応夢山定光寺の紅葉 ~名古屋の奥座敷・瀬戸~

もう紅葉シーズンは終盤ですね。
23日の永保寺の帰りに、瀬戸の定光寺(じょうこうじ)にも寄りました。
定光寺は臨済宗妙心寺派の寺院で、本尊は延命地蔵願王菩薩(地蔵菩薩)。尾張徳川家の菩提寺です。
尾張徳川家藩祖である徳川義直公は家康の九男で、定光寺には当時のトップ義直公の墓所があります。

徳川と言えば、まるで悪役の内野家康の名演技、毎回楽しんでいます。
もうすぐ最終回、、、寂しくなるなー






11月23日

定光寺公園側(県道207号沿い)の参拝入口の紅葉。
まだ緑が残っていたので12月も楽しめそうです。

1_20161127111431865.jpg








2_20161127111433c0b.jpg








手水舎

3_20161127111433560.jpg









鐘楼の前の楓はとても濃い朱色でした。

DSCF3907_20161127105507a70.jpg








荘厳な佇まいの、国の重要文化財に指定されている本堂「無為殿」。
歴史の香り漂う境内では風格を感じ、凛とした空間に思わず身だしなみを整えます。

5.jpg








4_20161127111435c06.jpg









7.jpg









可愛いお地蔵さま。

8.jpg








境内西側にある高台の展望台では、一部茶色く色あせ始めていましたが、陽に当たる楓が綺麗でした。
期間限定で茶屋が開店されています。
みたらしだんご、五平餅にお汁粉、、、、誘惑がいっぱい(#^^#)

11.jpg








12.jpg








朱色、黄、黄緑、緑、、、たくさんの色が混ざってフレッシュな美しさでした。

a_20161127163927a0d.jpg








小高い丘の上からは、名古屋方面が一望できます。
お天気が良くて、鈴鹿山脈が綺麗に見渡せました。

10.jpg








さらに高層ビルが増殖中の名古屋の摩天楼と、右奥が御在所や鎌ヶ岳、、、
雪が降る前の12月初旬、また鎌ヶ岳に登りたいなーー

9.jpg








DSCF3904_20161127105506405.jpg





先週は、22日に福島で地震があったり、東京都心部に記録的な積雪がありました。
不安定な気象の影響で、体調を崩された方もいらっしゃるかも。

せっかくの日曜日は、冷たい雨の一日でした。
今週はいよいよ12月に突入です。
今月も早かったなー。



スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

~多治見の小京都~ 虎渓山永保寺の紅葉

虎渓山永保寺は、鎌倉時代(1313年)に夢窓国師によって開創された臨済宗南禅寺派の禅寺です。
池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)は、とても綺麗で心が落ち着く景観です。

紅葉の季節には毎年出かけています。
私は好きな場所には何回も行きたいし、好きな山には何回も登りたいのです。

今年も紅葉を楽しみに出かけましたが、ちょっと遅かったようで楓はずいぶん散っていました。
先週(11月第3週)あたりが見ごろだったと地元ボランティアの方が仰っていましたが、樹齢700年の大銀杏は日が当たると眩しいほどに黄色く輝いていました。



2016年11月23日(水曜日) 勤労感謝の日


DSCF3797.jpg








DSCF3799_20161124145534346.jpg









国宝 観音堂

DSCF3811.jpg







観音様のお顔が見えました。

DSCF3813.jpg








DSCF3815_201611241456136e3.jpg







池に架かる「夢際橋(むさいきょう)」は、煩悩にまみれた世界と煩悩から解放された世界を結ぶ橋です。
凛とした気持ちになれる橋。誰でも渡ることができます。

DSCF3820.jpg








DSCF3817.jpg








DSCF3809_201611241512330b0.jpg






          DSCF3823_20161124145752039.jpg

朝から冷たい風が吹く一日でした。
池面には小さな波ができていました。






樹齢700年の銀杏。
樹高約25m 幹周4.33m。
          
          DSCF3826_201611241457542cd.jpg







          DSCF3843_20161124145919bec.jpg








DSCF3807.jpg








楓と銀杏の共演。

DSCF3839_20161124145916e72.jpg







山茶花も咲いていました。

DSCF3852.jpg







DSCF3836_201611241459158b5.jpg







マトリョーシカみたいな、ダルマおみくじが可愛いです☆☆☆

DSCF3842_20161124145918d91.jpg







DSCF3858_201611241500303bc.jpg








立派な信長塀です。
熱田神宮で見た信長塀は本当に織田信長が寄贈したものですが、こちらのは新しく見えます。

DSCF3861_20161124150031c51.jpg







瓦を積み上げた姿が、整ったデザインに見えて綺麗です。
もみじとのコラボ、「和!」ですこと。

DSCF3868_20161124150032bc3.jpg








土岐川の畔。

DSCF3882_20161124150035ecb.jpg







DSCF3876.jpg







DSCF3887_20161124150128522.jpg








DSCF3895_201611241501331ab.jpg







DSCF3892_2016112415013191b.jpg







息をするのを忘れてしまうほど、本当に美しい風景です。

DSCF3890_20161124150130b4b.jpg







黒門

DSCF3833.jpg








「飛騨美濃紅葉三十三選の地」

          DSCF3832.jpg







虎渓山に佇む小京都、永保寺。

DSCF3896_20161124150134c2e.jpg







名古屋から1時間。
踏切手前の駐車場(無料)に車を停めて、踏切を横断して坂を下ります。
駐車場には、トイレと茶店があります。

永保寺の紅葉の後は、瀬戸の定光寺にも立ち寄り、紅葉見納めの一日となりました。







大駐車場に、「虎渓山マルシェ」の幟がありました。
『マルシェ』=フランス語で市場。
なんだろう。少しのぞいてみたら、手作り雑貨中心のフリーマーケットでした。

可愛い手作り小物がならんでいました。
ターゲットは主婦層ですね☆彡

DSCN5990.jpg







毛糸屋さん。

DSCN5989.jpg





昨日は都心部で歴史的な積雪があり、今日も冷たい朝でした。
紅葉の季節は束の間、来週はもう師走です。





テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

香嵐渓もみじまつり 【太子堂御開帳】

香嵐渓の紅葉のメインとなる飯盛山の散策路に、六角形の建物『太子堂』がひっそりと佇んでいます。
普段は閉められているのですが、まさに年に一度の御開帳の日でした。

『太子堂』は、昭和6年に地元宮大工の方々で建てられ、聖徳太子がお祀りされています。
足助町の聖徳太子信仰の起こりは不明のようですが、色づいた楓の中に佇む法隆寺夢殿を思わせるような建造物は、風情があっていいですね。

でも太子堂は、香嵐渓のもみじまつり観光マップには載っていません。
個人所有の建物なのでしょうかね。
聖徳太子信仰は定かではありませんが、山の斜面に溶け込んだ趣のある木造建物で、私は大いに興味がありました。







2016年11月20日 

DSCF3576.jpg








【太子堂】

DSCF3574_20161122092100e8d.jpg








DSCF3543.jpg








DSCF3538.jpg








DSCF3556.jpg








歩いていたら、おさがりのみかんをいただきました。
「ありがとうございます^^何度か来てもいつも閉まっていましたが、今日は開いていますね!」
「良かったら中に入って見とくれ。なかなか上がってもらんでなぁ。」
太子堂の中では、おじ様が般若心経を唱えておられました。

DSCF3552.jpg








えっ!?いいのぉ?
お言葉に甘えて、、、お邪魔いたします(#^^#)

DSCF3540.jpg








DSCF3560_2016112209175187c.jpg







中央の社の中には、小さな聖徳太子像。
聖徳太子と言えば、「憲法十七条」や「冠位十二階」「遣隋使の派遣」など私が小学生の頃の教科書に載っていましたが、平成の世の子供たちの教科書では「厩戸王(聖徳太子)」と、なんと聖徳太子はかっこ書きになっています。

「厩戸王(うまやとおう、574~622)」は飛鳥時代の政治家で、本名は「厩戸豊聡耳皇子(うまやとのとよとみみのみこ)」。
19歳で推古天皇の摂政となり、「憲法十七条の制定」など数々の偉業を成し遂げた功績により、後世「聖徳太子」として人々に称えられていますが、実はすべて彼が成し遂げたわけではないだとか、どうとか。
お札からも姿を消して永らく経ちますが、偉人であることは間違いなし!

DSCF3568_20161122091929594.jpg








天井は、梁がむき出しになっています。
扉は4面開放されていました。

DSCF3550.jpg








複雑に重ねられた梁。
宮大工をやられているおじ様が、六角形の屋根を造る難儀を話してくださいました。
法隆寺夢殿にちなんで造られたそうです。

DSCF3559_201611220917499f9.jpg







香嵐渓は、1970年(昭和45年)に愛知高原国定公園に指定されましたが、この太子堂が造られた昭和6年は三河の奥深い山にすぎなかったと思われます。
そこに宮大工の方々が夢殿を思わせる太子堂を造られ、今でこそ東海一の紅葉の名所に華を添えているようです。
太子堂を維持管理されているおじ様のお父様が昭和6年竣工の宮大工の一人とのことでした。
昭和6年の皆さんに、紅葉に囲まれ今も守られている太子堂の姿を見てもらいたいと思いました。
こんなに綺麗な紅葉の名所になったのですよ。

掲げられていた、太子堂の予定完成図。
この画をもとに、造られたそうです。

DSCF3562_20161122091924b7b.jpg








DSCF3563_20161122091926548.jpg








新築記念の写真。
おじ様のお父様も写っているのでしょうね!

DSCF3564_201611220919271c8.jpg








DSCF3569_20161122091930e0f.jpg








DSCF3570.jpg








DSCF3517.jpg








太子堂から、飯盛山頂上に続くもみじに囲まれた散策路。
春にはカタクリが群生する斜面です。

DSCF3542.jpg








DSCF3582_20161122092103d94.jpg








DSCF3571_2016112210431126a.jpg

短い秋が終わると、太子堂はまたひっそりと静寂に包まれます。







テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

紅葉真っ盛り!香嵐渓

愛知県豊田市足助町にある矢作川支流巴川の渓谷、香嵐渓。
アクセスが153号の片側一車線一本道なので、毎年渋滞が起こります。
「香嵐渓ね~、、、行きたいけど渋滞がひどいでしょ、、、」そんな声をよく耳にします。

さて、今年も香嵐渓に行こうらんけい!
渋滞を避けるべく、日の出前に自宅を出て香嵐渓には7時前に到着し、ライトアップは観ないでお昼過ぎには帰宅するスケジュールで、渋滞に巻き込まれず移動はスイスイでした。

朝、駐車場まで渋滞はありませんでしたが、153号の力石交差点を過ぎたころから交通量が思ったより多くて驚きました。
近くの宮町駐車場、支所前駐車場、観光センターの駐車場は多分まだ空きもありそうでしたが、道路沿いに手書きの『駐車場500円』の看板を見つけたので早々にそちらに停めました。巴橋まで徒歩5分くらいの喫茶『藤』。
「紅葉祭りの期間は、喫茶店閉めて駐車場にしたほうが儲かるもんでねぇ~!」と笑顔で話される御主人の飾らない印象も良かったです(^_-)-☆

そして、昼には混雑しそうな茶屋で朝食代わりの五平餅をいただき、日当たりの早い一の谷方面から散策し、巴川の谷間に日が昇るのに合わせて飯盛山斜面、待月橋近辺を歩きました。





2016年11月20日 (日曜日)

朝霧が立ち上る香嵐渓。
7時40分頃の景色です。
飯盛山の斜面にはまだ朝日が当たらなくて暗めですが、紅葉した山肌に朝霧が立つ光景は神秘的でした。

DSCF3312.jpg








一の谷付近は、朝日が早く当たります。

DSCF3322.jpg







昨夜の雨の雫かな。

DSCF3326_20161121155032c2d.jpg







一の谷の赤い吊り橋(香嵐橋)は、すごく揺れます。
渡り終わったところで、気分悪そうにしている人を時々見掛けるくらい揺れます。

DSCF3337.jpg






DSCF3338.jpg






DSCF3344.jpg







吊り橋のそばの、川見茶屋。

DSCF3350.jpg







お目当ての五平餅。
クルミと胡麻が少しだけ入っているお味噌が香ばしく焼けて美味しかったです。
茶屋の中の囲炉裏で暖まりながらいただきました。

DSCF3347.jpg







足助村には、鮎の塩焼きやお団子もありました。

DSCF3353.jpg








茶屋の裏の巴川。
とっても綺麗~~~

DSCF3355_20161121155215aaa.jpg







DSCF3363.jpg







半分になってもスーパームーン。
お月さまも、紅葉を堪能。
いい眺めだろうね~

DSCF3386_20161121155421648.jpg








DSCF3392_20161121155422fdb.jpg






一の谷の紅葉は、燃えるような真っ赤に色づいていました。

DSCF3394_20161121155424cbf.jpg






DSCF3396.jpg






DSCF3398.jpg







DSCF3404.jpg







もうすぐ朱色になる黄緑色も、とっても綺麗でした☆

DSCF3412_2016112115552394a.jpg






DSCF3418.jpg







DSCF3423.jpg







DSCF3438.jpg







紅葉のメイン飯盛山の中腹に、香積寺(こうじゃくじ)があります。
香嵐渓のもみじは、江戸の初期に香積寺の和尚が植えたのが始まりと言われています。

香積寺








DSCF3449.jpg









山門から巴川方面に振り返ったところです。
日曜日、さすがに人が途切れることはなく、、、

DSCF3457.jpg








DSCF3468.jpg







DSCF3472.jpg







DSCF3505.jpg







わんこを連れた人はたくさん見掛けましたが、珍しいコがお散歩していました。

DSCF3524.jpg








DSCF3529.jpg








太子堂
聖徳太子をお祀りし、法隆寺夢殿を模して造られた太子堂は、地元宮大工の方々によって造られました。
通常は閉められている太子堂ですが年に一度だけ御開帳の日があり、ちょうどこの日、扉が開けられていました。

なんと上に上がりこんでお話し聞くことができたので、またそちらは次に書きますね。

DSCF3371.jpg







もみじのトンネル。
香積寺までの参道は、背の高いもみじのトンネルのようになっています。

DSCF3375.jpg








DSCF3377.jpg








DSCF3593.jpg









10時を過ぎる頃には、人の賑わいも随分と多くなってきました。

DSCF3597_20161121155912439.jpg







DSCF3533.jpg







猿まわしがいて、チンドン屋が3組くらいいて、それはもう!!

DSCF3602.jpg








12時半頃、帰り際の巴橋から眺める、飯盛山。
奥に待月橋。

DSCF3365.jpg



12時半過ぎで帰っていく車も結構ありました。
反対車線は、ライトアップ目的の方々でしょうか。8km手前地点までの渋滞でした。

23日 勤労感謝の日も晴天の予報ですね。
今年は昨年よりずっと綺麗に紅葉していると、地元の方が言っていました。


さて、23日は多治見の永保寺の紅葉を見に行きたいなーと思います(^_-)-☆




テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

京都のお宿  ~ルブランペンション宇多野~

紅葉シーズン少し前の、京都に行きました。
お宿は、嵐山と金閣の中間地点の住宅地にある、お手軽なペンション!







ルブランペンション宇多野

ルブラン








ご夫婦二人で営まれている、家庭的なお宿です。
どことなく、下宿時代を思い出す(#^^#)

ルブラン








フロント
感じのいいオーナーご夫婦が、笑顔で迎えてくれました。

カウンター









談話室には、手作り小物が販売されていました。
気取ることなく、なかなか居心地のいい空間でした。

談話室









一階の廊下
廊下、お部屋、お手洗い、お風呂、、、隅々まで綺麗にお掃除されていて、おもてなしのまごころが感じられました。

一階


お風呂は男女一か所ずつ。
お部屋ごとに入ります。(下宿みたい^^)
2畳くらいの大きさのバスタブに、洗い場は二つ。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープあります。








階段のお花。
可愛いね。

お花








ルブラン








朝食。
夕食付きプランは完売だったので、一泊朝食付きプラン。
焼きたてパンがほかほかで、サラダに添えられたふんわりスフレみたいな卵焼きは参考になりました!
帰ったら作ってみよっと。丸みがあったから炊飯器で作れそう!

ジュースと牛乳は、「おかわりいかがですか」とピッチャー片手に奥様がまわってみえました。
パンもおかわりできました(^_-)-☆

満足でごきげんな朝食でした。
おいしかった~~~☆☆☆

モーニング

夕食は御主人のフランス料理。
食べたかったなー。








駐車場は宿の裏にあります。
事前に申し出が必要です。一日500円。
車だけ早めのチェックイン。

観光地では駐車料金がびっくりするくらい高いので、こちらの駐車場は大変助かりました。
代表的な観光地近くの駐車場は、平日なら上限1200円くらいですが、土日は上限なしで20分300円とかで。
帰るときには一か所で3000円近くの請求ですもん、、、(T T)
作戦が甘かった、、、

駐車場








ツイン部屋にエキストラベットで三人宿泊して、朝食付き一人7500円(税込)
(夕食が付いても10000円くらい)
お値段以上のおもてなしでした☆☆☆
私はエキストラベットでしたが、普通のシングルベットと変わりなくふかふかで、朝までぐっすり☆彡

廊下は床が薄くてペタペタ言うし、扉も壁も薄いけど、悪くない。
初めての場所なのに、どことなく懐かしい雰囲気のお宿でした。

名刺

京都府京都市右京区鳴滝本町110-5
075-463-1118


【部屋タイプ】

洋室(禁煙・無線LAN対応)※バスなしトイレなし   (トイレと洗面所は各階廊下にありました)

・ツインルームにエキストラを入れたシンプルなお部屋
・全室羽毛布団、6畳の広さ
・タオル、バスタオル、歯ブラシ、ドライヤー、湯沸かしポット(Te-fal.でした)完備  (ほうじ茶のティーパックありました)       
・高速無線LAN対応
・館内のお風呂はお越しになった時点で時間指定いただき
 交代でプライベートで御利用いただきます。



次回は是非、夕食付で泊まりたい!






おまけ
京都観光、少しだけ↓



続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ