浜石岳 ~富士山が展望できる山~

浜石岳(はまいしだけ)は、静岡市清水区北東部に位置する標高707 mの山で富士山の南南西約32 kmです。
山頂部に円礫(えんれき)【川原の玉石のような丸い石(浜石)】があるのが山名の由来です。

山頂は『360度の大パノラマで雄大な富士の眺めはまさに東海随一。遥か遠くにはアルプスの山々、眼前には青々とした駿河湾、伊豆半島や三保半島が一望できる。』
お天気が良かった3月19日、久しぶりの山歩きは富士山を眺める山です。
うれし~な~!
浜石岳は東海自然歩道が通り、麓の由比駅(JR東海)からハイキングコースが整っています。また、山頂近くの野外センターまで車で登ることができ、わずか20分程度で登頂できるコースもあります。
景色の満喫とともに登った達成感も欲しいので、薩埵峠(さった峠)から片道約10kmのハイキングコースで山頂を目指しました。



2017年3月19日(日曜日) 大安 晴れ

自宅出発5時。
新東名高速道路で清水ICに向かいます。三好IC→浜松いなさJC(6:00)→静岡SA(6:45)で休憩15分。朝食を摂ろうと思ったのですがタリーズコーヒーは開店前だったし、薩た峠の駐車場はあまり広くないので朝食は駐車場に着くまでおあずけ。
清水IC(7:20) 三保方面に向かいます。
清水の町は思ったより長閑で、朝食用に立ち寄りたかったコンビニがなくて探しました。
やがて見慣れた看板を見つけてほっと一安心。
ホットコーヒーとパンを買い足し、峠の駐車場に到着末広がりの8時8分。
自宅から約200km、早朝からダナン大儀であった 。






6:45
新東名 静岡SA。
こじんまりしたSAで、中のコンビニはデイリーヤマザキ。
ここで朝食調達したら麓で探さなくて済んだのにね。
フードコートやコーヒーショップは開店前でした。

DSCF7227_2017032605392873e.jpg









そして清水の街中をうろついて探したおなじみのコンビニ。
浜石岳は、奥に見える鉄塔があるお山辺りかと。

DSCF7229_201703260539297c6.jpg









東海道五十三次の39番目の一里塚、由比 (静岡県静岡市清水区由比)
薩埵(さった)峠を目前にした由比宿には、旅籠が32軒もあり賑わったそうです。
一里塚の近くに薩埵峠への登り口があります。由比駅から歩いて登るのも楽しそうですね。いよいよ峠越え!

DSCF7335_20170326055232979.jpg

薩た峠は、南北朝時代(足利尊氏の軍勢と足利直義の軍勢)と戦国時代(、武田信玄の軍勢と今川氏真・北条氏政の軍勢)に戦がありました。
私の住む尾張も戦国時代は大舞台となった場所ですが、由比も歴史の大河が流れる町ですね。
いつか、時間をかけてゆっくり散策したいと思いました。









由比駅から薩た峠までは案内が丁寧で、看板を多く見かけました。

DSCF7230_20170326053930ac1.jpg








8:08 薩埵峠(さった峠)到着
薩埵峠からも富士山の景色が抜群なんです!

薩た峠









駿河湾の上に、富士山が、、、
霞んで見えませーん!!

DSCF7231_2017032605393169a.jpg

ま、まだ朝早いからね。
きっとお昼頃にはすっきりしてくるよね。









現在地『薩埵峠』から、立花池経由の登山道で、浜石岳頂上を目指します。
待っててね☆富士さん!

この地図からもわかりますが、山頂直下に駐車場があります。

DSCF7233_20170326053933f70.jpg









直下には東名高速道路、駿河湾と遠くに霞んで見える、伊豆半島。
海はいいなぁ~~。

DSCF7236.jpg








峠から農道を歩くと、間もなく出てきた看板。
浜石岳まで9.9km 298分!?片道5時間!?そんなにかかるの??
本日は日帰りですがな。

DSCF7237_20170326053937a6d.jpg









みかん畑の中の農道を歩きます。
鈴なりに成ったみかんの上を、ヒヨドリが群れになって飛んでいきました。

DSCF7238.jpg









振り返って見る、薩た峠の駐車場。
10台くらい駐車でき、公衆トイレがあります。

DSCF7239.jpg









何度も振り返って。
だんだん遠くなる海。

DSCF7240_20170326054324d8e.jpg









農道脇に、登山口の看板がありました。

DSCF7241_20170326054325834.jpg








廃墟となった小屋と、みかん畑の中にモノレールが通っていました。

DSCF7242_201703260543277b0.jpg









またまた車道を横切ります。この道路は山頂付近まで続いています。
眼下には由比の町が見えました。
まだ霞は晴れていませんね。

DSCF7244_20170326054328ef4.jpg








車道を横切ると、登山道は竹林に続きました。
多くの竹が太く成長していました。
竹林の中にもモノレールが続いていましたが、今は使われていないようでした。

DSCF7245_20170326054330dee.jpg









竹林を抜けると、杉林。

DSCF7246.jpg









あと6kmの看板から、檜林。

DSCF7249_2017032605441946b.jpg









木製の橋がかかっているところは、黒い土がむき出しになっていました。

DSCF7252_201703260544223a7.jpg

浜石岳の山域は新第三紀鮮新世の浜石岳層群からなり、上部は砂岩、礫岩などで、下部は火山砕屑岩、泥岩などからなります。
東海では見かけないこの黒い土の風景は、富士山の影響なのかな。









整備された登山道です。
この辺りから視界が開けてきました。

DSCF7254_20170326054545570.jpg








DSCF7255_2017032605454783f.jpg








明瞭な看板で、迷うことはありません。

DSCF7256.jpg








巨大アンテナの下を通ります。
朝、麓のコンビニから見えたアンテナかな~

DSCF7257_20170326054549ea2.jpg








辺りが開けて、間もなく山頂っぽくなってきました。
朽ちた木はどこでも絵になりますね。

DSCF7259_201703260545512ff.jpg








山頂の広い草原の始まりには、梅が満開に咲いていました。

DSCF7263_20170326054554d54.jpg








そして、どどーーんと!
富士さん!!

DSCF7297_20170326055033498.jpg








ジャジャーン!
富士山でーす!
霞んじゃっていまーす!

IMG_0073.jpg








11:11 
浜石岳頂上 標高707m 薩埵峠(さった峠)から約3時間。
富士山、薄い!
霞んで薄い!

DSCF7271.jpg









二等三角点は埋もれていました。

DSCF7269_2017032605455716c.jpg








もう少しくっきりしてくるかもね。
今朝、静岡SAで買った『こっこ』食べて待とう。

DSCF7273_2017032605502919e.jpg




つづく。

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

「三つ扇」の寺紋  白華山 慈雲寺(はっかさん じうんじ)

昨日、東京では桜の開花宣言がありました。
一歩一歩春本番に近づいて行きますね。


慈雲寺(じうんじ)は臨済宗妙心寺派、ご本尊は千手千眼観音。
知多四国八十八ヵ所巡礼 第七十二番のお寺で、江戸時代の尾張名所図絵にも紹介されている名刹です。

知多岡田の古い街並みを歩き、『太郎坊』の交差点に出ると『慈雲寺』があります。
このお寺がある知多岡田は、江戸時代から昭和にかけて知多木綿の産地として栄え、郵便局や土蔵など当時の建物が沢山残っています。






太郎坊の交差点から見たところ。

DSCF6788_20170304152826fc9.jpg












石段を上がり山門をくぐります。

DSCF6777_20170305114045d5a.jpg









梅の花も満開でした。

DSCF6779_20170305114048b29.jpg









山門正面に、観音堂

DSCF6776_20170305114044e66.jpg








DSCF6783_20170305114054e4a.jpg









慈雲寺は1350年創建されましたが、1655年に火災ですべてが燃えてしまい多くの宝物や文化財をなくしました。
唯一焼失をまぬがれた観音堂は室町時代の代表的建築物と言われています。

これは大変価値の高い文字だと伺ったのですが、なんて読むのか忘れました。

DSCF6778_201703051140478df.jpg

と、書いていましたが、
先日、ブログを見て慈雲寺に問い合わせてくださった方から「~慈雲寺を逆から書いて有る」とのメッセージをいただきました。
ありがとうございました。








本堂は新しい感じ。

DSCF6780_20170305114049370.jpg








鬼瓦

DSCF6782_20170305114052140.jpg








「三つ扇」の寺紋。
1655年の大規模火災の後、1660年に寺尾土佐守直龍が虎渓元長和尚を住職として寺を再建したことにより、寺尾家の家紋となっています。

DSCF6784_201703041528238bb.jpg

案内してくれた地元ガイドさんは、「気象予報士の寺尾さんはこの寺尾土佐守の末裔ではないか、、、」なんて仰っていたけど、違うと思う。
気象情報の寺尾さんはいつも感じが良くて、寺尾さんの気象情報は信用しています。
今夜は、「空気が乾燥しているので火の取り扱いには気を付けましょう」と教えてくれました。

寺尾さん、「三つ扇」の家紋も似合いそう。









間もなく、慈雲寺にも桜が咲きますね。

DSCF6774.jpg

桜が咲く知多岡田の町並みも、風情があって素敵でしょうね。








おまけの花遊び ↓

続きを読む

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

あんずの花

春分の日。
太陽が黄経0度の春分点を通過する日で、真東から昇り、真西に沈み、昼夜の時間がほぼ等しい日です。
ぽかぽか暖かい休日、お布団を干すにはちょうど良いけど、花粉症大臣の様子からまだしばらくは見送った方が良さそうです。

ブルーベリーを植えた畑では、杏子(あんず)の花が咲いています。
四方八方よそ様のお宅に囲まれた場所なので杏子も受難の年がありましたが、数少なくなった枝に可愛いお花が咲きました。


DSCF7411.jpg


あんずはバラ科で桜や梅の仲間です。
似たような花ですが、咲く順番は ウメ→アンズ→サクラですね。








薄いピンクが可愛いねぇ。
ガクの色も素敵。

DSCF7418_20170320103312585.jpg









ころころした蕾の姿も可愛い~~。

DSCF7420_201703201033137df.jpg








で、ブルーベリーの蕾。

DSCF7422.jpg








あんずの足元のオオイヌノフグリ。

DSCF7425_20170320103316aa4.jpg









ヒメオドリコソウ

DSCF7429.jpg

数年前に有川浩さんの『植物図鑑』を読んでから、雑草とひとくくりにされる草花が愛おしく感じるようになりました。
でも、これから秋まで雑草との戦いが始まります。(相当大げさ!?)
有川浩さんの『旅猫リポート』も読み終わりました。
こちらも何度も読みたい一冊になりました。








白梅

DSCF7431_20170320103319a72.jpg









ボケ

DSCF7432_2017032010332198a.jpg








スイセン

DSCF7434.jpg









ひやすんす

DSCF7435_20170320103324cec.jpg









ツバキ

DSCF7437_20170320103325f5e.jpg









クリスマスローズはこんなに大きな株になりました。
もうシベが散り始め、種ができかけている花もあります。

DSCF7438_20170320103327b59.jpg









DSCF7441_201703201033289fe.jpg









白いクリスマスローズには種ができています。
草花たちも次の季節に少しずつバトンタッチ。

DSCF7459_20170320110230d65.jpg










そして沈丁花が咲き始めました。

DSCF7446.jpg









花桃の蕾がふくらみました。

DSCF7402_20170320103308c56.jpg








あーぁ、、、暖かくなると
ボクたちのミカンは、もう終わりだね。

DSCF7403_20170320103309d5e.jpg



昨日は、富士山がどどーーんと見える静岡県のお山に行きました。
ようやく、今年になって初めての山歩きができました。



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

ぐっさん!緑区Jeep旅!の紅茶専門店  『紅茶館 Rosie tea house』

日中はぽかぽか暖かく、春を感じる一日でした。
今日は彼岸入り、寒さや冷たさを感じる日はあと少しです。
夕方、むすこと入学用スーツを受け取りに行きました。
はじめての革靴も買って、ノリノリの若い店員さんに「かっこいいスーツにかっこいい靴!入学式からモテモテだなっ!」
なんておだてられて、戦略通りシューキーパーも買ってしまいました・・・






まだ寒かった冬、こたつでぬくぬく見たテレビ番組。
ぐっさん家 『ぐっさん!緑区Jeep旅!』の回(1月21日放送)で、ぐっさんがちょっと一休みと立ち寄った紅茶専門店がずーーっと気になっていました。
その日の気分や体調に合う紅茶を選ぶことができるのだとか。
興味津々です。

忙しくてなかなか行けなかったのですが、3月初め卒業式の足でオトモダチと行ってみました。
こどもの卒業、母たちも頑張ったよねぇ。
紅茶で一息つきましょうよ。






紅茶館 Rosie tea house

ムレスナティーの専門店であります。
ムレスナティーとは、ムレスナ(MlesnA)社が提供する紅茶です。
紅茶大国スリランカの最高品質の茶葉、それも香りの豊かさを追求して若芽に限りなく近い部分のみを厳選した、この上ない贅沢な紅茶だそう。
新茶の玉露みたいな位置?
Rosieでは、300種を超えるフレーバーの中から常時50種程の紅茶が用意されているそうです。

そしてなんと、リトルマーメイドのアリエル役の松元恵美さん(劇団四季)も来店されたようです。
アリエルはどんな紅茶を飲んだのかなぁ~。
アリエルは名古屋市緑区の御出身です。


DSCF6924.jpg








DSCF6921.jpg








可愛い紅茶の箱が芸術的に積み上げられています。

DSCF6917.jpg








DSCF6919.jpg








あんなに高いところからお湯を注ぐのね。

DSCF6907.jpg








もちろん紅茶だけ頼んでもいいのだけど、お昼時だったのでランチメニューにしました。
ランチはサンドイッチかカレー。
パンケーキやホットケーキもあります。
美味しそうなカレーと、フリードリンク紅茶のセットにしました。

DSCF6910.jpg

フルーティーな甘口だけど、スパイスが効いてヒーヒーする、奥行きのある美味しいカレーでした。









フリードリンク紅茶は、色々なフレーバーの紅茶をティーカップに半量づつくらい何度も何度も注ぎに来てくれます。

DSCF6905.jpg

この日の紅茶は、
・キラキラ瞳のラズベリー
・レモンアールグレイ
・薔薇と桃
・アンズ、ジャスミン、ヨーグルト、トロピカルフルーツティー
・ミルキー桃ブレンドキャラメルオレンジの香
・完熟りんご
・アプリコットロマンス アンズ、キャラメル、ブルーベリーティー

何杯飲んでもいいのだけど、7杯でおなかチャプンチャプン!









紅茶は、美容と健康にいいのです!
代謝促進、アンチエイジング、風邪予防、虫歯予防、ストレス解消。

DSCF6913.jpg









広い店内には4~6人架けのゆったりしたソファーがいくつかあり、時間制限のないフリー紅茶でまったりゆったりしたら気持ちいいだろう~な~
時間の流れを忘れそう。

DSCF6904.jpg









デザートのカタリーナ
カチコチに凍ったプリンみたい。

DSCF6916.jpg









ぐっさんが飲んだお茶は、フレーバーティ『京都四条の香り』
バラ、ジャスミン、アールグレイ、ラズベリーの4種類をブレンドした香りで京都の舞子さんをイメージした香りです。

DSCF6903.jpg

でも、紅茶が似合う男性って、、、あまりお見かけいたしません・・・







DSCF6926.jpg


Rosie tea house(ロージーティーハウス)本店  
愛知県名古屋市緑区鳴海町字母呂後9-2




Rosie tea house (ロージーティーハウス)さなげ店
豊田市 四郷町 山畑138-21
猿投山登山口がある猿投神社と豊田スタジアムの中間辺りです








テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

名古屋シティマラソン2017 ハーフ走りました!

名古屋シティマラソンはウィメンズマラソン(フルマラソン)と同時開催で、ハーフマラソン21.0975kmは、ナゴヤドームをスタートしてゴールの白川公園まで市街地を走り抜けます。
配布された名簿で大雑把に数えたらハーフマラソンは約8割が男性、女性は約2割。
ウィメンズマラソンの同時開催が始まったのは、東日本大震災の翌年からです。
ウィメンズもシティマラソンも、肩に『頑張ろう!日本!』のワッペンを貼って走ります。





当日朝の地下鉄改札は混雑のピークで、押し込まれたつまようじみたいになって動けませんでした。

1_20170313074104c21.jpg








晴天のナゴヤドーム。
本日最高気温は13℃の予報。少し暑くなるね。
結局、3月13日の最高気温は15.2℃まで上昇しました。

2_2017031307410506e.jpg








名古屋ドーム内の客席の一部が女性用更衣室になっていて、暖かいのでそこでおにぎり食べて荷物の整理。
配布された手荷物用のビニール袋(お米10kgサイズ)にエナメルバック(娘が小学生の時に使っていた)と、上着を詰め込んで完成。
手荷物預けてからスタートブロックの整列まで1時間以上あるから、ここでしばし時間つぶしです。
手荷物は、ゴールの白川公園までまとめて運んでいただけて至れり尽くせりです。
荷物預けとか受け取りとかでは、並ぶこともなくスムーズでした。

3_20170313074107902.jpg








コスプレランナーがたくさんいました。
整列までの時間は写真を撮りあったり、コスプレランナー冷やかしたり(#^^#)

6.jpg








名古屋城のてっぺんから降りてきた?
「写真撮らせてね!」って言うと、応じてくれました。
その後も色々ランナーに囲まれて、あはは!きみ人気者だよ。

4_20170313074108328.jpg








白鳥も飛来。
でも下半身はNG・・・

5_20170313074110d5f.jpg








ウィメンズのスタートが9時10分。
その後シティマラソンの人たちが整列し、スクリーンに映し出されるナイキのおねえさんと一緒にウォーミングアップ。
オトナたち、みんなそろって結構真剣です。マラソン中のケガの予防は自分次第。

7_20170313074113735.jpg








進行は、ZIP-FMのケン・マスイ氏。
聞きなれた声に、安堵感。

8_201703130741143d3.jpg








河村しちょ~さんのご挨拶。
「さっきはおんなのひとばっかりやったけんど、こんどはおとっつあんばっかりやなーー」と、いつもの調子で、、、
時折よくわからないジャパニーズいんぐりっしゅも折り込んでお話ししていました。
「さんきゅー、ごー、みんな頑張ってちょーよ!」

9_201703130741168aa.jpg








矢野きよ実さんは、赤い手袋「119」の話。
昨年の大会中、AEDを必要としたランナーが一人いて、他のランナーや救護班の方々で蘇生されて命は助かったのだけど、119通報が遅れたとのこと。
まず率先して119通報をすることを啓発する、手のひらに119と描かれた赤い手袋を配布したというお話でした。
マイクを持つ手も赤い手袋。

翌日3月13日の朝刊に、ウィメンズ、シティマラソン合わせて3名のランナーがAEDで蘇生され救急搬送された記事が載っていました。素早い対応でみなさん御無事で良かったです。

10_2017031307411706e.jpg








ドアラたちも応援。

11_20170313074119c5e.jpg









スタートはまだ。
ぞろぞろと少し前に進みました。
ハーフランナー10000人、クォーターランナー5000人集結。

12_20170313074135da0.jpg








10時20分 スタートしたみたいだけど、すぐには動かず。

13_20170313074137454.jpg








調子のいいお二人。

14.jpg








Uターンしてきた、ウィメンズのランナーたち。

15.jpg









瑞穂運動場西交差点付近で、クォーターとの分岐点。

16.jpg









給水ボランティアの皆さん。
赤い紙コップにはスポーツドリンク、無地の紙コップは水です。

給水ゾーンを走り抜けると、靴裏がネチネチしました。

17.jpg









街灯がカモメみたい。
走っているときは必至で気にも留めなかったけど、客観的に眺めてもやはり男性率が高いですね~

18.jpg









ショッカーが「ヒィーッ!」とご挨拶。
ショッカーとウォーリーを、何組かちらほら見掛けました。

19.jpg









最後尾収容のバス。
私のマラソン目標は、このバスに乗せられることなく時間内に完走すること。

20.jpg









作業車と沿道の後片付けをしてくださるボランティアさんたち。
ボランティアさんは約10000人だそうです。

21.jpg








あと5km!
蟹、カニ、カニが食べたい!

22.jpg







あ!
このランナーさん昨年も見ました。
関の富有柿さん。

23.jpg








クレヨンで描いたような飛行機雲の下、日陰が気持ち良かったです。

24.jpg









沿道応援の和太鼓チームと、ピカチュウ。

25.jpg








フル(ウィメンズ)とハーフの分岐点。

26.jpg









いよいよゴール!

27.jpg







フィニッシュ!!

28.jpg

フルの人たちは中間点。ガンバッテ~
フルスタートからは、3時間16分。








ゴールしたら、ゼッケンに貼ってある計測用のチップを返却します。
来月あたり、タイムを記入した完走証が郵送されてきます。

マラソン終えて帰宅後、着ていた服は全部洗濯したのですがゼッケンを外すのを忘れて洗ってしまいました。
洗い終わって洗濯機から出しても、ゼッケンは少しも破れていない優れものでした。

29.jpg







斧を手にした原始人さんは、なんと素足!!
「ハーフだから素足でもなんてことはない」とのことでした。

32.jpg








ふらふらしながら、ぞろぞろ白川公園へ。
ここでも、ボランティアのガールスカウトの小学生からバナナ、アクエリアス、粉末プロテイン飲料、いろはす(水)、塩飴の給食を受け取ります。
「おつかれさまでした!」と可愛い声で労われてほっとしました。
普段はできないこと、歩きながらバナナを食べる!

33.jpg







ふらふらよたよたしながら、流れに沿って白川ブリッジを渡り、運んでいただいた荷物を受け取ります。

30.jpg

小さなテントの更衣室で着替え。
昨年は30分くらい並んで着替えたけど、今回はすんなり入れました。








そして帰りに食べた、練乳イチゴパフェ!!
今日のご褒美です。

31.jpg








今年の参加Tシャツは、青でした。
2016年は黄色。
デザインは同じだね。

34.jpg







綺麗な青の参加Tシャツを着て走りました。

36.jpg

目標通り、時間内の約2時間06分で完走できました。
でめたし、でめたし。






テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール
テッキーの山歩きの続編です。名古屋からの日帰り山歩きと季節のお花・・・時々日常のひとこま。

tekky2

Author:tekky2

応援クリックうれしいです↓    ( *´艸`)
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
楽天でお買い物
この苗が育ったら植樹できます~
まとめ