

DSCF8100.jpg

たぶん自宅より名古屋駅に近い。





焼けるにほひも含めて、五平餅200円。
こんがり美味しい五平餅は、胡麻だけ入った味噌でした。

五平餅





茶店の前では縦吹きオカリナが販売されていました。
永保寺でもオカリナを吹いている方が見えましたが、中高年にオカリナブーム?
オカリナと言えば宗次郎ですが、あんな風に吹くことができたら気持ちがいいですね。
出来れば、オカリナを土で造るところから始めたいです( *´艸`)

秋深し





秋深し





階段の紅葉はまだこれからです。

山門





定光寺入り口。

定光寺 入り口





定光寺公園の大過ぎる眼(まなこ)が、定光寺を見つめていました。

目

目と手。
『看』?



紅葉ぶらり。
出来れば、岩屋堂から岩巣山ハイキングもと思いましたが、日没が早いのであきらめました。
暖かく過ごしやすい晩秋ですが、木々の紅葉にはあまりいい条件ではないようですね。
11月も下旬となりました。
はやー。




テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

紅葉ぶらり1 虎渓山永保寺

永保寺は、岐阜県多治見市の小高い虎渓山に佇む禅寺です。
鎌倉時代(1313年)に開創され、正式名称は「臨済宗南禅寺派 虎渓山永保寺」

国宝に指定されている「観音堂」と「開山堂」は鎌倉時代末期に建てられ、厳かな雰囲気が漂う庭園は池泉回遊式庭園と言われ、国の名勝に指定されています。

旧ブログでも毎年の恒例ですが、今年も見てね( *´艸`)






虎渓山永保寺






DSCF7998.jpg






DSCF7999.jpg






あれに見えるは、国宝 観音堂です。
庭園の中核を担う観音堂(右側)は、その名が示す通り室町初期に作られたと見られる聖観世音菩薩坐像を本尊とします。
永保寺を開いた1年後の1314年に建てられました。

国宝 観音堂





国宝 観音堂






毎年3月15日には収蔵してある貴重な文化財や史料の一般公開が行われますが、
運よく、檀家さん(?)関係者の方々が拝観され、普段は公開されない扉があいていました。

観音堂





ありがたい観音様を、遠くから拝ませていただきました・・・

観音様

観音様は洞窟の中に座っておいででした。




観音堂




観音堂




DSCF8059.jpg






こちらは本堂です。
2003年の火災で本堂と庫裏が全焼しましたが、市民を中心とした募金活動によって2007年に庫裏が、2011年6月には本堂が再建されました。

DSCF8005.jpg





池泉回遊式庭園と言われ、国の名勝に指定されています。
厳かな雰囲気が漂います。

DSCF8012.jpg





DSCF8013.jpg






DSCF8016.jpg





灯篭




DSCF8020.jpg





紅葉





DSCF8022.jpg






池の畔の岩の上に佇む六角堂。

六角堂




六角堂





観音堂、六角堂付近には、観音像が見られます。

お地蔵さま




お地蔵さま




お地蔵さま






境内の奥にひっそりと佇む、国宝 開山堂。
足利尊氏氏が建立したと言われる、室町時代の建築物です。

こちらも、特別な許可を得た方々が、拝観されていました。

国宝 開山堂




遠巻きに眺めているのが見つかると、住職さんたらサッサと扉を閉めてしまいました・・・(´・ω・`)

国宝 開山堂

「ただでは見せん!」






景勝地






苔




DSCF8041_20151119164716abc.jpg





もみじの木陰では、オカリナを吹く方がみえて綺麗な音色が響き渡っていました。

オカリナを吹く人





昨日の雨で少し増水した土岐川の流れる音が、オカリナの音色と調和しているようでした。
そして時々聴こえてくる電車の通過音も、アクセントになっているようでした♪

土岐川





土岐川





樹齢約670年の大銀杏。
開山である仏徳禅師のお手植えとして、大切に保護されてきました。

大銀杏は、この地の時代の流れを静かに見下ろしてきたのですね。
これから先も、ずっとこのまま穏やかな時代を見せてあげたいと願います・・・

大銀杏



          大銀杏






鐘楼

鐘楼





見上げると、山茶花、楓、銀杏が勢ぞろいでした。

山茶花、楓、銀杏






本堂の前に鎮座されるお地蔵さま。
説明は外されていましたが、身代わり地蔵様のようなお地蔵さまです。
自分の身体の悪い場所と同じところをさすると、良くなるそうです。たしか。

長い前髪は、眉毛みたいです。

お地蔵さま





寺院にもおみくじがあるのですね。
可愛い、だるまおみくじ 300円。

おみくじ






六角堂の横の石段から見える風景です。

DSCF8079.jpg





虎渓山永保寺





お団子屋さんで、田楽を食べました。
お豆腐とこんにゃくの2種類です。

田楽

1串100円 注文は2串から。
昨日の夕飯はおでんだったけど。




虎渓山 永保寺





虎渓山 永保寺。

「今年の秋は暖かい日が多く過ごしやすいけれど、楓の紅葉の条件には適さない。」と、観光ボランティアの方がおっしゃっていました。
日当たりのいい場所のもみじはちりちりになっていましたが、日陰のもみじはまだ青い葉が残っていました。
私のお気に入りの場所なので毎年見に行っていますが、毎年違った紅葉風景です。


テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

秋晴れの納古山

秋晴れのある日、納古山に登りました。
今回は3年2組の同級生に「一緒に登ろうよ!」と誘われて、のこのこ出かけました。

本当は5人で登れたら良かったのだけど色々あって、3人で登りました。
納古山の麓に住むミキティと、山登りは初めてだけど、もと騎手のサユミン。

納古山(のこやま)は、岐阜県加茂郡七宗町(ひちそうちょう)と川辺町(かわべちょう)の境に位置し、標高は633mのお山です。
「のこやま」という名前が可愛いですね!




2015年11月吉日

待ち合わせは国道41号沿いにある、七宗町の道の駅。
駐車場が広いので、登山口に駐車できなくてもこちらに停めさせていただけます。
道の駅から歩くと、JRの線路を横断して、林道を歩いて登山口まで20分くらいです。

JRでは、高山線上麻生駅から登山口まで徒歩20分くらいです。
アクセスは最高の納古山。

道の駅 ロックガーデン七宗





名古屋ICから、中央道「小牧東」→尾張パークウェイ→R41バイパス→道の駅 ロックガーデン七宗
いつものように川辺のサークルKで休憩しても、2時間以内で来れました。
予定より少し早い到着だったので、お昼用にサークルKで買ったパンを一つ食べちゃって。
飛水峡を眺めてまったり待ったり( *´艸`)
道路沿いの山も紅葉していました。

飛水峡





飛水峡

道の駅に車を置いて、ミキティの愛車に乗り込んで登山口までレッツらゴーー
登山口には狭いですが駐車スペースがあります。



10時
中級登山口にて、ミキティとサユミン
二人とも、3年2組( *´艸`)

          いってきま~す






この時期、どこに行ってもマムシグサの赤い実が目立ちますね。

マムシグサ

登り始めは小さな沢を何回か跨いで行きます。





サユミン 「もう半分くらい登った?」

ミキティ 「まだまだ!まだ五分の一くらい(#^^#)」

まだまだ・・・( *´艸`)







秋晴れの納古山はじわじわと暑くなり、上着を脱いで、また一枚脱いで。
イソップ童話の「北風と太陽」のように、暖かい陽射しに包まれた山登りは、久しぶりに逢う旧友の時の隔たりまでも脱がしてくれました。

岩場

あれ?
私いいこと言うね。





岩の上から見える、恵那山と七宗町の集落。

恵那山






途中で一度大きく下ります。
「えーーー!せっかく登ってきたのに下っちゃうのーーー?!山頂って下なんだね・・・」
「頂上っていうくらいだから、山頂は上です。また登りますよ。」
わけのわからない会話もまた楽し。





朽ちた木も、山並みが背景だとそれも美しく見えます。

枯木






11:09
納古山頂上

山頂 ノコリン

小休憩を何度かとりましたが1時間強の到着です。
最後尾で見守るミキティ。
山登り初めてのサユミンは駿馬のごとし。






御嶽の煙が二か所から上がっていました。

御嶽山






薄っすらと伊吹山が見えました。
納古山は10回くらいですが、伊吹山が見えたのは初めてです。

伊吹山






飛騨川と名古屋方面。

名古屋方面






トキトキの先の雪が解けて、黒く見える槍ヶ岳。

槍が岳

山頂でお会いした、市田さんに教えていただいたので間違いなし!






御嶽山、乗鞍岳、槍が岳

御嶽~穂高連峰



山頂では、市田さん(納古山に3000回くらい登っている方)に納古山に咲く花の写真や、北アルプスの写真を見せていただいたり、木陰のベンチでお昼ご飯。
3年2組の昼放課(昼休み)にタイムスリップしました ( *´艸`)
女子高生に戻り、1時間ほど楽しく過ごし、下山です。
中級コースの往復としました。




          岩場 下り

ミキティのスマホ写真、貸してくださいね。
絵心のあるミキティ、写真も上手(^_-)-☆





最高の秋晴れ。

光る秋色






下山途中で、ハプニング!
サユミンが大怪我です。
靴が。

靴が大怪我

一見新しそうに見えた(今日のために買ったかと思った)トレッキングシューズは、20年前に買って押し入れで熟成されていたものとのこと。
靴底がベロリンチョと剥がれてしまいました。
いつもザックに入れている、救急手当用のサージカルテープの出番です!





靴が治って元気になったサユミンは、水場で水遊び( *´艸`)
行も帰りも、サユミンは水を飲んでいました。
「これ飲めるの? 山の水って、美味しいわぁ~!」
ミキティ 「私飲んだことない・・・(笑)」


美味しいね!





そんなこんなでしたが、かしまし娘の下山は1時間。
下山後は、それぞれの家庭の主婦に戻ったとさ。






七宗町道の駅から実家まで1時間かかりませんが、日没が早いのでこの日はこのまま名古屋に帰りました。
途中、可児市川合にある喫茶・レストランに寄りました。

喫茶・レストラン 光

女子剣道部の先輩夫婦が経営するお店です。
もう20年以上のお店なのに、最近知りました(´・ω・`)
お逢いするのは、なんと30年ぶり。




山頂でたくさん食べてお腹は空いていなかったので、アイスカフェオレを頼みました。
御厚意で、びっくりぽんなおまけが付いてきました( *´艸`)

アイスカフェオレ

かきたまごスープ、トマトサラダ、バナナ、パン、ビスケットにおせんべい・・・
トマトサラダが美味しかったので、レシピを簡単に教えていただきました。




沢山のフクロウ(不苦労)の置物に囲まれたお店は、有機野菜や自然食材を取り入れたメニューが豊富で、
自然食品の販売もありました。

喫茶・レストラン 光






懐かしい人たちに逢えて、素敵な秋晴れの一日となりました。



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ